<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 27日

計れないのが愛なのだ

「国を大切にする」などの「愛国心」表記を通知表の評価項目に盛り込んでいる
公立小学校が埼玉県で52校あって、岩手、茨城、愛知県でも取り入れられている
公立小学校があると毎日新聞に書いてあった。

これは主に小学校6年生の社会科の評価項目のなかのことらしいが、
「愛国心」が表記される通知表が見られるようになったのは、学習指導要領が2002年に
改定され、小学6年社会科に「我が国の歴史や伝統を大切にし、国を愛する心情を
育てるようにする」などの目標が設定されて以降といわれる。

この流れが今の憲法改正案の、「国を愛する」ということを文言化するかどうかの議論の
重要な伏線の一つにもなっているね。それも含めてさまざまな論争があるのだろうが、
これについての提言をマーヒーはしてみたい。

まず、社会科の前に、
家庭科に 「家庭を愛すること」(大切にすること)を評価項目のなかに入れてみる。
音楽に 「音楽を愛する心」 を入れてみる。
体育に 「スポーツを愛する心」 を入れてみる。

と、こう書いてみると、若干だが、愛を評価するということの矛盾にふと気がついてしまう。
音楽や体育、それから社会科についてはいずれ続編を書いてみたい。

たとえば、家庭科は、今のマーヒーは、いわばプロの家庭人になっちゃったわけだが、
夫婦というプロのカップルは、独身の頃のアマチュアのカップルだった頃とはまた違う
面からお互いを評価したりする。まあ、純粋に楽しかったのはアマチュア時代だが、
プロにはプロの愛がある。まあ、とにかく家庭の愛し方はさまざまである。
はた目から見れば酒もタバコも遊びもやらないで家庭を大事にする完璧に見える真面目な
お父さんに対して「堅苦しくてつまらない」という評価があることも多くて、これは非常に難しい。
マーヒーも不良中年気味ながら家庭を愛する心はもっているつもりだが、
24時間そればかり考えているわけではないし、その心を試されたり、
いつも評価ばかりされたりするということがあればまさに心外である。

心以外の問題なら、
たとえば私が作った夕ご飯について「甘い」「辛い」「美味い」「もうひとつ」「これはダメ」などと
評価するのは自由である。まあ、「心がこもっていない」なんて表現もあるけれど、
プロの夫婦の間でこの言葉を吐くには決死の覚悟が要りますよ。決死の覚悟でたまに
言い合ったりするのだけれどね。

子どもの愛国心というものに評価を与えなければならない側には、この決死の覚悟が
要求されちゃっていると思う。

色々書いてきたが、この矛盾の根本に 「心は計れない」 ということがあるのだろうね。

国を愛するったって、いろんな愛し方があるわけで、漠然とでも日本が好きだと言う人は
もちろん、この日本が嫌いだとハッキリ言う人もまた、この日本の嫌なところを自分の
まわりからでも、少しずつでも変えていこうとどこかで思っているわけで、
それもまた現実的にとても国を愛するというあり方ではないかと思うマーヒーなのです。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-27 01:16 | 草評
2006年 05月 26日

アサッテを読む毎日

マーヒーは毎日新聞を購読している。
毎日新聞は、この3年ほどは休んではいるものの、
マーヒーの本名よりも本人が特定しやすい加藤まひと(柳名)で投稿して
時々掲載もしてもらっていた「万能川柳」が読めることもあるし、
東海林さだおの四コマ漫画・アサッテくんが読めることも理由だが、
社会事象や事件について、こうするべきだと肯定的な論調の時に元気がいい読売新聞と、
いかがなものかと否定的な論調の時に暗い情熱を燃やして元気がいい朝日新聞との狭間に、
否定も肯定もできずに悶々としている毎日新聞の論調が自分に合っている気がするからだ。

今日は、この毎日新聞に記載されていた記事から草評を書こうと思っていたが、
混乱してしまうので、まずはそのリード文を単独で今日のブログとする。

マーヒー加藤 草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-26 11:59 | 草評
2006年 05月 25日

ワールドカップ大予想 だが、 大ってほどではないか

ジーコ監督が選んだ日本代表メンバーうち、これは勝手な感触だが、
2トップ(FWが二人)だとして、もっとも点の入りそうな組み合わせは
大黒(おおぐろ)選手と巻(まき)選手の二名の組み合わせだと思う。

この二人が先発出場している状態はあまり考えにくいが、後半開始以降の
選手交代でこの大黒と巻が結果的に2トップを組んで前線にいるということは
充分に考えられる。

マーヒーがイメージするワールドカップでの得点シーンは、中村俊輔のフリーキック
以外では、こうである。

中田英からの鋭いキラーパスを大黒選手が全力疾走しながら受けて素早く
ペナルティエリアに蹴りこむ。そこに「私の利き足は頭である」と豪語する巻選手が
頭で合わせ、相手ゴールキーパーの必死のパンチング空しくゴールネットに
突き刺さり、日本中に歓声が沸く。

もしも、こういうシーンが6月12日か6月18日にさっそく実現するとしたら、
かつて中田英との関係が噂されたミュージシャンの大黒摩季おおぐろまき)は、
いったいどのような気持ちでこの場面を見つめるのだろうか。

もしも、この場面が実現したときには、このシンクロニシティ(宿命的偶然の一致)に
乾杯!

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-25 23:56 | 雑草
2006年 05月 23日

なんちゃってヤンキースの永久欠番

長ーいオフシーズンを過ごし、ようやく明日の夜に、われらがなんちゃってヤンキース
首脳会議が胎内市内の某カラオケBOXで開かれようとしているところです。

今シーズンは、昨シーズンにはいなかった新戦力も3名加入。(うち2名は野球未経験者)
しかし、残念なことに転勤のために2名の選手が通常の試合や練習には顔を出せなく
なりました。悲しいですが仕方ありません。われわれはこれを脱会と言わず殿堂入りと
します。そして、結成5周年記念試合などには招待状を送ります。

われわれは、レプリカユニフォームを応援グッズではなく、そのままユニフォームに
流用使用しているチームであり、実際のNYヤンキースの選手が着ているものと
ほぼ同じものを着ています。

NYヤンキースの背番号のひとけたなどはほとんどが永久欠番であり、
数少ない永久欠番ではない2番と6番は、
それぞれジータ遊撃手とトーリ監督がつけています。
ジータの2番なんかも、永久欠番になる可能性が大きいので、21世紀中にヤンキースの
主力に70番台や80番台が現れることでしょう。

しかし、その栄光のユニフォームのひとけたをうちの選手は平気でつけています。
ベーブルースの3番はケーシー与那嶺監督兼捕手がつけているし、
ゲーリックの4番もディマジオの5番もそれぞれうちのチームでは
コーヒー・フロート外野手とモハメッド・ブリ内野手がつけていて、
今、なんちゃってヤンキースのひとけたで空いているのは9番だけです。早い者勝ちだよ!
(この記事は選手募集も兼ねる)

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-23 23:27 | 草野球
2006年 05月 22日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第31段)

雪のおもしろうふりたりし朝、人のがりいふべき事ありて文をやるとて、
雪のことなにとも言はざりし返事に、
「此の雪いかが見ると、一筆のたまはせぬほどのひがひがしからん人の仰せらるる事、
ききいるべきかは。返すがえ口をしき御心なり」といひたりしこそ、をかしかりしか。

いまはなき人なれば、かばかりの事もわすれがたし。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第31段)

b0061413_1424390.jpg


雪がいい具合に降っていた朝のことだが、ある人のところにどうしてもしなきゃいけない
連絡事項があって手紙を書いたのだが、雪のことには何もふれずに手紙を出しちゃった。
すると、その返事にはこう書いてあったのだ。
「いやだぁ、兼好ちゃん、私にこの雪を見てどう思うのかってことを一筆も書かずに
手紙なんかくれちゃって。兼好ちゃんのいじわるぅ。そんなひねくれた兼好ちゃんの
用事なんか聞いてあげないもーん。もう、風流のわかる兼好ちゃんだと思っていたのに
がっかりだわぁ。いけず!」
と書いてあったので笑っちゃった。

この人はもうすでにこの世にいないので、こんな些細(ささい)なことも忘れられない。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-22 10:59 | 徒然草
2006年 05月 18日

旬のものから生命力をいただくのだ

b0061413_1953561.jpgプロ野球で私よりも年上の選手というのはほとんどいなくなってしまったが、ジャイアンツの工藤投手は、マーヒーよりもほんの数ヶ月ながら年上である。マーヒーの想像を超えるさまざまなトレーニングや体調管理によって節制していることとは思うが、その食事面での独自の方針が、「旬のものを食べる」ことだという。なるほど。カロリーや栄養素をはじめ、食事に関する情報は、たとえば20年前にくらべれば格段に知れわたるようになって、それは一つの基準としては大事なことに違いはないが、その季節ごとにもっとも生命力にあふれるものから生命を維持する大切なパワーをいただくということが、カロリーや栄養素についての画一的でマニュアル的な知識が大手をふるなかで忘れている大切なことであるのかもしれない。 タケノコは漢字で書けば  と、竹かんむりに旬である。例年より2週間遅れで今がまさに旬であり、蕗(ふき)をむいて筍といっしょに炊き込みにする。 20歳代、30歳代の頃はさほどでもなかったが、今はこういう旬のものをいただくのが至福である。ああ、大地よありがとう。5月中旬の季節よありがとう。
蕗の写真のバックは、まだお乳からしか生命力をいただけないが、生後まだ一ヶ月にならないベイビーである。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-18 19:53 | 雑草
2006年 05月 17日

宮沢賢治とタイタニック

先日、宮沢賢治が作詞はもちろんのこと、作曲もてがけた 星めぐり の歌に
ついてのブログ記事をアップさせていただいたが、その関連で、小説の『銀河鉄道の夜』の
なかに、明らかにタイタニック号を連想させるシーンがあることに気がついた。
たとえば、コメントをいただいた akiさんのブログの5月10日のブログ記事にも、その
ことが書いてあった。

宮沢賢治について研究されている方や、宮沢賢治の愛読者の方にとっては、もしかしたら
今さらふれることでもないかもしれないが、私にとってはちょっとしたサプライズだった。
そのシーンは、物語の中盤から後半にさしかかるところ、第9章「ジョバンニの切符」の
ところである。その最初の方を 青空文庫の『銀河鉄道の夜』から引用してみたい。

「いえ、氷山にぶっつかって船が沈(しず)みましてね、わたしたちはこちらのお父さんが急な用で二ヶ月前一足さきに本国へお帰りになったのであとから発(た)ったのです。私は大学へはいっていて、家庭教師にやとわれていたのです。ところがちょうど十二日目、今日か昨日(きのう)のあたりです、船が氷山にぶっつかって一ぺんに傾(かたむ)きもう沈みかけました。

タイタニック号を思わせるくだりは、この後も続いていく。

タイタニック号の遭難は1912年4月14日で、その時に宮沢賢治は16歳だった。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-17 20:09 | 草評
2006年 05月 15日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第30段)

人のなきあとばかり悲しきはなし。

中陰のほど、山里などにうつろひて、便あしくせばき所にあまたあひゐて、
後のわざども營みあへる、心あわただし。日數のはやく過ぐるほどぞ、ものにも似ぬ。
はての日は、いと情なう、たがひに言ふ事もなく、我かしこげに物ひきしたため、
ちりぢりに行きあかれぬ。もとのすみかに歸りてぞ、更に悲しき事は多かるべき。
「しかじかのことは、あなかしこ、跡のためいむなる事ぞ」などいへるこそ、
かばかりのなかに何かはと、人の心はなほうたておぼゆれ。

年月へても、つゆ忘るるにはあらねど、去る者は日々に疎しといへることなれば、
さはいへど、其のきはばかりは覺えぬにや、よしなしごと言ひてうちも笑ひぬ。
からはけうとき山の中にをさめて、さるべき日ばかりまうでつつ見れば、ほどなく
卒都姿も苔むし、木の葉ふりうづみて、夕の嵐、夜の月のみぞ、こととふよすがなりける。

思ひ出でてしのぶ人あらんほどこそあらめ、そも又ほどなく失せて、
聞きつたふるばかりの末々は、あはれとやは思ふ。
さるは、跡とふわざも絶えぬれば、いづれの人と名をだに知らず、
年々の春の草のみぞ、心あらん人はあはれと見るべきを、
はては、嵐にむせびし松も千年をまたで薪にくだかれ、古き墳はすかれて田となりぬ。
そのかただになくなりぬるぞ悲しき。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第30段)


b0061413_1531699.jpg


人が亡くなった後ほど悲しいものはないのだ。
人が亡くなって四十九日までの間、京都の街中から山里に移って、
交通の便の悪い、狭い場所に大勢で雑居して、いっしょに法事なんかを
やっているのは心が落ち着かないものだね。

この人が亡くなって四十九日までの時間の経過は、他の時の時間の流れとは
とても比べものにならないぐらいに速いのだ。

この中陰という期間が終わる四十九日目は、実に味気なく、お互いに話すこともなく、
自己チューのまままに要領よく身のまわりの品々などを整理して、
めいめい散り散りに退散していく。
遺族は自分の家に帰って、山里なおさらに悲しさを増すことだろう。

「今回はえらいことだった。まったく不吉なことだよ」なんて人が言っているのを耳にすると、
こんな悲しみのなかで、なんで「不吉」なんて言うのかなと思うよね。
人間の気持ちなんていうものは、やっぱりけっこう情けないものだね。

人の死後の年月が経っても、少しも忘れるものではないけど、
「死んでいってしまった人は日々に遠く感じる」と世間では言う通り、
忘れないとはいっても死んだ時ほどはリアルではないのかね。

遺族は故人について、とりとめもないことを言って笑ってしまうものなのだ。

遺族は遺体を人気のない山のなかに埋葬して、お参りすることになっている日に
お参りするのだけれども、お参りの印に建ててきた卒塔婆(そとうば)にもコケが付き、
墓は木の葉で覆われてしまい、すでに夕方の嵐と夜中の月だけが話し相手となっている。

故人を思い出して慕っている人がいる間はいいけれど、その人もすぐにこの世から
いなくなっちゃうから、伝えられた名前だけを聞く子孫にしてみればピンと来ない。
だから、法事というのも永遠に続くわけじゃないから、いずれどこの馬の骨かわからない
者になっちゃうから、世のあわれというものをよく理解する人は、墓地に生える
春の草をしみじみと見つめるというわけさ。

結局のところ、嵐に吹かれてむせび泣く松の木も、千年も経過しないうちに薪(まき)木に
なっちゃって、古くなった墓地もクレーン車で掘り返されて土地は別の目的で使われちゃう。

かくして人が亡くなった後は、その影も形もなくなってしまうという事実が悲しいよね。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-15 23:55 | 徒然草
2006年 05月 11日

宮沢賢治作詞作曲の星めぐりの歌

宮沢賢治が作詞はもちろん、作曲もした 星めぐり という歌をご存じだろうか。
著作権もすでに保有期間を過ぎているので、まず詩の方を全文引用してみたい。

星めぐり

作詞・作曲 宮沢賢治

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の つばさ
あをいめだまの 小いぬ
ひかりのへびの とぐろ

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす
あんどろめだのくもは
さかなのくちの かたち

大ぐまのあしを きたに
五つのばした ところ
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて


で、宮沢賢治当人が作曲もしているメロディの方だが、Googleでの検索で
Mi-caさんという方のホームページで音源を提供されているページを見つけた。
Mi-caさんはページ上で、ネットサーフィンをしていて、ある音楽素材のページで
見つけた、と書かれている。
 http://www.gem.hi-ho.ne.jp/mk-msr/hosimeguri.htm である。

孫引き引用をさせてもらいながらも、もっとスローなテンポがいいと思ってしまうのだが、
とにかく、このメロディである。

この歌を久しぶりに聴いて、今夜は耳から、そのメロディと詩が、頭から
離れないのである。この歌は、EPOがアカペラ(バックにわずかにシンセが流れていた)で
歌っていて10年ほど前に知ったのだが、昨日、新潟市のプラネタリウムで久しぶりに
耳にした。

『銀河鉄道の夜』を読むのに、もっともふさわしいBGMかもしれない。


マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-11 01:20 | 草音
2006年 05月 08日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第29段)

しづかに思へば、よろづに過ぎにしかたの戀しさのみぞせんかたなき。

人しづまりて後、ながき夜のすさびに、なにとなき具足とりしたため、
殘しおかじと思ふ反古などやりすつる中に、亡き人の、手ならひ、
繪かきすさびたる見出でたるこそ、ただその折の心地すれ。

此の比ある人の文だに、久しくなりて、いかなるをり、いつの年なりけんと思ふは、
あはれなるぞかし。手なれし具足なども、心もなくてかはらず久しき、いとかなし。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第29段)

b0061413_0202834.jpg


心静かにもの思いにふければ、何ごとにつけても過ぎ去った日々への懐かしさだけは
何とも我慢できないほどのものがあるね。

人が寝静まった後で身のまわりのものを片づけて、これは残しちゃいけないなぁと
思う書き損じの書類なんかを破りすてていると、そんな書類の山のなかには
亡くなった人が無邪気に書き散らしたものとか、絵なんかが描いてある紙なんかを
見つけちゃったら、もうその時の気持ちに戻っちゃう。
まあ死んだ人に限らずに生きている人のものだって、長い時間が経過して、
あれぇ、これいつだったかなぁ、何年ごろだったかなぁ、なんて思い返してみると、
実にしみじみした空気が流れ出すのだなぁ。
亡くなった人が使い慣れた道具類なんていうのも、別に普段は思い入れもなく、
普段から何となくそこにあるのだけれども、亡くなった人のことを考えちゃうと、
何とも悲しさがあふれてくるよ。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-05-08 23:54 | 徒然草