草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 26日

忘れられた歌をとりもどすのだ

バファリンが流行っているのですね。

風邪薬・頭痛薬のことではありません。パソコンを使っての言葉遊びというか、
ランダム機能を使って言葉の成分分析をしてくれるものです。

というわけで、 こちら を使って言葉の成分分析をしてみました。
これはバファリンのなかのオリジナルラヴ解析機です。
リンクさせていただいている POP-IDさんのブログで知りました。

まずは 「草仏教ホームページ」 という言葉を入力してやってみました。
すると結果が、

草仏教ホームページの64%は忘れられた歌で出来ています
草仏教ホームページの28%はアイリスで出来ています
草仏教ホームページの6%はガンボ・チャンプルー・ヌードルで出来ています
草仏教ホームページの2%は結晶で出来ています


わははは、ガンボ・チャンプルー・ヌードルって食べたことないぞぉ。
しかし、言葉の遊びにしろ、このホームページ(の中のブログ)の成分の
64%までもが忘れられた歌という意外な成分で出来ていたとは・・・
よーし、忘れられた歌を記憶の底から取り出してやろう。

こういう、意表をつく言葉が飛び出してくるというのが、このバファリンの
おもしろさなのだろうなぁ。


 マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-26 09:42 | 草評
2006年 04月 25日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第27段)

御國ゆづりの節會行はれて、劍、璽、内侍所わたし奉らるるほどこそ、限なう心細けれ。

新院のおりゐさせ給ひての春、よませ給ひけるとかや、

殿もりのとものみやつこよそにして

はらはぬ庭に花ぞちりしく

今の世のこと繁きにまぎれて、院には參る人もなきぞさびしげなる。かかる折にぞ、
人の心もあらはれぬべき。

 (吉田兼好法師 『徒然草』 第27段)

b0061413_028717.jpg


 皇位の即位に際して宴会が開かれたのだが、
 劍(けん)、璽(じ)、内侍所(ないしどころ)という三種の神器を渡される儀式は
 限りないほどにさびしいものだなぁ。

 新たに皇位をゆずって上皇になった方(花園上皇)がその年の春に、こんな歌を作った。

   宮殿の掃除を受け持つ役人が ほったらかしで掃除してないこの庭いっぱいに
   桜の花が散っている

 事務が忙しいから上皇のところには来客もいないのがさびしそうだよね。
 こういう時に、人々の本音って露呈(ろてい)してくるんだよね。

BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-25 12:42 | 徒然草
2006年 04月 22日

赤ちゃんの不思議な力

b0061413_21331339.jpg
赤ちゃんは大人が頼りにしている知力・財力・体力のすべてを持っていない。
大人が重視している効率性とか合理性のようなものも持っていない。

しかし、人の世話になる力をもっている。大人に喜んで力を出させるのだ。

何も持っていない赤ちゃんが、笑顔をくれ、元気をくれ、不思議に沸いてくるパワーをくれる。

鈴木大拙先生(Dr . DT SUZUKI)は、「功徳」 という言葉を英語では
ポッセビリティ(可能性)という言葉に置き換えているようだ。

何ももっていないはずの者が、実は大きな可能性をもっている。
その可能性から、不思議な力をもらっていこう。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-22 21:33 | 草仏教
2006年 04月 21日

生まれてくれて ありがとう

4月の12日に、ついつい 「会いたい人がいる」 という記事を書いちゃったもので、
ブログを読んでくださる方にまで、ご心配をおかけしてしまいました。

三人目も立ち会うつもりが、つい先ほど(午後2時50分ぐらい)学校から帰ってくる長女も
連れて産院に行こうといったん家に戻ったところ、その産院から電話がかかってきて
 「おめでとうございます」と言われました。
ああ、やっぱり三人目となると早いのだなぁ。

さらに女の子でしたというご報告で、学校から帰ってきたばかりの長女はランドセルを
おろして「やったぁ、やったぁ」と飛び跳ねています。妹を欲しがっていたのですね。

30分後、幼稚園に息子を迎えに行って、すぐに対面に行くところです。

ああ、みなさん、落ち着いてください。落ち着いてください。

それでは失礼 !


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-21 15:05 | 雑草
2006年 04月 19日

松井と新庄

松井選手がブルージェイズ戦に出場して、メジャー通算500試合連続出場だ。
ニューヨークヤンキースの選手としての500試合連続出場ということにも価値が
あり、今のメジャーリーグの現役選手のなかでもオリオールズのテハダ選手に
ついでの2位というのもすごいが、ヤンキースで500試合以上の連続出場は
何とあのルー・ゲーリック選手以来とのことで、さらに日本のプロ野球から通算して
1750試合連続出場というのがものすごい。

この500試合連続出場はメジャーリーグの開幕から予測できたことだけど、
予測できなかったのが北海道日本ハムファイターズの新庄の突然の引退宣言。

テレビをつけたらスポーツニュースで新庄のヒーローインタビューをちょうど
やっていて、数秒後にテレビの東京ドームの観客といっしょになって「えっー」という
驚きの声をあげてしまった。今年のファイターズの試合は、残り100試合以上、
古いたとえで恐縮だがプロレスのテリー・ファンク引退興行のようになるのだろうか。

新庄のプレーでいちばん記憶に残るのが、日本のオールスター・ゲームでの
ホームスチールで、まさに意外性のかたまりのような選手だ。

まさか松井選手の連続出場に合わせたわけではないだろうが、昔から
阪神VS巨人戦で競い、同じニューヨークのヤンキースとメッツでプレーした、
まさに対照的な二人だと感じた。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-19 12:12 | 草評
2006年 04月 18日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第26段)

風も吹きあへずうつろふ人の心の花になれにし年月を思へば、
あはれと聞きしことの葉ごとに忘れぬものから、我が世の外になりゆくならひこそ、
亡き人の別れよりもまさりて悲しきものなれ。

されば、白き絲の染まん事をかなしび、路のちまたのわかれん事を嘆く人も有りけんかし。
堀川院の百首の歌の中に、

   昔見し妹が墻根は荒れにけり

    つばなまじりの菫のみして

さびしきけしき、さる事侍りけん。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第26段)


b0061413_0254187.gif


風もまだ吹き抜けていないのに
散り去ってしまう花とそれに似た人の心。

そんなたよりない情愛に親しんだ年月を思う。
耳の奥に響いたひとつひとつの言葉だって忘れないのに、
そんな言葉という葉も風で吹き飛んで、自分の人生からは
どんどん遠いものになっていくという運命は、人との死別
よりもより悲しいものですね。

だから、白い糸が赤い糸になっちゃうことを悲しんだり、
道が分かれていくことに別れを感じて嘆いた人もいるんだよ。

藤原公実くん他、16人が100曲づつ収録した
合計1600曲入りのラブソング集のなかにこういう歌がある。
藤原公実くんの歌だけど

  昔会ってた愛人の家 垣根も荒れていたんだよぉ
  そこには芽草まじりの茂みのなかにスミレの花が咲いていた

さびしい景色だね。藤原くん、そういうこともあったんだね。 


BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-18 19:42 | 徒然草
2006年 04月 17日

ああ一澤帆布

b0061413_13394996.jpg一澤帆布の製品のファンである。大工道具入れ、リュック、小さな手提げと3点をずっと使用中であるので、 「ファンであった」 と過去形にはしたくない。京都の法然上人ゆかりの知恩院前のこの帆布製品のお店、狙ったレトロ(懐古趣味)ではなくて、帆布という素材に思い入れをもった職人さんがいい意味で頑固に作り続けていたら自然とレトロな感じになっていたというようなもので、一目惚れしてずっと使い続けている。

知恩院前の一澤帆布の店舗は、いつの間にか若い女性も多く訪れるようになり、
特に観光シーズンには長蛇の列で入店するまでに整理券まで必要になっていた。
しかし、依然として知る人ぞ知るというお店であったと思うが、昨年12月あたりからの
一連の騒動で、全国的に有名になってしまった。

私にはコメントのしようもない騒動だが、3つの丈夫な一澤帆布の製品をこれからも
愛用しつづけて、そしていつか修理を依頼しようと思っている。修理を依頼する時に、
その依頼先が一澤帆布という名のお店なのか、やはり信三郎さんのところなのか、
それはまだわからない。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-17 13:39 | 草評
2006年 04月 14日

カウンター設置から一周年





http://www.xrea.com/でカウンターを設置してちょうど1年。
おかげさまでこの1年間で17000以上のアクセスをいただきました。
自分のアクセスと一日のうちの同一の方の複数アクセスはカウントしないカウンターの
ようなので、この一年間に限ると一日あたり約50人の方に見ていただいているブログと
いうことになります。
ありがとうございます。

このリンクによる無料カウンターサービスは、400以上あるデザインのなかから
自由に選べるようになっているのですが、№300である当ブログに使用している
音符のデザインのものは人気があるようで、他の方のブログを閲覧している際に
同じものを見かけてニヤリとすることがあります。

最初は、カウンターを付けると、アクセス数が多くても少なくても気になって、
いい意味でのマイ・ペースではなくなってしまうのではないかと思っておりましたが、
エキサイトブログでは(多くのブログでそうなのですが)「レポート」と言って、日別と
一週間単位でのアクセス数が、これは管理人しか見えない形ですが報告して
くれるので同じこと。
取り付けも簡単なので(でももう一度やると多分戸惑ってしまう)一年前に
設置してみた次第です。


マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-14 10:56 | 雑草
2006年 04月 13日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第25段)

飛鳥川の淵瀬常ならぬ世にしあれば、時うつり事さり、たのしびかなしびゆきかひて、
花やかなりしあたりも人住まぬのらとなり、變らぬ住家は人あらたまりぬ。
桃李もの言はねば、誰と共にか昔を語らん。
まして、見ぬ古のやん事なかりけん跡のみぞ、いとはかなき。

京極殿、法成寺など見るこそ、志とどまり、事變じにけるさまはあはれなれ。
御堂殿の作りみがかせ給ひて、庄園おほくよせられ、我が御族のみ、
御門の御うしろみ、世のかためにて、行末までとおぼしおきし時、いかならん世にも、
かばかりあせはてんとはおぼしてんや。

大門、金堂などちかくまで有りしかど、正和の比南門は燒けぬ。
金堂は、そののちたおれふしたるままにて、とりたつるわざもなし。
無量壽院ばかりぞ、其のかたとて殘りたる。丈六の佛九體、いとたふとくて竝びおはします。
行成大納言の額、兼行がかける扉、あざやかに見ゆるぞあはれなる。
法華堂などもいまだ侍るめり。是も又いつまでかあらん。
かばかりの名殘だになき所々は、おのづから礎ばかり殘るもあれど、さだかに知れる人もなし。

されば、萬に見ざらん世までを思ひ掟てんこそ、はかなかるべけれ。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第25段)

b0061413_0354411.jpg


マーヒーです。徒然草の超訳ですが、全体の十分の一までやってきました。
未だに超訳のスタイルさえも確立せず、方針らしきものも徹底していません。
徒然に書かれた古典を元祖ブログと考えられないか、というような漠然とした
考えしかありません。今回は、何というか、実験的な要素は強すぎるとは自分で
感じてはいますが、アメリカ南部のブルースの歌詞を無理に翻訳したようなものというか、
暗い都々逸(どどいつ)をぎこちなく訳したような文でやってみます。では、


奈良の飛鳥の小川の淵が、いつも同じじゃないように
無常で非常な世の中は、時が過ぎれば変幻自在。のこした事実も滅び去り、
楽しみ・悲しみせめぎ合い、繁華街さえ野原だぜ。

古びた俺のアパートも、住んでいるのは別の人。
桃の木おまえにゃ口がない。誰と語ればいいのだろう。
ましてはるか昔のことは、わずかな欠けらで空しく想う。

(藤原)道長ハウスもテンプルも、建った願いはすごいけど、
保証も保護も砕け散り、情熱なんかはふっとんで、汚職と賄賂で汚れきり、
磨く意欲もなくなった。 こんなはずではなかったぜ。

ちょっと前まであった門、炎に包まれ燃えちゃった。
建った願いはすごいけど、再び建てる気はないぜ。

願いの面影のこすのは、阿弥陀の住んでる無量寿イン。
量れ無いから無量寿院。量れ無いのが仏さま。4メートル93センチ×9。
扉の文字が光る寺。

今ある多くの寺たちも、いったいいつまであるのかい?
京都の街は礎(いしずえ)だらけ。石碑だらけの街なのさ。
多くの建物消え去って、かすかな欠けらを残すのみ。
何の跡かもわからない。

マイルストーン(記念碑)は残っても、願いの記憶が残らない。


超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-13 01:37 | 徒然草
2006年 04月 12日

会いたい人がいる

この半年間ぐらい、毎日、会いたいと思っている人がいる。

男か女かわからない。

その人は今、私の妻のなかにいる。

三人目なんだけれども、待っているとなかなか会えないね。

もうすぐ会えるのだけれども。


マーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-12 16:42 | 雑草