草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

2009年 07月 12日 ( 1 )


2009年 07月 12日

南無阿弥陀仏とアメイジング・グレイス(5) 由緒編(3) 聖書の非神話化

ルドルフ・カール・ブルトマン
(Rudolf Karl Bultmann, 1884年8月20日 - 1976年7月30日)
という、ドイツの新約聖書の非神話論化という聖書解釈の方法論を
提唱した学者の名前を知ったのは、このマーヒー加藤にとっては
ほとんど偶然、もしくはハプニングに近いことからだった。

西谷啓治という、京都学派四天王の一人である哲学者がいる。
自慢になるのかならないのかわからないが、
このマーヒー加藤はこの西谷啓治という人から直接講義を
受けた者のなかで最年少かもしれない。
いや、正確にいえば
「このおじいちゃんスゲエぜ、他の授業なんかいいから
聴きに行こうぜ」
という私の誘いにのってきた、当時大学生になりたての18歳だった
岩崎くん (このブログにも時々コメントをくれる) が、おそらく
直接講義を聴いた者のなかの最年少だ。

1900年生まれのこの哲学者の授業のなかで、ある偶然によって
ブルトマンの名前は私に刻まれることになった。

西谷啓治先生の哲学の講義
[PR]

by kaneniwa | 2009-07-12 00:59 | 草仏教