2007年 12月 17日

歴代の「今年の漢字」はその年を思い出させてくれるか?(3)

10年前というとついこの前のことのようだが、
異国から10年ぶりに日本に帰ってきたような人から見れば、
「えっ、新幹線がこだま号型タイプが少なくなって未来化している!」
「えっ、セダンタイプの普通の車を全然見かけない!」
「えっ、東京だけじゃなくて名古屋にも大阪にもドーム球場ができている!」
「えっ、携帯電話がこんなに普及している!」
(93年頃まで、携帯電話の基本料金が月15000円の時代がありました)
ということになる。

ややこしい話だが、この10年前に10年ぶりに外国から帰国した友人は
「えっ、チャゲ&アスカがスーパースターになっている!」
ということにいちばんビックリしていた。

この年、マーヒーとシャラポア(日本人)はハネムーン・ベイビーを
さずかったために「できちゃった婚」だといまだに勘違いをしている人も
数人いるのでわざわざ書かねばならないが、
結婚をしたその前年のこの97年に婚約をしている。

この97年を表わす「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会選)は



だった。大型企業、大型証券会社、金融機関の倒産が相次いだのがいちばんの
理由だったように思う。

その他、アジアの強豪を「倒」してワールドカップ(フランス大会)への出場を決めた、
あのジョホールバルの歓喜といわれる試合もあった。
あの試合、確かにジャージ姿でピッチに走りこんでいった
岡田監督(最近また代表監督に復帰した)の後ろ姿は、
ちょっと食い逃げ(イート・エンド・ラン)の光景には似ていたが
感動的で忘れがたい。

個人的にものすごく忙しい一年だった。
「倒」というような字が選ばれるような世相の一年だったが
婚約した年ということもあって悪い印象が少ない、充実の一年だった。
「倒」といえばシャラポア(日本人)を押し倒してしまった年ということで
思い出に残る。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-12-17 00:14 | 草評


<< 歴代の「今年の漢字」はその年を...      歴代の「今年の漢字」はその年を... >>