<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 30日

なんヤンVS若僧も、ものすごくいい試合でした

新潟県の高校野球県予選決勝の明訓VS中越高校も、すでに書いたとおり
すばらしい決勝戦でしたが、その高校野球の夢の跡といえる県予選で使われた
グランドでの本日の草野球の試合も、私にとってはいつまでも忘れない
ゲームになりました。

私は嬉しい。7月29日に新発田市の五十公野球場でナイターでおこなわれた
草野球の因縁の決戦、なんちゃってヤンキースVS若僧 の試合は、惜しくも
6-7 という僅差のスコアでなんちゃってヤンキースは負けてしまったものの、
私、なんちゃってヤンキース代表のケアレ・スミスは嬉しい。すごく嬉しい。

なんちゃってヤンキースの全選手は、よく打ち、そして打った後よく走った。
その、全員が全力疾走するチームになったということがとても嬉しい。

それを象徴するのが、今日はセンターを守ったライス大森選手が右中間を
破る打球を放った後に走りに走ってホームを踏んだランニング・ホームランである。

そして、それは象徴であって、全員が本当に成長した。40才を越えた選手も
数名いるが、みんな成長した。少なくとも、凡ゴロでも1塁まではみんな精一杯
全力疾走している。それも楽しそうに。

6対7という惜しい試合を落としたものの、対戦相手の 若僧さん は昨秋の
初対決の時に我々なんちゃってヤンキースを 16-1のスコアで完膚(かんぷ)
なきまでに叩きのめしてくれたチームだ。

もちろん、勝ったわけでもないし、こんなことで満足してはいけないとは思う。
それでも、今日の私はしみじみ嬉しいのである。嬉しい。

マーヒー加藤 (ケアレ・スミス) http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-30 01:12 | 草野球
2005年 07月 29日

なんヤン選手とファンのみなさん、今日試合があるよ!

もしも、グランド状態などでグランドキーパーの方から
私のもとに電話連絡が入るリミット(期限)が午後4時です。

うーん、ちょっとポツリと雨も落ちて嫌な予感もしましたが、
ちょうど午後4時になりました。

電話連絡は・・・ありません。と、いうことは、今夜は7時から
必ず試合があります。

やったぁ、試合だぁ!1ヶ月半ぶりの試合ですよ、みなさん!

そうなったら、少々途中で雨が降ろうが、それをむしろ楽しむ
ぐらいでないといけません。その気持ちが勝利を呼びます。

天気予報も、一応、新発田市では夜中ぐらいにしか雨は
本格的には降らないことになっています。

では、午後7時、新発田市の五十公野球場でお会いしましょう!

ケアレ・スミス  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-29 16:05 | 草野球
2005年 07月 28日

再三ですが、天気予報

もう、嫌になっちゃうなぁ。

天候の心配はまったくないと思っていた29日の
なんちゃってヤンキース VS  若僧 (新潟市) の
新発田五十公野球場での決戦ですが、天気予報が
晴れのち曇りから、曇りのち雨に暗転しています。

けれど選手と応援のみなさん!もしも早めに雨が降った
としても降雨量は大したことはありません。

昨日の雨で痛んだグランドも今日のピーカンで回復した
でしょう。もしも雨に降られたら嫌なことは嫌ですが、
野球の試合には支障がないでしょう。

またまた、新発田五十公野球場周辺の

ピンポイント天気予報 です


ケアレ・スミス なんちゃてヤンキース代表
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-28 23:45 | 草野球
2005年 07月 28日

明訓高校VS中越高校はものすごい試合でした

お参りから帰ってきてテレビをつけたら新潟県の高校野球県予選の決勝を
やっていて、その時は8回の裏でしたが延長14回の激戦になって、2時間
ほど前に見終わったところです。

ものすごい試合でした。試合の結果が出ていないうちから、両チームの
応援団が泣き出すなんて試合は滅多に見ることができません。
14回の表、中越高校のセンターが大飛球に追いついて、超ファインプレー
成立寸前でフェンスに激突してボールが転がり、決勝点が入る場面、
両チームの応援団がそれに拍手を送る場面など、久しぶりにいいものを
見せてもらいました。

まず、テレビをつけて、中越高校の捕手の飯塚大和君の福顔が気に入りました。
あのような福顔の捕手は、なかなか見たことがありません。明らかに人相がいいのです。
中越高校の投手の今井君の顔が精かんなだけに、飯塚君の福顔をセンターからの
カメラを通して見ることは、社会的な眼福だと思いました。
結果的には、この飯塚君の三振で激闘は終わったのですが、彼は2年生なので、
また来年、あの福顔に再会できる日を楽しみにしています。

サヨナラ負けをするかもしれない場面に登場した新潟明訓高校1年生投手の永井剛君
( 167cm 58kg 三条第一中出身)は、マーヒーにもご縁が深かった東本願寺
三条別院のすぐ近くの 中学校出身ということで注目していましたが、これがすごく
いいピッチャーです。今日が公式戦初登板だったと思うのですが、この永井君は、
きっと将来、相当なチームでプレーします。変化球は、比較するのは本当に失礼なの
ですが、悪い時のマーヒーと同じで、打者の首のあたりの高さにいってしまいます。
ほとんどストレートのコースと高低だけで投げていたのですが、外角低めへの速球
の伸びが素晴らしい。まだ1年生で小柄なのですが、外角への速球のみを見れば、
これはメジャーリーグの投手、それもグレッグ・マダックス投手あたりの、超一線級の
投手のようでした。「甲子園大会までに早くカーブを覚えてくれ」という感じです。

永井剛君がすごくなるという予言を、このブログという場でしておきます。
当たったら自慢します。

そして、新潟明訓高校の背番号1で主軸を打つ須貝友弥君
( 3年 190cm 80kg 中条中出身 )の家が、今このパソコンを打っている部屋から
100メートルぐらいしか離れていません。卒業した中学校も同じです。当然、応援します!

しかし、永井君の快速球に対して200球もの剛速球(140㎞以上だな)を投げ込んだ
今井君も本当に見事でした。中越高校も、中越地震の多くの被災者を励ます意味でも、
甲子園に行って欲しい気持ちで、要するに両チームを心から応援したテレビ観戦でした。

明日、私たちの草野球チームは、新発田市の五十公野球場で試合ができるという
幸せにあずかります。(しかもナイター)

この球場で、つい数日前まで高校野球県予選の準々決勝までが行われてきました。

草野球と高校野球ではレベルは違いますが、県予選決勝の激闘を見て、
甲子園を目指した高校生たちの夢の跡をかみしめながら、中年ながらも
元気よくプレーしたいと思っています。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-28 18:21 | 草評
2005年 07月 27日

なんヤン情報 27日の試合について (4) 最終決定

今、高校野球(新潟市鳥屋野球場)は予選準々決勝をやって
いますが、五十公野球場の今夜の試合は開催不可能となり
ましたので、ここにご連絡いたします。

明後日の29日の夜(7時~9時)の試合は対若僧(新潟市)です。
こちらは天候の心配がありません。選手のみなさん、応援のみなさん、
よろしく!

新発田市五十公野野球場地域のピンポイント天気予報
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-27 11:38 | 草野球
2005年 07月 26日

なんヤン情報 27日の試合について (3)

なんちゃってヤンキースの27日の試合が実施可能か、という草野球情報を流しております。

 会場となる 新発田市五十公野球場周辺のピンポイント天気予報 ですが、状況は3時間ごと
に変わっております。予報は明日のお昼前の降雨量が増えたことと、その前後の
時間帯の風速が強い予報が出ている点が気になります。ただし、6時間前の予報と
くらべるとピンポイント予報では、ナイターの実施時間(午後7時~9時)は雨が
降っていないことになっており、午前中までの雨量が少なければ実施できる方向に
なっています。

今まで、降水確率90パーセントの日でも野球ができた日は何回もあります。
最終決定は、グランド・キーパーさんが連絡をくださる明日の午後4時ですので、
(グランド状態が悪ければお昼頃に連絡をいただきます)選手の皆様は、試合が
ある場合は職場から野球場に直行される方が多いと思いますので、ユニフォーム、
グローブなどを車に積んでおいてください。昔なつかしい小学校の運動会でいえば、
「勉強の用意と運動の用意、両方しておくように」ということです。

台風7号の進路と雨量の具合で、野球場が使えるかどうか、本当に微妙です。
今の段階では、グランドキーパーさんでも判断できないでしょう。

なんちゃってヤンキース代表   ケアレ・スミス
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-26 16:51 | 草野球
2005年 07月 26日

なんヤン情報 27日の試合について (2)

台風7号の通過により、被害を受けられた方々へはお見舞い申し上げます。
台風の進路に入っている地方の方は、早めに植木鉢などを片づけましょう。

さて、なんちゃってヤンキースの本年度3試合目の野球の試合が予定されて
いる明日ですが、当初は小雨模様でしたが、新発田市五十公野球場周辺の
予報は3時間ごとにガラッと変わっています。

 ピンポイント天気予報

台風7号の通過の時間や進路によって、まだ予報はかわっていきます。
どうか、まだ予報を見守っていきたいと思います。

 なんちゃってヤンキース      代表 ケアレ・スミス
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-26 07:44 | 草野球
2005年 07月 25日

なんヤン情報 27日の試合について

なんヤン(なんちゃってヤンキース)の27日、夜7時からの
試合の実施について、このブログは携帯電話でも閲覧が
可能なので、選手と応援してくださる方への連絡掲示板としても
勝手に使っちゃいます。

まずは、会場となる新発田五十公野球場周辺の

 ピンポイント天気予報  です

ご覧のように、27日の夜については、予報が曇りのち雨から
雨のち曇りに切り替わりました。雨さえあがれば実施できる可能性が
ぐーんと大きくなります。また、日中に降る予定の雨も、降雨量が
1ミリか2ミリと小雨です。

最終決定は当日(7月27日)の午後4時で、この時間にグランド・キーパー
の方から最終決定が私の携帯電話に入ります。
それまでは、特に選手のみなさんは、必ず試合はあるという心づもりで
いてください。

 なんちゃってヤンキース 代表 ケアレ・スミス
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-25 15:44 | 草野球
2005年 07月 23日

国歌と国旗を考える

おはよう。またまたマヒ子(毒舌をKABAちゃん調で語るマーヒー)よ。

国歌と国旗、大激論を呼ぶようなネタになりますけれど、これを否定するには
代案が必要だと思いますのよ。だって、サッカーの国際試合の前に、何を演奏
すればいいの?国際航路を行く船には国旗は必ず必要よね。

ですから、この国歌や国旗の問題こそ、ただ不快感のみを主張するのでは
なくて、代案をもってくるべきだと思うわ。

まず国歌ですけれども、自分の思想・心情・哲学というようなものをなるべく
排除して、やっぱり「サクラサクラ」がいいと思うわ。「鳩ぽっぽ」の方が広く
知られている歌で、鳩は平和の象徴でもあるけれども、「豆が欲しいかそらやるぞ」
じゃあんまりよね。「サクラサクラ」を国歌にすれば、国花の方にもつながるわね。
オヤジギャグぽいけど。「サクラサクラ」だと歌詞にも「弥生の空に」とあるように
季節ものになっちゃうという心配もあるけど、スポーツの国際試合なんかの
前に演奏されると、今、この瞬間は今しかない、という「一期一会ワールド」に
感動できる気がしますのよ。

もちろん、アメリカで、アメリカ国歌よりも賛美歌をルーツにした「アメイジング・グレイス」
が広く歌われていたり、野球場でも最初に演奏されたり歌われるアメリカ国歌よりも
7イニング目に全員で合唱する「テイクミーアウトボールパーク」(私を野球場に連れて
いって)の方がみんなで楽しそうに歌われるということは日本でもあってもいいと思うのよ。
そういう歌は、ジャンルを問わずにどんどん生まれて欲しいわ。

今年みたいに阪神の強い年の関西地方では「六甲おろし」が国歌以上の価値があるのよ。
作曲者の古関裕二さんは巨人ファンで、巨人軍応援歌「闘魂こめて」も作曲されている
のですけれども、そんな事実も歌の力の前ではお構いなしよ!

そういう意味で、桜の花が好きか嫌いかは問題ではなく、国歌は「サクラサクラ」がいいわ。


国旗の方で代案を出すのは難しいわね。今のところ、18年ほど前に大阪の
安治川で行われたレゲエ・サンスプラッシュという真夏のイベントで、日本の
レゲエ・シンガーでDJのランキン・タクシーさんが歌い出した

日の丸を~ハート形に~♪ 日の丸を~ハート形に~♪
いろを~ピンク色に~♪ 日の丸をハート形に~♪ いろを~ピンク色
に~♪ 日の丸を~ハート形に~

というのが、今まで私がいちばん共感できた素晴らしい代案ね。


マーヒー加藤 http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-23 04:00 | 草評
2005年 07月 21日

始球式だけは立派な首相だな

おはよう、お久しぶりね。マヒ子(毒舌を吐くときにKABAちゃん口調で語るマーヒー)よ。
終戦記念日が近づいて、総理大臣が靖国神社に参拝するのかどうか、ちょっとヒヤヒヤ
しながら見つめていますの。

私は「始球式だけは立派な首相だな」という川柳を作ったことがあるのですけれど、
孝太郎君とのキャッチボールで鍛え上げた腕で甲子園でもヤンキースタジアムでも
ちゃんとストライクを投げられる小泉投手(党首)はステキだと思っているのよ。
ブッシュさんも「ジュンイチロウは野球が上手い」とAP通信で絶賛していましたのよ。

ただ、この人の本質に、すでに「始球式が立派」というものがあるような気がいたしますの。
忘れてしまった方が多いと思うのですけれど、あの総理になったばかりの頃の人気ぶり
(野球のゲームでいうなら始球式)はもの凄かったわよね。わたくしも、小泉さんが総理に
なった直後にハンセン病訴訟に勝訴した原告団の方々に、通常便宜的にする国からの
控訴を断念した時には「この人は今までの総理大臣とは違う」と思って、感動しましたわ。
貴乃花の優勝に「感動した」と叫んだ頃も始球式ね。あの頃は大相撲の人気も小泉さん
の人気も満員御礼という感じだったわ。

で、野球でいえば始球式の時期はとっくに終わって靖国参拝のお話になるのですけど、
総理大臣になられる以前に、確か厚生大臣の頃に2回ほど参拝はされていますけれど、
それ以前に参拝されたということは聞いておりませんのよ。また、本当の疑問は、総理を
辞められた後も、はたして靖国神社という場に参拝されるか、という問題ね。
「信念で参拝した」「信念で行く」と言われる、その信念の中身よね。遺族会の方々からの
票が入る、という信念だけならダメよ。

「私はクリスチャンなので靖国神社へは参拝しません」という態度をとった
大平元首相はとても立派だったわ。

「私は仏教徒なので」と言ってくれる人は誰もいないのかしら。
特に、鹿児島の「隠れ念仏」の伝統をルーツにもつ現総理には、パフォーマンスを
やる信念よりも、仏教徒の信念を少しでももっていただきたいと思っているのです
けれど、無理なのかしら?


マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-21 05:35 | 草評