草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

2008年 04月 30日 ( 2 )


2008年 04月 30日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第207段)

龜山殿建てられんとて、地をひかれけるに、大きなる蛇、
數も知らずこり集りたる塚ありけり。
此の所の神なりといひて、事の由を申しければ、
いかがあるべきと勅問ありけるに、
「古くより此の地を占めたる物ならば、さうなく掘り捨てられ難し」
と、皆人申されけるに、此の大臣一人、
「王土にをらん蟲、皇居を建てられんに、何の祟をか爲すべき。
鬼神はよこしまなし。とがむべからず。ただ皆掘り捨つべし」
と申されたりければ、塚をくづして、蛇をば大井河に流してけり。
さらに祟なかりけり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第207段)

b0061413_23553680.jpg


亀山殿を建てるための土台工事で地ならしをしていると、
おびただしい数大きな蛇がとぐろを巻いている蛇塚があった。
「この地の主(ぬし)であるなぁ」
と現場は後嵯峨上皇に報告したのであるが、上皇は
「それじゃ、どうすればいいか?」
と逆に問い合わせが返ってきたので
「昔からここに住んでいる先客なので、そんなに簡単に掘り出してポイッと
いうわけにはいかないです」
と現場の人々は全員言ったところ、
大臣の実基だけは
「天皇が統治しているこの国土に住む爬虫類が、天皇の住居を建てる時に
立ち退いてもらったって、天皇を呪ったりはしない。
鬼神はピンストライプのように筋を縦にしっかり通すもので、よこしまなことはしない。
蛇のことなんか気にしない。掘ってしまってポイでそれでOK!」
と言ったので、塚を掘って崩して、
蛇たちをみんな大井川(保津川系)に流してしまった。

たたりは、何もなかったみたいです。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-04-30 23:27 | 徒然草
2008年 04月 30日

娘と京都(23) 帰りの新幹線

b0061413_11164221.jpg 娘との京都旅行を記してきた4月の草仏教ブログだが、一週間ぐらいで終えるつもりが4月の最終日までひぱってきてしまった。明日からは5月だし、娘のこと、京都のことは折々これからもブログに登場することとして、いちおうこの記事で一区切りをつけておきたい。  さて、京都駅を発車した新幹線のなかで、娘は私が買っておいた (有)京滋茶月 百花撰 京都(駅)伊勢丹店(デパ地下)の「花彩てまり」 (924円) を開いて、 「うわぁー!」 という声をあげた。 さて、ブログをご覧のみなさんなら、何をいちばん最初に食べて、何をいちばん最後に残しますか? 食べ物の好みはもちろん、好きなものを最初に食べる方と、いちばん好きなものを最後にする方で順序はかなり違ってくるでしょうね。


サイドメニューなど
[PR]

by kaneniwa | 2008-04-30 12:43 | 草京都