草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 05日

小室哲哉

5億円詐欺容疑で逮捕された小室哲哉の経歴を
見ていて、 白竜 のバックバンドを一時期、務めていたことを
知り、ハッとした。

現在は、北野武監督作品などへの出演で、俳優として知られる
白竜 であるが、私はミュージシャンとしての白竜作品が大好きである。
レゲエのリズムが、そんなに浸透していなかった頃、レゲエのリズムに
見事に日本語がのった 「誰の為でもない」(1981年) などは、音源が今では
手に入らないので、仕方なくアナログディスクからダビングした
カセットテープで聞く。
動画投稿サイトなどでも閲覧できるのだが、オリジナルのレゲエアレンジ
ではなく、ロックアレンジなのでどうもしっくりこない。

「グラウンド・ゼロ」 (爆心地) という言葉は、9・11ではなく、
広島と長崎を歌った白竜の同タイトル曲で初めて覚えた。

1983年の全国のライブハウスを白竜がまわったツアーで、
マーヒーは銀閣寺の近くにあった サーカスサーカス (今はない)
に聴きに足を運んだ。

客は50人ほどであり、そのライブが終了した後も残って店で
ウイスキーを飲んでいたら (当時19歳だったが・・・)
白竜とバンドメンバーも隣のテーブルで反省会のような
ミーティングをやっていた。 

たぶん、そのなかに若き日の小室哲哉が
いたような気がする。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-11-05 17:11 | 草評


<< スキレットでジンギスカン      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>