草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

2006年 01月 16日 ( 1 )


2006年 01月 16日

スキー板を買いに行って・・・(2)

そもそも、なぜ自前のスキー板を10数年ぶりに買い換えようと思ったかといえば、
小学生になった娘がけっこう強い意志で「スキーをやりたい」と言い出したからだ。

無理もないことだ・・・

私(マーヒー)の新婚旅行は3月に挙式してすぐにカナダのバンフに行った。
スキーツアーは1カ所のロッジに滞在型なので経費も国内旅行よりも安いなど、
色々な理由で相談して決めた。妻の方が私よりも少しスキーは上手く、
(この少しが非常に口惜しかった) 一人旅ではなく、いちおう新婚旅行なので
国立公園の中にあって北米のなかでは非常に治安がいいバンフは快適だった。

なんせ親しくなった街の巡査さん(ポリスマンに限らずこの街の人々はフレンドリーだった)
に、ここ最近何か事件があった?と尋ねたら日本の高校生の修学旅行
(おいおい、高校生でカナダに修学旅行はなぁ)の高校生がショップで万引きしたのを
補導したぐらいだ、と言っていた。かなり恥ずかしかったなぁ・・・

ともかく、8年前のバンフでたっぷり春スキーを楽しんだ新婚旅行だったが、
ものすごいおまけが付いてきた。

その年の年末に女の子が生まれたのだ。10ヶ月前は結婚準備があり、新婚旅行から
帰った後は一週間仕事を空けていたせいもあって多忙であり、私たちが授かった
子どもはハネムーンベイビーであり MADE  IN CANADA であり、
アフター・スキー・ベイビーであったのだ。

そのうちにこの子はスキーがやりたいと言い出すぞと言っていたら、
やっぱりとうとう言い出したというわけだ。

それで、昨日、私のスキー板を買いに行ったのにスキー板を買ってこなかったのは、
 ① この際、思い切ってスノーボードに切り替えてみる
 ② スキーボードという新種に挑戦してみる
 ③ 娘に尊敬されるために予定していたものよりも高いものを買ってしまう
 ④ とりあえず安くて手頃なスキー板を買ってしまい、この迷いから脱却する

などなど、色々な思いや妄念や妄想に近いものまで頭の中をタイムマシンで
10数年前からスポーツショップにやって来たような男が店内で考えごとをしながら
歩き出し、考えに決着がつかなくなり、出際に
「今日のところはこれぐらいで勘弁しておいてやろう」
という意味不明の言葉を小さくつぶやき、トボトボと帰宅してきた。

うーん、結論がまだ出ていない。あなたのコメントが決断を即すかもしれない。

マーヒー加藤 http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2006-01-16 00:32 | 雑草