2007年 12月 22日

歴代の「今年の漢字」はその年を思い出させてくれるか?(12)

昨年の「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会選)は



だった。
これはゴルゴ松本の芸のせいではなく、
ちょっとはあったのかもしれないが、それはちょっと前のお話であるから、
生まれてきた命への祝福の意味もあるが、
いちばん大きかったのは命を軽視するような事件の多発と
自殺者の急増ということであると思う。

そういう意味では、いい字だから選ばれたというよりも、
この文字をもっとみんなで考えてほしいという意識が選ばせたような
気がする。

うちでも、末娘が生まれてきた年だ。

この「今年の漢字」というのは、これからもかなり長い間続くことだろう。

是非とも

凶 悪 病 滅 底 非 悲 殺 恨 怨
壊 乱 暴 崩 虚 嘘 

なんて漢字は選ばれないような未来であってほしい。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-12-22 00:01 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      歴代の「今年の漢字」はその年を... >>