草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

2008年 05月 12日 ( 2 )


2008年 05月 12日

粒焼(28) 早送りと走馬燈

どんな名作映画のDVDでも、
早送りしていると滑稽(こっけい)にみえる。

間が飛んでいるから
マヌケにみえるのは当たり前だが・・・

自分の人生、どこかで録画されていて、
猛スピードで早送りされたらたまらないなぁ。


死ぬ時には、今までの記憶が走馬燈のように
かけめぐると聞く。

そんなことは、その時にならないとわからない
が、

猛スピードでまわる走馬燈ではなく、
スローモーション映像でお願いしたい。


どこにお願いしたらいいかわからないが。 

[PR]

by kaneniwa | 2008-05-12 18:36 | 雑草
2008年 05月 12日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第209段)

人の田を論ずる者、訴に負けて、ねたさに、
「其の田を刈りて取れ」
とて、人を遣しけるに、先づ道すがらの田をさへ刈りもてゆくを、
「是は論じ給ふ所にあらず。いかにかくは」
といひければ、刈る者共、
「其の所とても刈るべき理なけれども、
僻事せんとて罷る者なれば、いづくをか刈らざらん」
とぞいひける。

理り、いとをかしかりけり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第209段)

b0061413_16535176.jpg


田んぼの所有権をめぐって訴訟沙汰になり、その裁判に負け、
悔しさのあまり
「その田んぼの稲を収穫前に刈り取っちゃえ!」
命じて何人かを田んぼに行かせたところ、
その人たちは手はじめに訴訟とはまったく関係ない
道の途中の田んぼまで刈り取ってしまったので、
「ここは、あんたらの裁判とは関係ない田んぼなのに、
どうしてそんなワルサをするんですか?」
と言ったら、その人たちは
「その問題の田んぼだって刈り取っていいわけじゃない。
われわれは、どうせ人の道に外れたことをやろうと思って
やって来ているのだから、どうせならずべて刈り取っちゃうのだ!」
と逆ギレ気味に開き直って言った。

すごい論理だ。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-05-12 16:50 | 徒然草