草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 30日

今年も年末がやってきた

もう、うかうかしているうちに師走になってしまう。
師走の師というのは、本来は僧侶のことのようだ。

普段は悠然としている(俺は悠然としていないなぁ)ように見える
僧侶も走り出すほどに慌ただしい季節の到来ということらしい。

しかし、地震をはじめとして、悠然とできないことが多すぎた年だった。
(まだ1ヶ月あるけどね)

野生動物を見ても、ライオンの雄というのは悠然としているように見える
が、ライオンの人生(変な表現だな・・・)をトータルで考えると、全然悠然
とはしていなくて、特に雄のライオンは子どもの時期には非常に厳しい
自然淘汰をくぐり抜けねばならず、それを経た雄だけが悠然としている
ということらしい。

人間も、楽をしている人はあまりいないように見える。野生動物と同じ。
借金に追われていない人も、仕事に追われている。また、借金にも
仕事にも、両方から追われている人もいる。

僧侶というのは、世間からは悠然としている代表の職業に見られるが、
そうではないと思う。少なくとも、ライオン型ではないかと思うのである。

そして、そのライオンの雄も、走り出さねばならなくなった時代だと思う。

                               (マーヒー加藤)
[PR]

by kaneniwa | 2004-11-30 03:39 | 草仏教
2004年 11月 20日

掲示板もうすぐ閉鎖です

週一日記からブログに変わって3回目となります。すでに10日空いてしま
いましたね。

ところで、前回や草仏教ホームページのトップからリンクしてきた中越地震掲示板
が、あと1日とちょっとで閉鎖されることになりました。

このブログは、地震の情報が目的ではないのですが、従来の週一日記をブログ
化してみようと思ったのは、中越地震がきっかけです。

掲示板は、色々な方々の努力によって、緊急に立ち上がったものです。
今、震災後1ヶ月が経ち、色々な団体がとり組む支援の体制も、緊急を要する
ものから各団体がじっくりとり組むべきものに変わってきているというのが、
閉鎖の理由ではないかと推測いたします。

閉鎖にあたっては、カウント・ダウン形式になっております。3日という短い
カウントダウンでありますが、これは、今まで、息を飲むように掲示板を見つめて
こられた方も、関心をもって見ながらも、遠慮されてなかなか書き込めなかった
方も、最後にメッセージを、という趣旨でないかと考えます。
[PR]

by kaneniwa | 2004-11-20 21:06 | 雑草
2004年 11月 10日

地震の余震が続いています

中越地震の余震は続いています。それも、余震の規模が大きい。
早く、余震の方もおさまって欲しいと思います。

真宗大谷派という教団のなかでの、きめの細かい支援情報を見る
ことができる掲示板があります。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=doubousyakai

(草仏教ホームページのトップ・ページからも緊急リンクしています)

この掲示板の意義とか、なぜできかとか、どうしてできたか、なんていう
意味は、ずっと後に説明することになるでしょう。

ご門徒さんはもちろん、お寺の近くに住む方からのSOSにも使っていた
だければと思います。

  (マーヒー加藤)

http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2004-11-10 05:54 | 雑草
2004年 11月 09日

草仏教週一日記をプログ化しました

実際の日記は三日坊主(うーん痛いなぁ)の坊主(僧侶)であるのに、インターネットのホームページ上での日記は1年近く続けられたということがあって、この際、プログ化してみることにした。どうなるかはわからない。ただ、今は、このプログ、ついさっき始めたばかりだけれど、慣れたらけっこう、入力も楽そうだし。プログだと週一では間隔が空きすぎなのかもしれない。トラック・バックとかよくわからない。まだまだわからないことがプログについては多いのだけれども、いちばんのきっかけは先の中越地震である。こういう時に、日頃からのコミュニケーションのあり方なんかが問われるね。連絡をとりあうのに使う道具の使い方もそう。

今年は、新潟県を中心にものすごく災害の多い年だ。(すでに年末みたい) そのなかで数少ない良かったことは、長年の夢だった、メジャーリーグのユニフォームをまとった野球チームを作るということを実践できたことだね。初試合、スコア上はボロ負けではあったけれど、随所にいい面を見せることができた。負けず嫌いのメンバーゆえに、なかなか充実のオフ・シーズン(1試合やってもうオフ・シーズン)が迎えられそうだ。このチーム、何と本物に限りなく近いヤンキースのユニフォームを着用しています。その名も「なんちゃってヤンキース」と言います。まあ、書きたいことを書いていきますわ。 (マーヒー加藤)

b0061413_2404637.jpg
[PR]

by kaneniwa | 2004-11-09 02:41 | 草仏教更新案内