2008年 05月 13日

中国はフランスの支援を受けてくれ

中国の南西部で起きた四川大地震だが、
発生から、1時間ごとに発表される死者の数が
1000人ずつ増えていく。
ネットのニュースを見るとき、クリックする手が少しだけ震える。

ビルマ (ミャンマーは軍事政権で地名変更された名なのでビルマと呼びたい)
のサイクロンに続き、たいへんな大惨事が起こってしまった。

ビルマにしろ、中国にしろ、義捐金や募金はもちろんのこと
各国やさまざまな民間団体からの人的支援の用意があると思うのだが、
現在のビルマは閉鎖的な軍事政権下にあるので、さまざまな各国の
スペシャリストたちにもビザが発給されない。

中国は、明日以降の動きをみないとわからない。

チベット弾圧問題に端を発したオリンピックの聖火リレーは、
中国に抗議するフランスに抗議するフランス系のスーパーマーケット
への不買デモ(置かれている製品の95%は中国産らしいが)という
形で、 「愛国心」 を盛り上げ、つい一年前の日本がそうであったように、
中国のチベット弾圧に積極的に抗議するのはフランスだけではないのに
目の敵(かたき)にされている。

中国は、フランスからの支援を積極的に受け入れる方向をとって欲しい。
もちろん、フランスだけではないが。

フランスは日本では仏国と表記し、中国では法国と表記する。

仏法・・・

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-05-13 23:49 | 草評


<< 今回の中国の震源地付近の地理的...      粒焼(28) 早送りと走馬燈 >>