カテゴリ:草類(ブログ紹介)( 8 )


2013年 01月 03日

じぇにー姐さんからのおてまみ

b0061413_052910.jpg 年賀状は元旦から書き始めます。年賀状を出して喪中の葉書をお返事としていただいたということが多くあって、知らなかったとはいえそれがとても痛かったからです。中越地震や中越沖地震の後にそう感じたのですが東日本大震災以降、ことさらそれを徹底することになりました。でも、お正月はいつもよりも行事などで忙しいとはいっても、年賀状の返事を出す形で年賀状を書くことは何だか幸せです。元気で良かったなぁ、こんな私に年賀状をくれて嬉しいなぁと思うのです。これも震災以降にますますそう感じます。みんなが私のようにしていると、段々と年賀状自体が減っていってしまうということになりますが、私はそうしたいと思っているのです。ところで年賀状を中心にした元旦の配達物を見て、シャラポア(妻・日本人)が「マヒさんにローマから手紙が届いているよ!」と言いました。「えっ?ローマに知り合いはいないけど…」と言いつつ、そこに貼られていたジョー・ディマジオやフランク・シナトラ、アリゾナ州の風景などの切手を見て「うわぁ、じぇにー姐さんだぁ!じぇにー姐さんが私の戯言に応えてくれたんだぁ!ローマはローマでもジョージア州のローマだ!すべての道はローマに通じるんだ!」とお正月気分になってしまいました。元旦の出来事なのでもともとお正月だったのですが…

b0061413_0523253.jpg 写真はマーヒー加藤の王冠パフォーマンスのTake1 カメラテストをしつつ、王冠を落とさずに目の辺りに挟めるかのテストです。言うは易く行なうは難しの実例で、なかなか難しいものでした。 ことの発端は、じぇにー姐さんがお気に入りのテキサス州のラガービールを手に入れたことにはじまります。ここに私は実にたわけたコメントを入れました。つまり「今まで瓶ビールの王冠を目の辺りに挟んで笑いをとるにはサッポロの黒生か、もしくはスーパードライが流行る以前のアサヒのラガービールの朝日マークこそ最上のものと思っていたが、それを超える逸材がテキサスに居た」という趣旨のコメントでありました。そして驚くべきことに、その私のコメントに対して、じぇにー姐さんのお身内の方が応えてくださったのです。そのサービス精神と見事なパフォーマンスに私は感動いたしました。私のアンポンタンでスットンキョウな戯言に、ここまでやってくださるとは…

b0061413_0525437.jpg そういうわけで、ジョー・ディマジオの切手が貼られた手紙のなかには、テキサス州産のラガービール LONE STAR の王冠が同封されておりました。じぇにー姐さんの文字にて Mahito Kato という私の英字での本名が記された可愛らしい字(ちなみに日本語の表記にも萌えます)にウキウキしつつも、こうしてLONE STARの王冠が同封されてきているということは、もともとは私が所望したものであったとはいえ「王冠パフォーマンスをせよ」というメッセージ性が十二分に含まれているのであります。facebookのメッセージでは「暇になってからでいいですよ」という優しい寛容性にあふれたお言葉をじ頂いたのでありますが、この任務を放置していては明日の仕事が手につかない状況であります。写真はTake10ぐらいだったでしょうか。この撮影は難航いたしました。何度も王冠を床に落とし、Take7あたりで跳ねた王冠が6歳の末娘のおもちゃ箱のなかに入り、捜査に苦慮いたしました。何度もやるうちに、心なしか王冠の裏のホップの残り香の苦味が目に染みて参りました。やっと上手くいったと思えば、このTake10のようにせっかくの LONE STAR の STARの輝きが出せていない写真となってしまう失態を繰り返しておりました。今更、寝ているシャラポア(妻・日本人)や子どもたちのうちの誰かを起こして協力してもらうわけにはいきません。何のためにこのような努力をしているのか、その経緯を説明するのは難しいと感じました。

b0061413_053725.jpg 写真はTake18ぐらいではなかったかと思います。お正月らしく、笑顔でのご挨拶も兼ねての絵(写真)が欲しかったのですが、どうも私が完全に上向きではない状態で王冠を落とさないようにするにはアントニオ猪木が「何だコノヤロー!」と言っている時のような顔をしないと王冠は顔に定着しないという自分の身の事実を知りました。せめて松田優作が「なんじゃこりゃ~」と言う時の顔をしたかったのですが、なかなか上手くいきませんでした。とにかく、ちょっと引き気味に何とか LONE STAR の星の角度が反射せずに出せた写真であります。爆笑芸にも一発芸にもならなかったかもしれませんが、ともかく2013年の初顔見世がこれでいいのか?とはちょっと思いつつ、しかしながらビール美人(ホンマ、ジョッキやビール瓶、缶ビールを持っているお写真は名画の域に達しておられます。マジで私が電通の社員ならビールのCMに使います)のじぇにー姐さんに改めて御礼申し上げます。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2013-01-03 00:58 | 草類(ブログ紹介)
2008年 05月 14日

今回の中国の震源地付近の地理的状況について

今回の震源地となったブン川付近の地理的な状況に
ついて、このブログと以前から相互リンクをさせていただいている
私の旅はこんな旅 のkobamikiさんがお詳しいのではないかと思っておりましたが、
最新ブログ記事が、まさにその地理的な状況をふまえての危惧をされて
いました。

このブログ記事を読んで、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている
九寨溝(九寨沟)という中国四川省北部のガパ・チベット族羌族自治州にある
自然保護区に観光などで入っておられる方々のことがリアルに危惧されました。

※念のためですが、その他の地域で被害に遭われている方々を危惧しないという
 わけではありません。

日本語で書かれている地域情報として、極めて貴重なものではないかと
感じましたので、緊急に紹介させていただきます。

緊急、というのは、kobamikiさんの推測は土地鑑があるために
非常にリアルさを感じるのですが、この一帯が陸の孤島のような状態と
なっているとすれば、至急、最寄りの(従来なら車で1時間半)空港から
救出に向かわなければたいへんなことになってしまうという強い予感からです。

生きてください!


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-05-14 00:57 | 草類(ブログ紹介)
2008年 02月 29日

2月29日 (2)

ひとつ前のブログ記事の続きになりますが、

富山の あおさん が、

中陰日程 (初七日から四十九日までと百ヶ日) を

すぐに計算できるプログラムを作ってくださっていました。

※ コメント欄に作成者のあおさんからのメッセージがございます。
  作成者のあおさんは、
  こちら  の方を使用されることを推奨されています。



その2100年の

基本的に4の倍数の年は閏年(うるうどし)となるが、
100の倍数の年は(400の倍数である年は例外)
閏年とならない

という法則に対応しているかどうかは2099年まで確認せずに
有難く使わせていただこうかと考えております。

本当に、百ヶ日の確認をするだけでもたいへん助かっております。
あおさんに感謝します。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-02-29 15:18 | 草類(ブログ紹介)
2006年 10月 21日

ばーさんがじーさんに作る食卓

ばーさんがじーさんに作る食卓というブログを知ることができた。
エキサイトブログである。

このブログを知ったのは、青年海外協力隊(コンピュータ技術)で
モンゴル国立科学技術大学に派遣されている方のブログ(こちら
のご紹介で知ることになった。ここで書かれている
「良い事だけを伝えるニュース番組」というのができないものか、というご提言にも
かなり賛同してしまうのだが、それはまた別な機会に語りたい。

ブログを読んでいて、減塩と低カロリーを心がけつつ、この豊かさはいったい何だろうと
思う。もちろん、68歳同士のご夫婦とは思えない料理やブログ作成のセンスの良さ、
発想の豊かさがその要因であることはすぐにわかるのだが、もう一ついえば、
この食卓の写真や文章から、ご夫婦の会話が聞こえてくるのだ。

たとえば、京都(このご夫婦も京都にご在住だが)の和菓子が、季節感をともなって
卓上に出された瞬間に「もうこんな季節になりました」というような会話をはずませるように、
ひとつひとつの卓上の写真に物語りがあり、会話が聞こえてきそうなのだ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-10-21 23:52 | 草類(ブログ紹介)
2006年 07月 03日

木綿の半可通風(ブログ紹介)

木綿の半可通風というブログに注目している。
いや、もっと自分の気持ちに正直になれば、ハマッているというのが近いかもしれない。

おそらく、このブログ主さんは、この一つ前のブログ記事であるアクセス解析で1位になった、
ジーコが発する 「アシュケ」(またはアシュキ、またはワシュケ)という言葉の意味を探求され、
GoogleとかYahoo!とかの検索でこの草仏教ブログを訪れてくださったものと思う。

該当記事に 「足湯け?」 というトラックバックが入っており、今となっては大変に失礼な
ことだが、日帰り温泉か何かの広告のトラックバックが入ったのかと思い、一応、削除を
考えながらリンク先をたどっていくと、これがとんでもないダイヤモンドだった。
先方のブログ主さんは、ブログ記事のタイトルをみんなそういう感じ(例をあげて説明
しようと思ったが、これはもう直接みていただくのがいちばんだ)で付けておられる。
それどころか、コメント欄のタイトルにいたるまで、応答コメントに素晴らしいタイトルを
つけていらっしゃる。

私も、ブログというのは整理の都合上のことも含めて、タイトルというものは
とても大事だと漠然とであるが思ってはいた。
しかし、木綿の半可通風をマネしたいものの、このタイトル付けの才能は私にはない。

ちょっと感化されて、以前から考えていたことを文章にまとめてみたのが最近の
エントリー(記事)とした 

 なぜオヤジはオヤジギャグが好きなのか オヤジギャク研究(全5回)

でありました。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-07-03 00:02 | 草類(ブログ紹介)
2006年 02月 17日

マーヒーはカモレンジャーを応援します

マーヒーは、まだ実物に会ったことはないが、新潟県加茂市の
カモレンジャーのファンである。カモレンジャーの公式ブログは
 こちら (カモレンジャー秘密基地) です。

そのプロフィール欄から抜粋させていただくと、カモレンジャーの紹介が

北越の小京都・新潟県加茂市のローカルヒーローで、
愛する郷里を悪の組織から守るために立ち上がった3人の若者の熱血物語。
2005年に登場以来、各種イベントなどに登場し地元の子供たちを中心に大ブレイク中。
また、イベントなどで配布・販売する、まちの“いいところ”を題材に用いた
スピリットカードは子供たちの必須アイテム


と書いてある。
スピリットカードには子どもたちに知って欲しい加茂市の歴史や風土についての
知識が封印されているという。マーヒーも、是非とも欲しいシロモノだ。

マーヒーは、年代もカモレンジャーよりもちょっと上の立派な中年なので、
カモレンジャーに影響は与えられ、オヤジ戦隊ダジャレンジャーを構想していきたい。
人々をなごませ、癒(いや)しを与えるオヤジギャグとダジャレの戦士である。

まず、構想では予算はあまりないので、コスチュームの下は草野球チームからの
流用でヤンキースのパンツである。この縦じまには 「ヨコシマな気持ちではいけない」
という深いスピリットが込められている。

上はグリーン、レッド、ブルーなどの原色系のTシャツやトレーナーを買ってきても
いいが、オヤジ戦士なので利休鼠(ねずみ)、どどめ色、萌葱(もえぎ)色、薄栗皮などの
たいへんにシブイ中間色もいいと考えている。

ヘルメットはフルフェイス、ジェット型にこだわらず、バイク用からの流用を考えるが、
意味がなくても壊れたラジオなどから取ったアンテナを取り付けておきたい。

そして必須アイテムが トイレにいっトイレ などのダジャレカード。

このダジャレカードが50枚ほど溜まったら、その時は改めて子ども会などの
機会でのデビューを期してメンバーを募集しようかと考えている。


暖かくすることもあるオヤジギャグ
 (加藤まひと 川柳 ポップドラゴン入選作)


マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-02-17 13:02 | 草類(ブログ紹介)
2006年 01月 17日

太蔵くんのブログでライト試験とレフト試験

トラックバックなどはしていないが、あの小泉チルドレンの末っ子の杉村太蔵くんがブログをはじめている
三日坊主であることを前提に昨年の終わり頃から書き始めたみたいだが、三日坊主ではなくけっこう続いている。
内容は・・・どうもコメントしにくいのだが・・・まずは間違いなく本人が書いていると思う。

そして、ブログの文章の端々からは、テレビで「棚からぼた餅」と言っていた頃の、
あの感じが彷彿(ほうふつ)とされてちょっと嬉しい。

たぶん、武部幹事長はブログなどは読まないし、もしも読んでいたとしても、これは
「好きにやれ」と言っているのだろう。

さて、その太蔵くんが、センター試験(大学入試の国公立一次試験)というものが
あるのだから ライト試験やレフト試験があってもいいじゃないかとブログ上で1月15日に言っている。

これは笑った。爆発する芸術家の岡本太郎が同様のことを言っても笑うだろうが、
国会議員の太蔵くんがこんなことを言ってくれるとは・・・

太蔵くんが言うライト試験は右脳(重視の)試験で、レフト試験は左脳(重視の)試験らしい。
よくわからんが、この発想は素晴らしいと思うぞ太蔵くん!けっこう日本の教育を根底から
覆(くつがえす)発想かもしれないぞ。少なくとも実現すれば一石を投じることになるのは
間違いない。

あとは受験生にも年齢が近い太蔵くんが本気で今の教育環境や受験のシステムなど
を研究して、このライト試験とレフト試験の発想を実現に向けていけるかどうかだ。
本気でやってくれるなら応援する。軽く見られている人間が重い課題を背負った時には
所属などは関係ない。

その発想のおもしろさには笑ったが、それよりも面白いことを言うおっさんはマーヒー
の周りにはいっぱいいる。


マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2006-01-17 01:08 | 草類(ブログ紹介)
2005年 06月 01日

ざいごの酒屋さん

今日は、草野球仲間であり、ブログ仲間でもあり、飲み仲間(他の店でも飲む)でもある

ざいごの酒屋

さんのブログをご紹介したいと思います。
ざいごの酒屋(さかや)さんは、新潟県北蒲原郡の中条町(もうすぐ胎内市に変更)
の中条警察署近くの旬の和食のお店です。その日に仕入れた旬の食材を
美味しく召し上がって欲しい、というお店ですので、基本的には予約制のお店です。
ただ、「予約制の和食」ということになると、ちょっとビビってしまうというか、財布の
方を心配してしまうのですが、「その点はご安心を」とは、私は店主ではないので
言えませんが、居酒屋の気楽さと、高級料亭の味が、いい意味で同居しているお店です。

板さんの草野球選手名は「モハメッド・ブリ」で、名付け親は一応マーヒーです。
先週、モハメッド・ブリの大ホームランをたたえる記事をたくさん書いたせいで、
今やGoogleの検索に「モハメッド・ブリ」と打ち込めば、なんちゃってヤンキースの
ブリ選手に関する記事が上位にずらりと並びます。それ以外の記事は、馬主として
有名なモハメッド殿下や、ボクシングのモハメッド・アリ選手に関する記事が多いです。

とにかく、こちらのブログは旬の味(魚が中心)や食材の紹介を書いていらっしゃるので、
季節感のある風物詩としての読み物としても味わえます。
  (現在七日~十日に一回ほど更新されています)

是非ともクリックしてみてください。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2005-06-01 17:14 | 草類(ブログ紹介)