草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 29日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第53段)

是も仁和寺の法師、童の法師にならんとする名殘とて、
各あそぶ事ありけるに、醉ひて興にいるあまり、
傍なる足鼎をとりて頭にかづきたれば、
つまるやうにするを、鼻をおしひらめて顏をさし入れて舞ひ出でたるに、
滿座興に入る事かぎりなし。

しばしかなでて後ぬかんとするに、大方ぬかれず。
酒宴ことさめて、いかがはせんとまどひけり。とかくすれば、
びのまはりかけて、血たり、ただはれにはれみちて、息もつまりければ、
打ち割らんとすれど、たやすく割れず、響きて堪へがたかりければ、
かなはで、すべきやうなくて、三足なる角の上に帷子をうち掛けて、
手をひき、杖をつかせて、京なる醫師のがり率て行きける、
道すがら人の怪しみ見る事限なし。

醫師のもとにさし入りて、むかひゐたりけん有樣、さこそ異樣なりけめ。
物をいふも、くぐもり聲にひびきて聞えず。
「かかることは文にも見えず、傳へたる教もなし」といへば、
又仁和寺へ歸りて、親しき者、老いたる母など、枕上に寄りゐて泣き悲しめども、
聞くらんとも覺えず。

かかるほどに、或者のいふやう、
「たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらん。
ただ力をたててひきにひき給へ」とて、
藁のしべをまはりにさし入れて、かねを隔てて、頸もちぎるばかり引きたるに、
耳鼻かけうげながらぬけにけり。からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第53段)

b0061413_22313219.jpg


これも仁和寺のお坊さんの話なんだけど、子どもの僧侶が正式に坊主になるので
フェアウェルパーティとなって、それぞれに芸を披露してバカ騒ぎをした。
その時に、あまりにも雰囲気にノッてしまって釜をとって頭にかぶってみた奴がいた。
鼻がつかえてしまう顔を無理矢理おし込んで踊りだした。
みんな大変よろこびスタンディング・オベーションの大盛り上がりだった。

しばらくして、釜から頭を抜こうとしたが、これがまったく抜けない。
みんな急に酔いから醒めちゃって、とにかく戸惑っちゃった。
あーだこーだやっていると、首のまわりの皮がやぶれて流血沙汰になってきた。
ひどく腫れてくるし、息もできないみたいで苦しそう。
たたいて割ろうとしても、簡単に割れないどころか、音が響いて耳が痛くなっちゃた。
どうしようもなくなって釜の五徳部分に上着をかけて手を引き、杖をつかせて医師のもとに
連れていったのだが、その途中は通行人に注目度ナンバーワン。

医師と向かい合っている状況を想像すると、もう異様な光景すぎる。
病状を説明しようにも。釜のなかで音がエコーし、こもって何を言っているのかわからない。
医師は
「これは前例がない症状で、文献にも治療法は書いていないですね」
と言ったので、しかたなく、仁和寺にもどった。
仲間や老いた母親が枕もとに集まって悲しんで泣いていたが、
たぶん本人には聞こえていない。

すると、ある人が
「耳や鼻がちょん切れるということはあっても、、死んだりしないでしょう。
ここは一つ、力まかせに引き抜きましょう」という強行派っぽい意見を言った。
藁を首のまわりに差し込んで、首が切れるぐらいにひっぱってみた。
耳と鼻がとれてあとに穴が空いていたが、これでようやく抜けた。
かなり危うかったが、命びろいだ。そして、ずっと寝込んだ。
・・・・・・まだ寝込んでいる。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-29 21:00 | 徒然草
2006年 09月 28日

突然ですが、久しぶりに虹を見ました

b0061413_1052726.jpg

朝、にわか雨が降ってきて、空を見上げたら、
久しぶりに虹というものを見ましたね。

真夏の水まきの時の小さな虹以来でしょうか。
空にかかる大きな虹は、見たのはいつ以来かも忘れました。

とにかくレインボーであります。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-28 10:52 | 雑草
2006年 09月 27日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (7)

マーヒーは讃岐うどんに限らず、群馬の水沢うどんも好きだし、乾麺でしか
知らないが秋田の稲庭うどんというものも好きだ。さらに、風邪をひいた時なんかに
食べる鍋焼きうどんなんかは、コシのない柔らかい、よくスーパーなんかでよく売っている
うどんも好きなのだ。 もちろん、節操なく蕎麦、パスタ、ラーメンといった他の麺類も大好きだ。

そういうなかで讃岐うどんのみを取りあげてきた。まだ、かまたまうどん発祥の地である
山越 も、ここに改めて登場させないうちに、すでに七本目の記事となるが、
今回の四国新聞社のネット上から得ることができた情報ということで、
かるかや をあげておきたい。

1968年に西武百貨店(池袋)に出店ということは、よく分からないが、生き馬の目を抜く
というデパートのお食事部門のなかでは、これは老舗中の老舗といえるのではないだろうか。
お汁の味付けは、ネットでの紹介を読む限りは東京アレンジというか、濃いめのようだ。

西武池袋線の池袋駅の西武百貨店の屋上
(デパ地下はともかく、デパートの屋上ってなかなか
行っていないなぁ、東京に住んでいて今みたいに
小さな子どもがいたら行っていたのかもしれないけれど・・・)
に、讃岐うどんを名のるお店がずっと存在していたことなど知らなかった。

300円といううどん一杯の値段は、東京のターミナル駅の一つとしては安く感じる。
今まで訪ねてきた香川のさぬきうどんの、特にセルフ店とは比較しようにもないが・・・

ここで、無理にまとめる必要はないのだけれども、まとめのようなことを書くと、
「東京のうどんなんか不味くて食えるかぁ」と豪語しているかのような関西人も、
ちゃんとうどんを比較しながら言っている点に注目してみたい。

讃岐うどんの国からやってきた香川県人は、何だか別な食べ物という感じで、
比較の対象ではなくて、冷静に東京のうどんというものを見ている感じがする。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-27 12:52 | 七草
2006年 09月 27日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (6)

必ずしも7軒をあげるという形では収らなくなってしまったが、

 夢う(むう)  清水屋 SIRAKAWA の三店の大将は、
いづれも香川県が就職の支援や人材育成を目指して開講しているという
讃岐うどんの職人育成コースの第1期生であるという。
(県立高松高等技術学校の「さぬきうどん科」)

地域もうどんの特徴も違うように思えるこの三店舗は、是非とも一日でまわってみたい。
同じ先生に習った(と思うのだが・・・)のにも、なぜに材料は小麦粉、塩、水という
シンプル素材でできている純白のうどんに個性というものが出てくるのか・・・という
うどんの本質というよりも、個性というものの本質を勉強できるような気がするからだ。

ああ、この検証には、是非とも出かけてみたいものだ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-27 00:35 | 七草
2006年 09月 26日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (5)

普段の記事は私事ブログであるので、私事であっても恐縮はしないが、
香川県には旧・綾歌郡綾歌町岡田付近に知り合いがいて、その家から
映画の『UDON』でも重要な役割を果たす讃岐富士が見える。

この讃岐富士が見えるポイントはうどんが美味しいらしい。

私の知り合いの家から近いポイントの ふるさと(沼池製麺所)に行きたい。
しかし、この製麺所系のうどん店は、親子三代でやっている製麺所系のうどん屋さん
なんだなぁ。親子三代でやっている寺院というのはけっこう知っているが、うどん屋さん
でやっているのは珍しいのではないかなぁ?

この綾歌郡は、複雑な合併の仕方をしたらしく、とりあえず旧・綾歌郡綾歌町は
丸亀市といっしょになっていたことを発見する。

以前、閉鎖されたレオマ・ワールドは、NEWレオマ・ワールドとなって再開して
いることも、今回のうどんについての検索などで知った。

大阪のユニバーサル・スタジオは、周辺に美味しいお好み焼き屋さんがたくさんあるが、
香川の復活したレオマ・ワールドの周囲は讃岐うどんのお店や製麺所がいっぱいなのだ。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-26 06:39 | 七草
2006年 09月 23日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (4)

高松市の 鶴丸 にも一度行ってみたいなぁ。

ここはうどん店には珍しく営業時間が 20:00~翌4:00 までやっているのだ。

メニューのなかでは、カレーうどんで有名なようだが、いなり寿司やおでんなどもある。

この、おでんという副産物にちょっと注目したい。

昔、長崎の佐世保に行った時に、割と大衆的な長崎チャンポンのお店で、そのスープで
作っていたおでんがあったので食べてみたら、これがけっこう美味しかったので
びっくりした。元々、九州は全体的に練り物(かまぼこ等)が盛んで美味しいということも
ありますけれどね。

というわけで、こういううどん屋さんの(だし汁などの副産物を利用した)おでんというのも、
是非とも味わってみたい。それで一杯やりたい。

そして、酔った時のうどんの旨さ、これは下戸の方には申し訳ないが、最高である。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-23 18:23 | 七草
2006年 09月 22日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (3)

丸亀市飯山町の なかむら ほど伝説にあふれたうどん店はないだろう。

香川県内の大衆うどん店、または直接製麺所でうどんを食べられる場所(マーヒーは
このスタイルに憧れる)でセルフ・サービスというのは知られてきたが、
この、なかむらではネギも自分で切る。しかも、有名になる前は、何と自分で畑から
ネギをとってきて切ってトッピングしていたという、究極に近いセルフ店(製麺所型)で
あったという。

このお店(製麺所)は、麺通団によって1990年頃に発見された。
これも、学校の試験に「讃岐うどん」という学科があれば、試験に出るところかも
しれないが、よく考えると、これはコロンブスがアメリカ大陸を発見した、というニュアンスに
近い。コロンブスに発見される前にすでにネイティブなアメリカンは生活していたのだから。

なかむらには、付近の住民の方々がここで畑からネギを取り、納屋で
セイロに並べてあるうどんを取り、置いてあるまな板と包丁でネギを切り、
しょうゆをかけて食べ、食べ終わったら置いてある缶の中にお金を入れていたのだ。

現在は、料金先払いシステムとなり、道路も駐車場も広くなったらしいが、
数多くの伝説に彩られた場所には変わりはない。

しかしここでもうどん一杯が150円だ。行きたいと思うのはもちろんだが、
短期間でもいいので近所に住んでみたいものだ。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-22 00:34 | 七草
2006年 09月 21日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (2)

香川県仲多度郡琴南町の奥部、土器川源流にほど近い場所、ああ、そこに行きたい。

なぜその場所を訪れたいか、
それはこの谷川米穀店
があるからである。

まず、この谷川米穀店という名前のうどん店の名称に、マーヒーは
いい意味での 看板に偽りありを感じてしまう。
こういう名称が、大好きだ。

看板に偽りありというと人聞きが悪いが、たとえば(いい例やたとえが浮かばないが)
横浜駅の駅弁で有名な シウマイ御弁当 崎陽軒 710円 税込 は、シウマイだけが
美味しいのではなく、他のおかずたちも美味しいのだが、名称は、やはり シウマイ弁当
でなければいけない。

谷川米穀店という名前の、素晴らしいうどん店があることに、まずはそそられてしまう。
最初は文字通り、本来はうどんとは炭水化物のライバルであるはずのお米を販売する
お米屋さんが、その副業としてうどん店を開いたのだろう。しかし、そのうどんが
素晴らしすぎた、ということなのだろう。


四国新聞社のホームページでの情報からの

(平日)         11:00~13:00  (月曜日定休 ただし変更有)
(土)(日・祝)     11:00~13:00 

という、営業時間の短さ(と感じる)も、かえって興味をそそられる。

そして、うどん玉はひと玉200グラムあるというのに、うどん一杯が熱いのでも
冷たいのでも105円という安さに、本当か?と思ってしまう。

この105円を何杯か食べるために、数万円かけて香川に行くということになるのだろうね。

そのうどんの特徴は? と、ここで再び 
 『麺通団のさぬきうどんのめぐり方・西日本出版社 993円』 を参照させていただくと、

  かつて私は谷川の麺を「セクシー」と表現した。それはおそらく、
  ばあちゃんや奥さんや、女性の手で作られていたせいもある。
  最近は男性の手が加わって、間違いなくうどんに「男の筋肉」が
  入り始めているが、それでもあのピチピチ感が失われないのは、
  山と清流の精霊がそこにいるからに違いないと言っておこう。(後略)


と表記されている。元々、食べ物に関することを書くという作業自体には文章力や
表現力というものが要るのだろうが、この麺通団の田尾団長の豊かな表現力には
まいってしまう。だって、みんな基本的には小麦粉と塩と水だけでできている純白のうどんの
わずかな違いをこうやって文章にしていくのですよ。 まったく、まいってしまいました。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-21 02:21 | 七草
2006年 09月 20日

恐るべき讃岐うどん (まだ味わってないが) ベスト7 (1)

まず、いつか宮武うどん店 (香川県仲多度郡琴平町) に行ってみたいものだ。

何だかこの10年の間に、全国的にジワジワと讃岐うどんのブームは広がっていて、
「讃岐うどん巡礼88カ所」なんていうものをする人たちも現れているみたいだ。
そういう讃岐うどんを100件以上(讃岐には800軒以上のうどん店があるといわれている)
食べ歩いた人たちに
「あなたの好きなうどん店はどこですか?」
というアンケートをとったところ、

宮武うどん店  やまうち  あたりや  松岡  

という4軒が上位トップ20に名を連ねたという。

実は、この4軒は宮武うどん店を祖とする親戚関係にあるらしい。

 (資料・・・麺通団のさぬきうどんのめぐり方・西日本出版社 993円)

※ こういう、普通はどうでもいい情報が、バカ話といっしょに克明に記されて
  いるのがたまらない。このムック本も、明らかに『恐るべきさぬきうどん』の
  流れのなかにある。

わはははははは、四国新聞社のホームページで調べたら、けっこうこの4軒は
エリアも違うし、写真の店構えもみんな違うぞ。ああ、奥が深いなぁ。

マーヒーが学生時代に、香川県出身の僧侶から

 「讃岐の法事では、会食の中盤か最後に必ずうどんが出る。
 他のものは残してもいいけど、そのうどんを残すと大変な失礼にあたる」


という伝説(でも事実みたいです・・・)を聞いていたが、
何年か前に、やまうち で法事があった時に、宮武ファミリーが勢揃いするというので、
山陽放送のディレクターが「こんな豪華な機会は逃すわけにはいかない」というので、
取材に行き、実際に やまうち の 湯だめうどん というのが出てきたらしい。

 ※ この、普通はどうでもいいような情報も
     麺通団のさぬきうどんのめぐり方・西日本出版社  から得たもので、
   もうたまりませんね、この本は。

うどん界の 宮武ファミリー !  これは学校の科目に 「讃岐うどん」 というものが
あったら、試験に出そうですね。
試験に出そうなポイントを絞ると、この四軒の宮武ファミリーは藤原屋さんという
ところから天ぷらを仕入れているそうです。

マーヒー加藤
 
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-20 11:54 | 七草
2006年 09月 19日

マーヒーのうどん体験(3)

b0061413_311533.jpg香川県からJリーグ入りを目指しながら日々活動しているサッカーチーム高松FC(フットボールクラブ)は、2006年に入ってから名称を カマタマーレ讃岐と改名している。天皇杯の香川県代表決定試合では高松大学に2-1で勝ち、本戦の1回戦でロッソ熊本に0-5で敗れた。しかし、このカマタマーレの名前の由来は、かまたまうどんである。かまたまうどんというのは、カマタマーレのシンボルマークに見えるように、釜揚げうどんの湯切りしたものに生玉子を落とし、そこに醤油またはかまたま専用の醤油タレをかけて食べるという、香川県綾歌郡の山越うどんがその発祥らしい、讃岐うどんのメニューの名前である。まあ、うどん界のカルボナーラという感じだろうか。 ちなみにマーレという言葉はイタリア語で「海」のことだから、カマタマーレというチーム名から連想するのは、うどんと生玉子と醤油で満たされた瀬戸内海の光景である(爆)。すごいなぁ・・・この名前のチームが、今年はすでに敗退したけれど来年以降の将来において天皇杯を制する可能性がゼロではないし、うまくいけばJ2→J1→世界的名門クラブという道を歩んでいくのだ!  そして、このカマタマーレの公式ホームページのリンクから四国新聞社を訪ねてみると、これがまたビックリだ。四国新聞のサイトの項目が ニュース スポーツ 天気 イベント 求人 就活 防犯 うどん エンタメ ショッピング ・・・と以上の項目にわかれている。彼の地では、うどんは防犯やエンターテイメントと同列の項目になっているのだ。そして、その うどん の項目の充実ぶりといったらどうだろう! 素晴らしすぎるぞ!  この充実したうどんサイトに加えて、映画のUDONのモデルというかモチーフ?となっている麺通団の『恐るべきさぬきうどん』(新潮文庫)や『超麺通団』(西日本出版社)をもとに、これらの多くのデータをもとにして、久しぶりのベスト7もの(七草)を書いてみたいと思う。香川には2回行き、美味しいうどんも食べた経験はあるが、これらの情報から、「行ったことがないが行きたいうどん店ベスト7」 を選び出してみたい。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-19 00:54 | 草評