<   2008年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

煮タマゴ(煮た卵) の作り方

b0061413_1940250.jpgラーメン屋さんのラーメンに入っているような半熟のタマゴ、中華風の前菜としてもなかなかではないでしょうか。 マーヒーは10年ほど前にスーパーで買った生ラーメンの袋の裏に 「煮タマゴを加えると美味しいですよ」 と作り方をわざわざ指示してくれていた小さな文字で印刷されていた文章をみて、その作り方で煮タマゴを作っています。 もう、どこの何という生ラーメンか忘れたし、おそらくロングセラー製品にはなれなかった生麺の袋入りラーメンだったのでしょうが、この作り方を教えてくれたそのメーカーに感謝したいと思います。 (どうやって感謝すればいいのだろう?) 
b0061413_19403353.jpg まず、冷蔵庫から取りだした生卵を50度ほどのお湯(指を入れ、こんな熱い風呂に入れるか!という程度の温度で、いつも適当です)に7分間つけます。その7分の間に、またお湯を沸かしておいて、熱い50度のお風呂に7分間浸かってもらった卵を今度は熱湯で8分間ほど(火は弱火でいいみたいです)煮ます。その卵を次に冷水(氷の入った水なら完璧)に浸して殻をむきます。 次にその卵をしょう油、酒、みりんをお好みでブレンド(マーヒーは薄めた出汁しょうゆ5、日本酒4、みりん1ほどの割合で、適当に作ります)した汁に3時間以上漬け込み完成。 それまでは、土鍋で水から卵を煮たりとか、いろいろ教わった方法で試してみたのですが、卵の個数や気温や火力の差など、上手くいく時もあれば卵に申し訳ないことをしてしまったような時もあり安定していませんでしたが、このラーメンの袋に印刷してあった方法で、いつでもまずまず満足できる煮タマゴを作れるようになりました。 うちでは、お客さんにおでんを出す時には、タマゴだけはあらかじめ作って冷蔵庫に入れておいた煮タマゴを、盛りつけの際にほかの具といっしょにこっそり皿に加え、熱々の汁をかけて出します。 タマゴを食べたお客さんが、熱々のおでんのなかのタマゴなのにトローっと半熟なのにビックリします。

マーヒー加藤

追記

苦情をいただいたわけではありませんが、ふと思って追記します。
7分(湯漬け)&8分(熱湯で煮る)の時間ですが、これは大きなタマゴ
(黄味部分も大きい)でやっている時間です。
サンプルにした写真(ブログ記事)も、けっこう大きなサイズのタマゴでした。

小さなサイズのタマゴだと、(さっきやってみました) トーストの付け合わせ
のタマゴとしてはちょうどいい半熟ですが、8分だとトローっと感は出ません。
7分(湯漬け)&7分(熱湯煮) を推奨させていただきます。
ちなみに、7分&7分で大きなサイズのタマゴでも、いかにも煮タマゴと
いうものができますし、覚えやすいので、7分&7分が確実です。

さらに追記

この夏の間、ブログ記事に反響があったこともあり、何度も煮卵を
作ってみましたが、お湯浸けを8分、熱湯で煮る(弱火)で6分というのが、
かなり小さめのサイズでも、個数が多くても、ある程度トロトロの煮卵に
なることが判明いたしました。
8分&6分、これは黄金比です。

2008年9月1日
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-31 19:58 | 草料理長
2008年 07月 30日

サンダーバードの秘密基地

b0061413_22304128.jpg これは新潟県の山北町(現在は村上市)のカフェのテラスから見える風景です。 このカフェは、製塩所も併設もしているので、アイスコーヒーにはニガリが入っています。 で、テラスから見える風景なのですが、イギリス生まれの人気TV人形浄瑠璃である 「サンダーバード」 の秘密基地にとても似ているそうです。 

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-30 22:36 | 雑草
2008年 07月 30日

NHKの趣味悠々 ダッチオーブン入門の8回目を見た

b0061413_152032.jpg NHKの趣味悠々 「ダッチオーブン入門」 の8回目のテーマは 「燻製料理に挑戦」 だった。燻製(くんせい)を野外ならではのものとして紹介されていた。煙が出るからだが、実はマーヒーはほんの2ミリだけフタを開けた状態のダッチオーブンで換気扇をまわし続け、けっこうインドアでも燻製を作成している。煙センサーが入っているアパートに住んでいた時代には作れなかったので、現在は喜んで作っている。 作った燻製をデジカメで撮ったものがないかどうか探してみたが、見つかった写真はチクワが一本だけ残った状態のもの。チクワの燻製は、大人のビールのつまみ用に作るのだが、なぜか子どもが大好きですぐになくなっちゃうのだ。 NHKの番組ではアワビをはじめとして高級な材料が多かったなぁ。ちょっと燻製にするにはアワビなんかは躊躇(ちゅうちょ)しちゃうな。 チクワのように普段から味に親しみがあるものが 「えっ、燻製にするだけでこんなに味が変わるの?」 というようなものがいいな。 でも、今度、タコはやってみたいな。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-30 01:15 | 草料理長
2008年 07月 29日

NHKの趣味悠々 ダッチオーブン入門の7回目を見た

b0061413_21151984.jpg6月から毎週木曜日の夜が楽しみになった。全9回のNHK教育の 「ダッチオーブン入門」であるが、今週の木曜日が全9回の9回目(最終回)である。録画で見ているので、やや原稿が遅れたが、せっかくなので感想も完結を目指したい。 さて、7回目のテーマは 「王道のローストチキン」である。これはダッチオーブン料理ならではの料理であり、時々やるようになった。気がついたことは、クリスマスシーズン以外に肉屋さんに鶏の丸ごとを予約して頼んでおけば、「意外と安くすむ」 ということである。 行きつけの肉屋さんでは、岩手産の鶏を料理する三日前に注文しておけば、やや小ぶりながら丸ごとの鶏が800円前後で手に入る。昼食にそれをダッチオーブンで丸ごと料理するとして、残りで5人家族が満腹になるほどのチキンカレーもそれを流用してできる。
b0061413_21155382.jpgさて、放送ではローストチキンの作り方が参考になったことはもちろん、 「ハンギ」 というものを紹介していただいたことが嬉しかった。 これは、講師役の大宮勝雄さんが野外料理というものに目覚めるきっかけになったものらしい。ニュージーランドの先住民マリオ族の料理で、大宮さんがニュージーランドのホテルで働いていた20代の頃に覚えたものらしい。大地に穴を掘り、材木などを入れ点火し、その上に焼けた石を入れて食材を入れ、水でぬらした麻布などで覆う。大地を天然のダッチオーブンにしてしまう豪快な料理だ。大地オーブンと呼びたい。 この撮影に関してはキャンプ場の許可を得て穴を掘って豪快な料理をしたらしいが、これができるキャンプ場はおそらくものすごく限られている。許可を得られたとしても60センチ以上の穴を掘るというのがものすごく大変だ。 でもマーヒーは、「これは海の砂浜ならできるのではないだろうか?」 とふと思った。 湘南や神戸の須磨ビーチなどでは無理だ。(焚き火自体が禁止のところがほとんどだ) でも、新潟の海なら直火での焚き火ができるところもあるし、堀るのも、燃えカスやゴミを片付けた上で穴を埋めるのも砂浜ならばできるのではないか? ということをふと思ってしまった。実行に移すかどうかはわからないが・・・


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-29 21:39 | 草料理長
2008年 07月 28日

宮商和して (親鸞聖人 浄土和讃より)

清風宝樹をふくときは
いつつの音声いだしつつ
宮商和して自然なり
清浄勲を礼すべし


雅楽をされている方からのご講義を拝聴して、
このご和讃(わさん)について、今までかなりの
勘違いをしてきたことに気がついたので記しておきたい。

宮商和して
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-28 00:47 | 草仏教
2008年 07月 28日

ちょっと推考

実は、吉田兼好法師の 『徒然草』 第219段の超訳に手間どっている。
分量的なことだけをいえば全体、全243段の89%のところまできたのだが、
ここからがなかなか手応えがありすぎる。

2年半前に、吉田兼好さんが、自分の書いたものを草庵の壁などに
貼って、来客からのコメントを楽しんでいたというところから、
徒然草の自分流の解釈をこのブログに掲載していくことをはじめたのだが、
その頃から、いくつかの段について、 
「自分流、自己流にやるとしても、これをどうやって自分の言葉にできるのだ?」
というものがいくつもあったのだが、219段も、バッチリそういう段のなかに
入っている。

しかし、難しいから嫌だというのでもなく、
そういうものが、かなりおもしろいなぁと思ってしまうのだった。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-28 00:37 | 徒然草
2008年 07月 27日

きのうはビールをたくさんのみました

b0061413_2354682.jpg きのうのマーヒーは、久しぶりにレイ・チャールズのサングラスをかけて牛になりました。牛になっていると、仲間がやってきて、牛が2頭になりました。それから、トトロとペンギンとぜんまいざむらいと、目立たないカッコで来ましたという迷彩服の戦士も含めた人間のお友だちと、たくさん生ビールを飲んで、仲良く暮らしました。たくさんビールを飲んだので、いいサシが入った立派な和牛として前向きに生きていける気がしてきました。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-27 23:54 | 雑草
2008年 07月 26日

家族が増えたぞ・・・ペットだが

b0061413_0571176.jpg 6月からインコを飼っているので紹介したい。 名前は、まだオスなのかメスなのかわからないうちに娘が「ランちゃん」 と命名した。 娘の意図は何となくわかる。 私がキャンディーズ好きなので、将来は 「スーちゃん」 と 「ミキちゃん」 を仲間に加えたいのだ。 しかし、「ランちゃん」 は、どうもオスらしいと最近になってわかった。 でも 「ランちゃん」 である。 どうも、娘と息子をバードウォッチングに連れていき、娘の方は鳥にハマってしまったということをこのブログ記事にも書いたが、とうとうインコを飼うところまでエスカレートした。 ただ、マーヒーもエサをやっているうちに私の手にとまり、ちょっと情がうつってしまったぞ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-26 01:07 | 雑草
2008年 07月 25日

驚異の財テクを思いついてしまった

日本では、いろんなものの値上げラッシュだ。
原油価格が高騰しているので、ガソリンが、
1リットルあたり180円前後だろうか。

小麦粉、バター、マヨネーズ、それから物価の優等生といわれる
卵まで値上がりしている。

エネルギー関連商品、または間接的にもエネルギーというものを
使用している製品の値上げが大きくとりあげられるのだが、
鉄など資源系の製品の値上げもかなりのものだという実感がある。

昨日、ホーナー(ドイツ製)のブルースハープ(10穴ハーモニカ)を
買ったら 3600円 という値段でビックリした。
ついこの前まで2500円以内だったように思う。
(そのこの前は1年前だが)

思わず、怪しげなトラックバックが多くやってきそうなタイトルを
つけてしまったが、30年ほど前に、
「1円玉を作るコストに1円10銭かかる」 という話を聞いたことがある。
不思議な話だったが、1万円札を作るのに原価が仮に1枚20円かかるとして、
1円玉30枚の方が、貨幣価値という先入観を外してみれば、価値がある。

30年ぐらい前の話なので、今は、1円玉を作るのに2円や3円かかって
いても全然不思議な話ではない。アルミというものも高騰しているようだ。

「犯罪ではないので、1円玉を貯め込んでやろうか?」

と、ふと思った。
通貨として使えなくなったら、かえってしめたもので、
流通している通貨を意図的に変型させたりしたら犯罪の一種になるが、
通貨としての価値がもしも破綻したら、額面以上の価値がある
大量のアルミを保有しているということになる。

この小市民革命は、実行に移す価値があるかもしれない。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-25 23:52 | 草評
2008年 07月 24日

地震がありました

先ほど、7月24日 0時26分ごろ地震がありました。
私の地域では、震度3ほどの揺れが1分30秒ほど続きました。
震源地は岩手県沿岸北部で震度6強とのことです。

青森でも震度6弱の地域があるようです。

大きな被害がないことを祈ります。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-07-24 00:38