2007年 12月 21日

歴代の「今年の漢字」はその年を思い出させてくれるか?(11)

2005年の「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会選)は



だった。
卓球の福原愛選手の(主に中国での)活躍や、
愛知県での愛・地球博の開催などで選ばれたと思う。

あの村上ファンドの村上はんのせいもあって
(日本シリーズ直前のタイミングで阪神買収話)
ロッテとの日本シリーズは退廃的な大敗だったが、
阪神もこの年優勝している。

阪神タイガースが元気な年は
「あと一人!あと一人!」
という群衆の連呼も甲子園を起点にして大きく響き渡る。
その声が私のところにも届き、翌年(2006年)には
3人目の子どもも生まれてきた。

ただ、3月にスマトラ島沖大地震と津波があった。

2000年の春に、横浜のホテルであった友人の結婚式に
家族(当時は2歳の長女との3人家族)で参加した時に、
同年代のタイ人のご夫妻と同席し、仲良くなった。

それからかれこれ4年以上、お互いの子どもの成長を写真で
送り合ったりしながら、文通がずっと続いていた。

それから、このスマトラ沖地震が起きるちょっと前のことだが、
私たちのところの地元でタイ語の読み書きができる人を発見し、
その人の代筆でタイ語での文通ができるようになったので、
そのことを非常に喜ぶお手紙もいただいた。

それが、律儀な人のように思えたその人から、
スマトラ島沖地震以後からプッツリと手紙が途絶えたのだ。

横浜での友人の結婚式で交した英語での会話がフラッシュバックする。

「カトーさん、是非ともタイに来たら私たちの家に泊ってください。
私たちの家はきれいな海のすぐそばにあるのですよ


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-12-21 23:47 | 草評


<< 歴代の「今年の漢字」はその年を...      歴代の「今年の漢字」はその年を... >>