草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 24日

ネットカフェ難民を体験(2)

b0061413_0155662.jpg 昔、そうですね12年ぐらい前でしょうか、サウナに入ってからマッサージを受け、出ようとした時にふと「ここには雑誌もけっこうあるし、大型テレビもあるし、ずっとここで過ごしてみるのもいいか」 と思って夜になり、「ここで夕食も食べられるし、生ビールも飲んで、明日は久しぶりに休みだし、泊っていってみっか」 という感じでサウナや風呂を3セットはくり返し、夜中もいろんな雑誌を読みふけリクライニングの椅子で熟睡し、朝になって朝風呂と朝サウナを楽しんで朝食を食べ、「どうせ独身で(当時)待っている人もいないし、休日の今日もずっとここで過ごしてみっか」 というようなことまで考えた時に、午前10時~11時は清掃などのメインテナンスのために午前10時になったら全員がチェックアウトしなければならないシステムのところだったために、マーヒーの最長サウナ施設滞在記録は20時間あたりでストップしました。そのシステムがなかったら倍の40時間ぐらい滞在していたかもしれないし、12年後の今もまだサウナ施設をチェックアウトせずにそこで暮らしていたかもしれません。なんせ生活に必要なものはぜんぶそろっていて、入浴・洗面などは普段の暮らしよりも格段に豪華です。 そういうノリで、今回のインターネットカフェ一泊体験というのは、そうせざるを得ないようなホンモノの方々には失礼かもしれませんが、けっこう楽しみにしていました。 しかし、この写真のスペースで実際に一夜を過ごしてみて、「18才とか19才の若者もけっこういるとして、この場所で成長している者もいるのだろうなぁ」と感じました。昔、10代の頃から活躍したテニスのサバティーニ選手が、「テニスの世界ツアー転戦のために飛行機ばっかり乗っていて、私は飛行機のなかで成長しているのよ」 というようなことをインタビューで言っていた記憶がありますが、そんなことを連想しちゃいましたね。

マーヒー加藤



(2007年8月28日の追記)

2007年の8月28日のNHKの夜のニュースを
ラジオで聞いていたら、厚生労働省の調査で、
全国の定住する住居を持たないネットカフェ難民の数は、
約5400人らしい。

この数が増えるのか減るのか?
[PR]

by kaneniwa | 2007-08-24 23:38 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      ネットカフェ難民を体験 (1) >>