<   2007年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 30日

つり吉 に行きたい

ちょっとだけ知り合いという男同士が、ビールでも片手にする話は、
たまたま趣味が一致しているという場合を除いて、
次のような話題が多いのではないかと勝手に想像する。

車の話 
だいたいメカニックなものを好きな男性は多く、
そのなかで共通の話題になりやすいのが乗っている車や
欲しいと思っている車の話。
その車が家族構成やライフスタイルのようなものとも関連していることが
とても多いように感じる。

野球の話
最近はちょっと下火であり、30歳代半ばよりも若い人の場合、必ずしも野球は
特別なスポーツではない感じだが、それ以上の年代の男性は、
だいたいひいきの野球チームというものがあり、
そのひいきの野球チームが一致しなくとも少年時代に好きだった選手の話題や
放課後の草野球体験を語り合うことなどで盛り上がることが多い。

ラーメンの話
地方によってはうどんやソバなどの他の麺類が非常に強いところがあるが、
通常は日本の男というのはたいていラーメンが好きであり、
(醤油味に限るとか、豚骨がいいとか、好みにうるさい人は多くても、
ラーメン自体が嫌いだという人に、今まであまり会ったことがない)
ひいきのお店はどこだとか、麺は細い(太い)のが好きだとか、そういうことを
語りあって盛り上がることがよくある。

というわけで、先週にちょっとしたホームパーティがあり、
そこでちょっと知り合いの男同士の間で、非常に盛り上がったのが
3番目のラーメンの話であった。

その流れで、マーヒーは
「最近行ったラーメン屋さんで、これは美味しかったというところありますか?」
と尋ねてみると、非常に強い関心をもたざるを得ないコメントをいただいた。

 新潟県の川口町に、釣り堀があるんですよ。
 その釣り堀のオヤジさんがたいへんなラーメン好きで、
 その釣り堀の敷地にラーメン屋さんを出しちゃったんです。
 名前が『つり吉』という、何だかラーメン屋さんらしくない名前なんですが、
 そのラーメンが濃いめの醤油味で何とも美味しいんです。


マーヒーは、こういう、いい意味での「看板に偽りあり」
大好きなのだ。以前、うどんについて書いた時も、香川県でもっとも行ってみたい
うどん屋さんの一つに 谷川米穀店 をあげさせてもらった。
ここも、何となくうどんにとっては同じ炭水化物のライバルのような存在である
日本人の主食を扱う米屋さんが、当初はついでのように店先でうどんを出していたら、
そのうどんの美味しさが評判を呼び、現在は香川県のなかでも常に人気上位の
うどん屋さんとして知られるようになっている。

そういうわけで、この 『つり吉』 というお店には、ものすごい関心をもってしまった。

そういえば、この新潟県の川口町は、あの中越震災でもっとも大きな被害を受けた
地域の一つである。

とにかく、話を聞いた日にさっそくネットで検索をしてみた。
長岡市の歯医者さんが作っているホームページのなかで、この
つり吉についてのかなり詳細なレポートが記されていた。

たまたま(と拝察いたします)であるのかもしれないが、このレポートは
中越震災前と、震災後となっていることも、たいへん貴重ではないかと感じる。

正直言って、能登沖大地震が起こってから、わずかだが書き貯めもしていて
半ば慣習的にやっている『徒然草』の超訳と震災に少しでも関連すること以外は、
記事の更新をためらってきたのだが、この つり吉 さんのラーメンを見つめていて、
この「ラーメン一杯」のなかにも、何かが見えるような気がしてきた。

能登はもちろん、中越にも、まだまだ「日常」に帰れない人たちがたくさんいる。
この「草仏教ブログ」も、社会的な意見や大それた提言を述べることもたまにあるが、
多くは私(マーヒー)の素朴な日常をつれづれに書き散らしているだけなのだが、
その素朴な日常というものが、この上もなく貴重なものに思えてきた。


マーヒー加藤

※ つり吉の存在を教えていただいた、この話題のおかげで
   「ちょっと知り合い」→「かなり知り合い」となったTさんと、
   長岡市の姫ちゅさんに感謝します。
   姫ちゅさんのホームページですが、ラーメンの他に温泉や
   マラソンのことについて書いてあるコンテンツも、たいへん読み応えの
   あるものであり、楽しく、素晴らしいホームページであるように感じました。


 
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-30 22:42 | 草評
2007年 03月 29日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第112段)

明日は遠國へ赴くべしときかん人に、心閑かになすべからんわざをば、
人言ひかけてんや。
俄の大事をも營み、切に嘆く事もある人は、他の事を聞き入れず、
人の愁、喜をもとはず、とはずとて、などやと恨むる人もなし。
されば、年もやうやう闌け、病にもまつはれ、況んや世をも遁れたらん人、
又是に同じかるべし。

人間の儀式、いづれの事か去り難からぬ。
世俗のもだしがたきに隨ひてこれを必ずとせば、願も多く、
身も苦しく、心の暇もなく、一生は雜事の小節にさへられて空しく暮れなん。
日暮れ塗遠し。吾が生既に蹉だたり。諸縁を放下すべき時なり。
信をも守らじ、禮儀をも思はじ。
此の心をも得ざらん人は、物狂ともいへ、うつつなし、情なしとも思へ。
毀るとも苦しまじ、譽むとも聞き入れじ。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第112段)

b0061413_21132261.jpg


明日になればどこか遠くの国へ旅立ってしまうという人に、
じっくり腰をすえてしなければならないような仕事を誰が言いつける?
突然起こった重大事件に対処しなければならない人や、
ひたすら嘆き続けるしかないような不幸に遭ってしまった人は、
自分が直面していること以外を耳に入れる余裕もないし、
他人の不幸を見舞うこともできず、慶事をお祝いすることもできない。
お見舞いができなくても「どうして来てくれないのか」なんて恨む人や文句を言う人もない。
であるから、年齢も盛りを過ぎて老境に入った人や、病気で床にふした人、
ましてや俺みたいに世間を捨てて隠居した者は、そういう人と同じ状況だと言ってよい。

世間でいつも行われる冠婚葬祭などのセレモニーは、みんな避けにくい。
世間の習慣を無視するわけにもいかないからという理由で、
そういうことをきっちりときまりの通りにやろうとすると、やることが多くなり、
自分の身にとっても酷使をすることになっちゃって、心を休めるヒマもなくなり、
自分の一生はこまごまとした雑用と義理立てにほとんど使われることになり、
空しい生涯に終わってしまう。
もう日は暮れちゃって、さらにこれからの道のりは遠いみたいな感じ。
自分の人生はつまづいちゃって、行き詰まっちゃった。
今こそ、心身のすべての束縛を捨てちゃういいチャンスだ。
もう義理も人情も仁義も礼儀にもかまっちゃいられない。
この気持ちが分からない奴は俺のことをクレイジーだと、そう言いたきゃ言えよ。
マッドでなおかつドライすぎると言いたいなら言えよ。
誰が何と言おうと俺は気にしないよ。
もしもマレな人がいてくれて、そんな俺をほめてくれても・・・それも気にしないのだ。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-29 20:47 | 徒然草
2007年 03月 28日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第111段)

「圍棊、雙六好みてあかしくらす人は、四重五逆にもまされる惡事とぞ思ふ」
と、或ひじりの申しし事、耳にとどまりて、いみじく覺え侍る。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第111段)

b0061413_23492536.jpg


「囲碁や双六などゲームが大好きで日夜を過ごす人は、
昔からあるレイプ、盗み、人殺し、詐欺という四つの罪や、
父殺し、母殺し、聖職者殺し、人の修行の妨害行為、
寺や仏像の破壊などの五つの反逆罪よりも重い罪なことをしてると思うなぁ」
と、ある聖人が言っていたのが、いまでも耳の底に残っています。
本当にその通りだなぁと思います。
(わかっちゃいるけどやめられない)

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-28 23:28 | 徒然草
2007年 03月 27日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第110段)

雙六の上手といひし人に、其の行を問ひ侍りしかば、
「勝たんとうつべからず。負けじとうつべきなり。
いづれの手か疾く負けぬべきと案じて、その手をつかはずして、
一めなりとも、おそく負くべき手につくべし」
といふ。

道を知れる教、身を治め、國を保たん道も、又しかなり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第110段)

b0061413_19552763.jpg


ゲームの達人と言われている人に、その必勝法をうかがってみたら、
「勝ちたいと思って打ってはいけない。負けないように打たなくちゃ。
こんな打ち方をしたらすぐに負けちゃうなぁと思ったら、
そんな打ち方はやめて、ちょっとでも負けるのが遅くなるような打ち方がいいね」
と言った。

これはゲームとは言ってもその道を熟知する人のコメントであり、
自分の身を正し、国を治める人もこうでなくちゃいけないな。

超訳BYマーヒー

More
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-27 18:58 | 徒然草
2007年 03月 26日

地震の時、志賀原発は?

昨日、能登沖大地震(今日も震度5の余震があったが)
の発生時に、震源にもっとも近い原子力発電所である
志賀原子力発電所はどうなっていたのか?

原子力発電の是非そのものを問う議論も当然あるが、それ以前に、
まず日常感覚として、地震が起こった時、自身と家族の安全を確認したら、
次に起こす行動はストーブなどの火を消し、ガスの元栓を閉めるという、
二次災害を防ぐ行動をとると思うし、それはほとんどの人にとって当たり前の
発想であり役割だと思うのだ。

地震が起こった時に、震源地からもっとも最寄りの原子力発電所が
どうなっていたのかが気になるのは当然だと思う。
これは地震の被災地だけでなく、日本国内はもとより、世界中の人々にとっても
対岸の火事ではない問題でもあることであろう。

志賀原子力発電所の1号機、2号機は地震発生時には稼働していなかった。

例の臨界事故隠しの影響とタービン故障で、それぞれ停止中だったのだ。

そして、それでも1号機の使用済み核燃料の貯蔵プールが揺れて、
放射性物質を含んだ水(飛散したのは約45リットルで、覆っているシートの
外に漏れたのが約8リットルらしい)が原子炉建屋内に
飛び散ったことが確認されている。
志賀原発は震源から10キロ以内の直下型地震でマグニチュード6.5を想定して
建設されているという。
今回の地震はマグニチュード6.9で震源から約18キロ離れていた。
ギリギリでセーフ、と感じるのは私だけだろうか?

能登沖地震の発生時、1号機、2号機が稼働していなかったということが、
実は、もしかしたら、私たちが予測できないほど、とてつもなくラッキーなことで
あったのかもしれない。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-26 19:38 | 草評
2007年 03月 26日

高岡教区仏教青年塾

このブログはいろいろな方にお読みいただいております。感謝しております。
そのなかで、私の仕事上、所属上の関係で寺院の関係者、
特に真宗大谷派の関係の方々にも読んでいただいているかと思いますが、
高岡教区仏教青年塾では、富山県西部の
安否確認をはじめとして、情報と連絡の集約を行っていただいています。
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-26 07:17
2007年 03月 25日

地震

今朝、午前9時50分過ぎ、マーヒーの住んでいる地域(新潟県下越地方)でも
震度3の地震があった。実はこの時間帯、マーヒーは車を運転しての移動中で、
地震があったこと自体に気がつかなかった。最近はほとんど車のなかでは音楽では
なくてラジオを聴いているのだが、なぜか今日に限ってボブ・マーリィーを聞いていた。

帰ってきてから家族から大きな地震があり、今回の地震は中越地震の余震とは
ちがい、
(しかし確かに新潟県中越地方でも震度5の揺れがあったようだ) 
能登半島沖が震源であるということだと知った。
震度6強で被害の大きい地域として七尾市や輪島市などがあげられていた。

今回、被害の大きい石川県、富山県は、同じ宗派の寺院が多いため、学校や
研修などで知り合った知り合いが多い。
墓石がすべて倒壊してしまった寺院もあるという。

しかし、まずは知り合いはもちろんのこと、無事であって欲しい。
無事であれば、電話回線にさらに迷惑をかけてはいけないという理由も
あるが、安否を尋ねなかったり、すぐにお見舞いをしなかったなどという非礼は、
後からお詫びしたい。

無事でいてください。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-25 19:07 | 雑草
2007年 03月 24日

娘に弱いマーヒーだ

b0061413_128569.jpg来月から小学校3年生になる長女だが、最近は父親であるこのマーヒーに対して「うざい」という言葉を投げかけるようになった。こっちも、うざい父親でこそマトモだと開き直ってきた矢先に、またこれがどうしても娘に対して弱い父親の顔にならざるを得なかったのが、終業式でまとめて返してもらってくる作文や絵である。そこには「お父さんが遊んでくれて楽しかった」という言葉や、ニコニコ笑っているマーヒーの絵なんかが描かれているのだ。まいったなぁ・・・弱いなぁ。  写真は、実はこれがけっこう前の写真なのだが、誕生日に、「何が食べたい?」と尋ねると「お父さんの作ったオムライス」という可愛いことを言うので、ハッピーバースディを描いたオムライスである。ケチャップで、即興で描いているうちに、なんせマーヒーは英語の綴り(スペル)に自信が持てないことは元アメリカ合衆国副大統領のダン・クエール並というか、もっと正直に言えばダン・クエール以下なので、瞬間的な迷いが出てしまってDAYの文字が切り離されてしまった。これは失敗作ということでマーヒーが食べる分になってやり直し。

b0061413_1282785.jpgというわけで、二作目は英語はやめて顔のようなものを描いた。昨日見た、娘が描いたマーヒーの絵の目と口が、このオムライスの絵に似ていたように思えてきたのでジーンとしてしまったのだ。







マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-24 00:28 | 雑草
2007年 03月 22日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第109段)

高名の木のぼりといひし男、人をおきてて、高き木にのぼせて梢をきらせしに、
いと危くみえしほどはいふ事もなくて、おるる時に、軒長ばかりになりて、
「あやまちすな、心しておりよ」
と言葉をかけ侍りしを、
「かばかりになりては、飛びおるるともおりなん、如何にかくいふぞ」
と申し侍りしかば、
「其の事に候。目くるめき、枝危きほどは、己が恐れ侍れば申さず。
あやまちは、やすき所になりて、必ず仕る事に候」
といふ。

あやしき下臈なれども、聖人の戒にかなへり。
鞠も、難き所を蹴出して後、やすく思へば、必ず落つと侍るやらん。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第109段)

b0061413_20572742.jpg


世間から木登り名人と呼ばれる男が、人に高い木に登らせ、
枝を伐採させている時の話だが、とても危険な状態に見えたときは何も言わず、
木から降りてくるときに家の屋根の高さぐらいまで降りた時に、
「怪我をするなよ。用心するんだぜ」とアドバイスをおくったので、
「こんな高さまで降りてくれば、飛び降りようと思えばそれも可能な高さじゃないですか。
どうして今さらそんなアドバイスを?」
と聞くと、
「それなんだぜ。クラクラするほど高い場所で、しかも枝も折れそうなんて場所では
自分で危ねぇのが分かっているから俺は何も言わん。
怪我ちゅーもんは、安全だと思って気がゆるんでいる時に必ずやってくるんだぜ。」

怪しい木登り名人の話だが、その言葉は聖人と言われる人の戒めの言葉と同じだ。
サッカー(蹴鞠)の世界でも、ワールドカップクラスのリフティングをカッチョよく決めた
直後に蹴りそこなってボールを落としてしまうのだとか。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-22 20:41 | 徒然草
2007年 03月 21日

今日はお彼岸の中日

b0061413_6341612.jpgお彼岸の期間の一週間は、毎朝6時に鐘をつく。12月から実に暖かい冬だったのだが、「春を待つこともない冬だったなぁ」という3月を迎えていたのだが、今年はお彼岸の入りから雪が降ってきて寒い寒い。もしかして「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざなんか当てはまらない時代が来てしまっていて、ようやく冬がやってきたの?という感じだ。気象予報士のなかには4月に大寒波を予想している人もいて、暖かい冬の間は笑われていたが、こうなってくるとそれもアリだ。既報予報士の皆さん、それから気象庁の皆さん。開花時期なんか外しても、今年は難し過ぎると思うので、テレビの前でいっせいに頭を下げるスタイルの謝罪なんかする必要がない。「私がわるかった」という個人なんかが出てくれば、それはそれでスゴイが・・・
とにかくお彼岸の中日だ。キャンプ地でオープン戦を行っている中日ドラゴンズの選手たちも、お彼岸の中日だ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-21 06:42 | 雑草