草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 02日

探訪・横田基地(9)  FEN(AFN)を聴きながら

b0061413_2351472.jpg今はAFN(American Forces Network-米軍放送)というらしいが、どうも1997年までの名称であるFEN (Far East Network - 極東放送)という名称を使ってしまう。関東でのAMラジオの周波数810kHzが中継されているアンテナは、埼玉県和光市の米軍施設からなのだが、ラジオ局というのか、このFEN(AFN)のスタジオは、やはりこの横田基地のなかにあるそうなのだ。DJをしているのはメリーランド州ジョージ・G・ミード基地内のDefense Information Schoolの教育課程を修了したBroadcast Journalistと呼ばれる下士官・兵卒の現役軍人が中心で、所属(部隊)はPublic Affairs(広報科:陸軍、空軍、海兵隊)、Mass Communications Specialist(MC:報道員:海軍)ということだそうだ。MCが、MCをやっているということなんだな。 というわけで、今は普段でもまったく聞かなくなったヒットチャートも各音楽のジャンルにしても、インターネットラジオというものもある時代なのであるが、一種の風情として携帯ラジオの周波数を合わせてみる。 今回の発見がひとつ。米軍放送の頻繁に流されていたウェザー・リポート(天気予報)は、日本の気象庁が発表する気象情報とはまったく違うものを参考にしているようだ。たまたまかもしれないが、8月下旬の予報は日本の気象庁VS米軍では、米軍の予報がことごとく当っていた印象がある。 いつの日か、この横田基地が近隣の昭和記念公園のような平和的な公園になるにしろ、民間空港になるにしろ(石原都知事は2010年までに一部を民間共用の空港とすることを公約)、ラジオ局と気象予報は続けてもらっていいと思う。そして、今、アメリカ南部、特にルイジアナ州がハリケーン上陸でたいへんなことになっているが、見事な気象予報ができる能力があるようなので、その予報に対する処置を迅速にするべきだ。 8月24日に行なわれるはずだった戦闘機による航空ショーのようなものも、この気象情報の的確な察知によって早々と中止になっている。 最新の戦闘機も、未だに悪天候には勝てないようだ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-09-02 23:05 | 草評


<< 探訪・横田基地(10)  チェ...      探訪・横田基地(8) 雨の横田基地 >>