2007年 10月 20日

日本のプロ野球のプレーオフのシステムに提言する

根來 泰周(ねごろ やすちか)現日本プロ野球コミッショナー(第11代)は、
浄土真宗の寺院(本派本願寺派)の住職でもあり、まずないとは思うが、
このブログを読むということもあるかもしれない。

そこで、日本シリーズの出場権をかけたプレーオフのシステムについて
アイディアがあるのでここに提言をしてみたい。
こういう提言はコミッショナー事務局に要望書のようなものを書いて
郵送した方がいいのかもしれないが、要領がよくわからないので
まずはマイ・ブログに書いてみることにした。

興味のある方は、読んでみてください。



パリーグは、順当にというか、パリーグのリーグ優勝チームである
北海道日本ハムファイターズがCS(チャレンジシリーズ)も制して
日本シリーズの出場権を得た。

今年のパリーグは上位3チームは混戦だったので
リーグの順位が3位だったソフトバンクも73勝5分66敗と、
なかなかの成績だったが、それでも、もしも3位のチームが日本シリーズに
出場していたとしたら腑に落ちないところだっただろう。

今年3位だった阪神のファンとしても、まあ中日にまったく歯が立たずに
あっさり負けたが、これが8連敗中の阪神の勢いではなく、たまたま
10連勝中の勢いで勝ち進んで日本シリーズまで制してしまっても、
果たしてバカ騒ぎできるか?まぁバカ騒ぎはしなくてもいいけれども、
心の底からじんわりと嬉しいかどうか?
という疑問が残る。

なんせ、3位チームどころか2位チームでも、今のシステムでは
シーズン中の勝率が5割以下でも日本シリーズを制してしまう可能性があるのだ。

メジャーリーグ(MLB)の場合は、アメリカンリーグとナショナルリーグが
東西中部の地区ごとに分かれ、球団数も多いのでワイルド・カードという
各地区の2位チームのなかでもっとも勝率が高かったチームが選ばれての
プレーオフとなるので、これは卓上の計算でも勝率5割以下のチームが
出てくることはまずあり得ないといってもいいだろう。
(交流戦もあるしね)

それに比べると、日本のプロ野球は、確かにCS(クライマックスシリーズ)
が始まった今頃になってようやく盛り上がりを見せてきたが、
その納得度がもうひとつなのだ。

つまり、ひと言で

今年のシステムで
阪神が日本シリーズを制していたとしても、
阪神ファンでも嬉しくない


ということに尽きる。

では、いい代案があるか?

これを書いている時点では、
今年から導入されたCS(クライマックスシリーズ)で
3勝を先にあげた方が勝ちの巨人が2連敗している。

中日の荒木・井端の二遊間は日本一だと思っているし、
日本ハムVS中日という組み合わせの日本シリーズも
おもしろいとは思うが、やはりセ・リーグの優勝は巨人だったので、
前記の「納得度」という点では疑問が残る。

では、プロ野球ファンの大多数が納得できうる形でのプレーオフは
可能か?

マーヒー案の骨子はこうである。

リーグ優勝を決めたチームの対戦成績をみて、
その優勝したチームからもっとも勝ち星をあげた
チームが日本シリーズと同じく4勝先取のルールで
日本シリーズ出場権をかけた試合を行なう。


このシステムであれば、それこそ卓上の計算では最下位のチームにも
日本シリーズを制するチャンスが生まれることになってしまうが、
おもしろいことにリーグ優勝したチームも必ず対抗した5チーム全部に
勝ち越すという完全優勝をなしとげることもあるが、「苦手チーム」のような
ものをもつ場合が多く、リーグ優勝をしたのにある特定チームには負け越した
ということも多い。

そのような場合に、優勝したチームはそのチームとプレーオフをすることに
より、シーズン中の「リベンジ」と優勝チームとしてのプライドを賭けて戦うという
光景が見ることができる。

もちろん、短期決戦なので優勝チームと戦ったチームが勝っちゃう場合もあるが、
その場合は「ほらみろ、リーグ優勝はできなかったが、シーズン中もあそことは
いい試合ができた。4勝先取なら俺たちの方が強かったというわけだ。
俺たちの方が日本シリーズを制する資格があるんだよ」という立場に立てるのだ。
それをくぐり抜けたチーム同士が日本シリーズで激突するわけだし、
何といってもシーズン中を通して、首位に立っているチームに対して全チームが
「燃える」という構図が実現できると思う。

こっちの方が、納得度としてはあると思うなぁ。
シーズン中でも「苦手チーム」にエースのピッチャーを温存して、
弱いチームにとりこぼさないようにローテーションをずらすというような
ズルイ戦略も阻止できる。
これは引き分けも含んだ「勝率」というものでリーグ優勝が決まるので
露骨にそういう戦略をとることもあるのだ。

ただし、これを実現するなら
「優勝チームが決まった時点で消化試合は行なわず、各タイトルも
その時点で決まる」
という英断と、
「ドーム球場が本拠地の球団は日程消化が早くなりすぎちゃう」
という問題を何とかしないといけない。
まあ後者の方はシステムが変わらなくても現時点の問題なのだが・・・

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-10-20 01:05 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      イメージ・シェフでコラム 次のお題  >>