草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

マーヒーのバードウォッチング

b0061413_0233867.jpg バードウォッチングの経験が豊富だと勘違いされたことがある。マーヒーの主なバードウォッチングは、アウトドア系鶏料理が焼けるのをジッと見ていたり、焼鳥屋で鶏肉が串に刺されていくところをじっくりと観察したり、それに塩がふられたり、タレが塗られたりするのをウォッチングすることは確かに趣味といえば趣味だ。 それを僧侶仲間に「オレ流バードウォッチング」だと風雪の流布をしたのが間違いで、ある団体からホンモノのバードウォッチングの講師をしてくれないかという依頼があったのにはビックリしてしまった。








(依頼者)「最初にバードウォッチングをはじめられたのはいつ頃ですか?」
(マーヒー)「うーん、東京勤務時代の阿佐ヶ谷、吉祥寺、荻窪、高円寺といった
中央線沿いですかねぇ・・・あっ、それから新橋!」
(依頼者) 「えっ?中央線沿いでどんなものが観察できましたか?」
(マーヒー) 「えーっとセセリ、ハツ、ナンコツ、つくね・・・とか」
というような、おバカなやりとりが始まる前に恐縮しつつ固辞をさせていただいた。

また話はおバカな展開になるが、マーヒーが好きな焼き肉屋さんは
新潟県の荒川町の坂町病院の近くの 「白鳥」 というところだ。
もともと 「白鳥」 というパチンコ屋さんがあって、そのパチンコ屋さんの
敷地にあった焼き肉屋さんなのだが、そのパチンコ屋さんはすでになくなった
のだが、焼き肉屋さんは残ったのだなぁ。

ああ、考えてみれば新潟県の冬から春先は白鳥ウォッチングができる
ポイントの宝庫なのだ。

サッカーJ1のアルビレックス新潟の本拠の東北電力新潟スタジアムも、
愛称は 「ビッグスワン」 だもんなぁ。
というよりも、命名権の関係で報道などでは「ビッグスワン」は単体使用
できないそうだが「ビッグスワン」 の方がピンとくるなぁ。

というわけで、写真は2月下旬に、ほんの10分だけでも
ホンモノのバードウォッチングをしてみようと立ち寄った
新潟県の神林村のお幕場大池公園というところ。

新潟に転勤してきた知り合いが田んぼのなかの白鳥を見て感激し、
どこか白鳥ウォッチングをできる場所は?と尋ねられてここを教えたが、
マーヒーが文字(メール)で教えたので 「お幕場」 を 「お墓場」と間違えて
ちょこっと迷ったらしい。

墨田区両国横網(住所)も、ほとんど 横綱と書かれてしまうらしいから
仕方ないか。

ちなみに 横網 が正解で
 横綱が間違いね。

相変わらず、おバカなことを中心に論じてきましたが、
写真に撮った おまる (と勝手に名づけました) も、
今頃は北に向かって旅立って編隊飛行中ではないかと思います。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-31 00:23 | 雑草
2008年 03月 30日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第202段)

十月を神無月と云ひて、神事に憚るべき由は、記したる物なし。
もと文も見えず。
但し、當月、諸社の祭なき故に此の名あるか。

此の月、萬の神達、 大神宮へ集り給ふなど云ふ説あれども、其の本説なし。
さる事ならば、伊勢には殊に祭月とすべきに、その例もなし。
十月、諸社の行幸、其の例も多し。
但し、多くは不吉の例なり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第202段)

b0061413_23575735.jpg


十月のことを「神無月」と言って、お祭りをしちゃいけないと書いてある
文献もないし、そういう考え方をするようになった由来もわからない。
ただ逆に、もしかしたら十月はどこの神社もお祭りがないもんだから
このネーミングが与えられたのだろうか。

この十月にはたくさんの神様が伊勢神宮に集まるという言い伝えも
あるが、それもまた確かな根拠や由来がはっきりしない。
もしもそうだとするならば、伊勢神宮では十月は特別なお祭り月間に
なるはずなのに、そういう前例も慣例もない。
十月の神社へ天皇の行幸例は多い。
ただし、その多くはおめでたくない理由によるものだ。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-30 23:45 | 徒然草
2008年 03月 29日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第201段)

退凡下乘の卒都婆、外なるは下乘、内なるは退凡なり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第201段)

b0061413_2021864.jpg


インドの霊鷲山(りょうじゅせん)にあるという
「STAFF ONLY」と「車両通行止」の看板の表示は、
まず、山の登り口の外側に「車両通行止」があり、
それから奥に入って「STAFF ONLY」がある。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-29 20:11 | 徒然草
2008年 03月 28日

ちょっと寄り道

b0061413_0463870.jpg 荒川(東京都の荒川ではなくて新潟県の荒川)沿いを 波平くん (HONDA AIRWAVE)で用事のために走っていて、帰り道にちょっと車を停めて10分だけの散歩。 家族でピクニックにくるのにものすごくいい場所を発見したので、4月になったら再訪してみたい。 発見といっても、すでにあって人も住んでいたアメリカ大陸をコロンブスが「発見」したようなノリだ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-28 00:08 | 雑草
2008年 03月 27日

春のブログ定食

b0061413_0115822.jpg実は2月下旬のことなのですが、早くブログにアップしないと春から初夏になってしまうので、蕗(ふき)について書きたいと思います。2月下旬なので、写真のものは地物ではなくて愛知県の知多半島産の、いわゆる「早モノ」です。ワゴン車なので折らずに積めましたが、長くて勇壮な姿でスーパーに売られていました。長すぎて超広角を持っていないために写真には入りきれませんでした。包丁で四分の一にカットしても、まだ画面に収りませんでした。ちなみに、最近の私は、愛知県というと岡崎や名古屋の僧侶仲間よりも、なぜか、このブログにもコメントをよく寄せてくださる屁無頼さんのことをイメージすることが多くなりました。

b0061413_012372.jpgというわけで蕗を塩でもんでからサッと茹でて皮をむいてカットしました。これを大量のカツオブシと醤油で煮ていきました。蕗というのは、子どもの頃はそんなに好きではなかったのですが、いつ頃からでしょうか?大好物になっていました。4月を過ぎて蕗の地物が出始めたら、寺の竹やぶでとれるタケノコといっしょに煮ものなんかにするのはたまらなくいいです。しかし、知多半島産も「春を告げてくれる」という感じで大好きです。ちなみに、うちの長女(9才)は、この蕗というものが大好物です。

b0061413_0125534.jpgこの日は、ブログ仲間が多い富山産のホタルイカの茹でたもの(この後、カラシ酢醤油をまぶしていただきました)と、やはりブログ仲間が多い宮城県産の茎わかめ(これはポン酢マヨネーズでいただきました)とのセットになりました。 「想像力を使って美味しくする」 という特集もいずれ組みたいと思っているのですが、こういうお料理の時は 「ここは京都の先斗町の一見さんお断りのお店の奥座敷で、このオバンザイをいただいている」 というパターンの想像力を使うことが多いのですが、今回は、ドバイの七つ星ホテルで友人の(本当は一見もない)モハメド殿下が、わざわざ私のために新潟の地酒とともに愛知、富山、宮城から空輸をしてくれたものを食べているという設定の想像力を使いました。何だか美味しかったです。最後に、これまたブログ仲間が多い、海外にご在住の皆様、美味しくてごめんなさい。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-27 00:30 | 草料理長
2008年 03月 26日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第200段)

呉竹は葉細く、河竹は葉廣し。
御溝に近きは河竹、仁壽殿のかたに寄りて植ゑられたるは呉竹なり。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第200段)

b0061413_0585012.jpg


同じ竹なんだけど呉竹というのは葉が細く、
河竹の葉は幅が広い。
京都御所の清涼殿の庭に流れる川に近い方が河竹で、
その庭の西にある仁寿殿寄りに植えられているのが呉竹だ。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-26 00:02 | 徒然草
2008年 03月 25日

粒焼(26) 包丁

包丁は
調理のために使う
人を育てるため、育むための
道具だぞ!


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-25 15:47 | 雑草
2008年 03月 24日

1番・ピッチャー今宮健太くんに注目したい

草野球活動は、まだちょっと先になるけれど、
気がついたら野球はパ・リーグは開幕し、
(開幕戦は3試合とも1点差ゲーム)
テレビをつけたらレッドソックス(ボストン)が
ジャイアンツ(日本の巨人)とオープン戦をやっていた。

続きを読む
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-24 00:01 | 草野球
2008年 03月 23日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第199段)

横川行宣法印が申し侍りしは、
「唐土は呂の國なり。律の音なし。和國は單律の國にて、呂の音なし」
と申しき。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第199段)

b0061413_2223399.jpg


比叡山の横川で修行した行宣法印が、
「中国というのは基礎になっている音階が
ろれつがまわらない、という時の語源にもなっている
呂律(ろれつ)で、日本の音階とは違うなぁ。
日本は雅楽などで呂律を用いることがあるけど、
やっぱり音階が違うね、ない音があるよ!」
と言っていた。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-23 22:11 | 徒然草
2008年 03月 22日

粒焼(25) 黄砂

中国のことを
考えていると
黄砂が
なおさら
身にふりかかってくる
感じで
気になっちゃうなぁ


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-03-22 23:00 | 雑草