草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 19日

歴代の「今年の漢字」はその年を思い出させてくれるか?(6)

2000年の「今年の漢字」は



だった。
これはきんさんぎんのきん(成田きん)さんのご逝去や、
金大中と金正日の南北首脳会談があったということもあるが、
何といってもシドニー五輪での五つの金目鯛金メダルの
存在が大きく、お金に関する諸問題の影響もあるが、
それまでの漢字が 震、食(中毒)、倒、毒、末という流れだったので
どちらかといえば初めていい字が選ばれたという感が強い。

シドニーの金メダルのうち、男子の野村選手などはいつも田村(谷)選手と
ほぼ同じ時間帯に試合をしているので、スゴイ選手なのに扱いが地味で
可哀想なのだが、やはり5個の金メダルのなかでも印象に残るのは
柔道の田村(谷)亮子選手と女子マラソンの高橋尚子選手だ。

私ごとであるが、このブログ上で、私の妻のことはシャラポア(日本人)と
表記しているが、実は、この田村(谷)亮子選手によく似ていると言われる。
もう少し付け加えると、もしも田村(谷)亮子選手のお姉さんが
女子プロレスラーの北斗晶だったとして、その架空の三人姉妹の真ん中が
うちのシャラポア(日本人)だという感じがする。

ただ、私(マーヒー)は、プロレスラーの北斗晶というのは昔からけっこう
魅力のある人だとなぜか思っていたので、そういうツボにはまるヤツなのかも
しれない。

とにかく、田村(谷)亮子選手が金メダルをとった後、いろんなドキュメントで
柔道を始めたばかりの頃のヤワラちゃん(最初からこう表記すればよかったなぁ)の
映像が何度も流れたが、これが10歳ぐらいのヤワラちゃんが、
当時2歳だったうちの長女にあまりにもソックリだったので笑った。

また、なぜか覚えているのが、
老いた両親がオリンピックの録画をたのまれていたが、
録画に失敗して息子に怒られてしまったため、ヤワラちゃんの
決勝の試合を布団の上でその老夫婦が再現したという小ネタ
(テレビのワイドショー)
があって、これはちょっと思い出し笑いのタネになっていてヤバイ。

高橋尚子選手のマラソンの優勝は、これもなぜか
小出コーチ(監督)の
「ロルーペは来てないよ」
という大声がシドニーの風景と共に記憶に残る。

ジョギングをしながらなぜか自分自身にも
「ロルーペ来てないよ」
と言い聞かせた。

来たらえらいことですが・・・

とにかく、個人的にも平凡ながらいい感じの年じゃなかったのかな。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-12-19 00:10 | 草評


<< 歴代の「今年の漢字」はその年を...      歴代の「今年の漢字」はその年を... >>