草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 28日

探訪・横田基地(2) ヘイ!ヘイ!ヘイ!

b0061413_23412461.jpg 東京都内に気になる三つの塀(へい)がある。ひとつは都心の皇居。皇居の塀の内側に入るにはお正月の一般参賀に行く、宮内庁の職員になる、園遊会に招かれる、清掃奉仕団に参加するなどの方法があると思うが、私には入る機会はないと思う。 皇居という場所のすぐ後に何だが、日本最大の刑務所である府中刑務所(左の写真)という場所の塀も気になる。ここに入るには、まず正規のルートという表現はおかしいが、日本国内で犯罪を犯すという方法がある。収容定員が2800名ほどなのに現在は3000名を越えていることもあり、これは絶対におすすめはしない。それ以外でここに入るには、刑務官などの関係職員になる、弁護士になって再審のための接見に行く、宗教者になって教誨(きょうかい)に行く、関係団体や組織を介して慰問に行くなどという方法があると思う。ここの塀は高い。全盛期のブブカ選手がグラスファイバー製の棒を持てば何とかクリアできる高さで、エレーナ・イシンバエワ選手でギリギリの高さという感じだ。


 
b0061413_23421072.jpg さて、変な前置きを書いてしまったが、三つ目の気になる塀が横田基地だった。東京都内のおそろしく広大なスペースに塀がはりめぐらされている。戦闘部隊こそ常駐していないものの、日本最大の米軍基地で、米軍におけるアジアのハブ空港的な役割をしていると言われている。ここに入る方法は・・・またグダグダと書いてもいいのだが、まずは1949年頃を最初に8月か9月の週末に2日間 「日米友好祭」 という開放日(基地の全域ではない)が設けられている。そのフェスティバルの開催中に入場するというのがもっとも簡単な方法ではないかと思う。今年は8月23日(土)と24日(日)がその開催日にあたっていたのだが、24日にちょいと出かけてみたという次第である。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-28 00:26 | 草評


<< 探訪・横田基地(3) 入門編      探訪・横田基地(1) 横田基地... >>