草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

24時間テレビの歴代ランナー

この夏、エコや地球環境をテーマにしたテレビ番組が多かったのだが、
「地球温暖化を止めよう!」
というようなことが画面から言われるたびに、
マーヒーは急いでテレビのスイッチを切る。
いちおう、私なりに筋は通していると思う。
そういうことをテーマにするのであれば、放送局が24時間放送を休む方が
筋が通っており、いやらしい話だが社会的な宣伝効果やインパクトは
大きいというものであろう。

では、ひとつのテーマを長時間放映する元祖的な存在である日本テレビの
「愛は地球を救う」 は、どう見ればいいのか? 
あるいは、徹底的に無視して見なければいいのか?

30年以上続けてきて、テレビを通じて福祉やボランティアということ
に目を向け、一定の社会貢献を果たしてきたはずなのに
「何をいまさら」 という声が強い。
あるいは、テーマと表裏一体のところにある 
 「偽善」 の部分の方が
見ている者にクローズアップされる。

偽善は偽善として、かならずまとわりつくものであり、
偽善と見られても、あるいは自分で偽善だと思ってもやるのがボランティアと
いうものだと思うのだが、
「愛は地球を救う」の場合、テレビ放映では偽善に徹することもできず、
24時間テレビの開始から10年ちょっとが経過したあたりで必然的に生まれて
きたのが、その24時間のなかで長距離を走る芸能人ランナーの存在で
あると思う。
ひたむきに走る芸能人の姿をときおり写すことにより、
24時間テレビはテーマと向かい合うことの整合性をそれなりに見つけた
のだろうと思う。

「何のために走るのか?」
という問いは、非常に哲学的なもので、有名な登山家が
「なぜ山に登るのか? それはそこに山があるから」
と答えたのと同様に、
「そこに道があるから」
と答えられなくもないが、
日本テレビの 「愛は地球を救う」 の歴代ランナーは、
「そこにギャラがあるから」
とは大っぴらに言えないような偽善のなか、しかし偽善を
つらぬき通すような、何のためにテレビで24時間なのか?
走っている自分は社会的に役に立っているのか?
という疑問をもってはいけないような、もたざるを得ないような。

そういう、複雑な構造をした不条理と戦いながら走っているように
思える時がある。

歴代ランナー一覧 (走った時の年齢と距離)
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-31 05:31 | 草走
2008年 08月 30日

探訪・横田基地(6) ギャラクシーのなかで

b0061413_2234612.jpg この日米友好祭中に一般開放されている米軍のC-5A機のなかで、おもむろに ウニ を取りだしてみた。 マグリットなどが描くシュールレアリズム絵画というのは、 「ないはずのものがある」 というのがコンセプトだったように思う。 ミリタリールック(ファンションではなく本職)のアメリカ人が、何か私に質問したげだった。これは何か?ときかれたら、urchinという試験に出ない英単語は発音されたのをまだこの耳で聞いたことがないし、まあ発音が似ていると言い張れば似ていないこともないだろうから 「ウニ」 と答えるであろう。 では、それが何の意味があるのか?お前は何をしたいのか?と聞かれたら、これはたとえ同行の義理の父に聞かれたって答えられないのだ。 「あるはずのものがない」 という問題も、まあ大事だわな。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-30 02:37 | 草評
2008年 08月 30日

探訪・横田基地(5) 野外ステージ

b0061413_0372817.jpg 愛知県の岡崎市周辺、そして名古屋市周辺では豪雨の被害が大きいようだ。特に岡崎市では亡くなられた方や行方がわからなくなっておられる方がいる。 そのような重大な被害があるので、それに対比させることは不謹慎だが、どうしようもない生活実感として、一昨日をはじめ、近年、予定して楽しみにしていた草野球の試合予定が雨で流れてしまうことが多い。 10年以上前から草野球をやっているのでものすごく感じる。日本は、多少の地域差はあるものの、もともと雨の多い国なのだが、10年前は 「草野球ができる霧雨」 が多かったように思う。それが昨今は、試合が中止に追い込まれる熱帯低気圧系スコールが多いような気がしてならない。 横田基地を訪れた8月24日の東京地方も、草野球の試合はまず出来ない雨が降り続く一日だった。 写真は、バンドのトップバッター、アンモナイツ というオールディーズを演るバンドが野外特設ステージで準備をしているところだ。



看板に驚くべき出演者(バンド)を発見
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-30 00:37 | 草評
2008年 08月 29日

探訪・横田基地(4) ポッポポッポポ~

b0061413_0402569.jpg 8月24日当日は終日雨だった。 横田基地の第5ゲートからメインになる会場までは、100円を払って写真のような乗り物で移動するということもできる。歩いても6分か7分かというぐらいの距離なので、マーヒーと義理の父(日本人妻シャラポアのお父さんと一緒に行ったのです)は歩いて移動する。運転士は写真のように子どもをひざの上にのせてフレンドリーに手をふってくる。彼の普段の仕事や立場や階級のようなものは、私はまったく知らない。普段のことはまったく知らないので勘なのだが、横田基地内のアメリカ人も、この日を楽しみに過ごしているというような雰囲気は感じとることができた。

b0061413_0413539.jpg 箱のコンテナで次々と人が 「輸送」 されていくのを見ながら歩く。 普段はこの乗り物、横田基地のなかのどこに仕舞ってあるのだろうか?

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-29 00:41 | 草評
2008年 08月 28日

探訪・横田基地(3) 入門編

b0061413_0303168.jpg さて、念願というよりはもっといい加減な気持ちで、気になっていた塀(へい)の内側に初めて入ることになった。ちょっと前までは、この日米友好祭という開放日には妻(日本人のシャラポア)の実家のすぐ近くのゲートからも入ることができたらしいが、現在は基本的には 「第5ゲート」 という門からのみ入るようだ。 第5ゲート前に、「持ち込み禁止のもの」 というような注意事項を記した看板が建っていた。 なぜか 「お酒はもちろんダメだし、ニラやニンニクみたいなものも持ち込んじゃダメだよ」 というようなことが書いてある比叡山や高野山の寺院を思い出しちゃった。 それにしても、とにかく凶器になるものは持ち込んじゃいけないことはわかるが、塀の内側は武器や兵器の宝庫、あっ宝庫という言葉は不穏当だけど、それがニンニク皮肉っぽく思えた。

b0061413_0305922.jpg 翌日の新聞によれば、私が行った8月24日(日)の総入場者数は54000人ということだったらしい。甲子園球場が満員の時の人数だ。 この日は終日雨が降っていたので、例年だともっと多いという。地元ではけっこう定着しているバザーでありフェスティバルのようだ。第5ゲートの前で列ができ、一応というか、バックなどをもってきている人は開けて中身を見せなければならないが、写真撮影が禁止されているわけでもないので、コンサートの入場チェックよりもスムーズだった。私のチェックの担当者はブロンズヘアにブルーの瞳の若くて美しい女性だったので、ボディチェックをされたらどうしよう?と思ったが、半開きのウエストバックを外からさわって、OK!と言っただけだった。ボディチェックをされたらどうしよう?という問題は、杞憂(きゆう)というよりは期待はずれ的に終わった。
 マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-28 00:45 | 草評
2008年 08月 28日

探訪・横田基地(2) ヘイ!ヘイ!ヘイ!

b0061413_23412461.jpg 東京都内に気になる三つの塀(へい)がある。ひとつは都心の皇居。皇居の塀の内側に入るにはお正月の一般参賀に行く、宮内庁の職員になる、園遊会に招かれる、清掃奉仕団に参加するなどの方法があると思うが、私には入る機会はないと思う。 皇居という場所のすぐ後に何だが、日本最大の刑務所である府中刑務所(左の写真)という場所の塀も気になる。ここに入るには、まず正規のルートという表現はおかしいが、日本国内で犯罪を犯すという方法がある。収容定員が2800名ほどなのに現在は3000名を越えていることもあり、これは絶対におすすめはしない。それ以外でここに入るには、刑務官などの関係職員になる、弁護士になって再審のための接見に行く、宗教者になって教誨(きょうかい)に行く、関係団体や組織を介して慰問に行くなどという方法があると思う。ここの塀は高い。全盛期のブブカ選手がグラスファイバー製の棒を持てば何とかクリアできる高さで、エレーナ・イシンバエワ選手でギリギリの高さという感じだ。


 
b0061413_23421072.jpg さて、変な前置きを書いてしまったが、三つ目の気になる塀が横田基地だった。東京都内のおそろしく広大なスペースに塀がはりめぐらされている。戦闘部隊こそ常駐していないものの、日本最大の米軍基地で、米軍におけるアジアのハブ空港的な役割をしていると言われている。ここに入る方法は・・・またグダグダと書いてもいいのだが、まずは1949年頃を最初に8月か9月の週末に2日間 「日米友好祭」 という開放日(基地の全域ではない)が設けられている。そのフェスティバルの開催中に入場するというのがもっとも簡単な方法ではないかと思う。今年は8月23日(土)と24日(日)がその開催日にあたっていたのだが、24日にちょいと出かけてみたという次第である。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-28 00:26 | 草評
2008年 08月 27日

探訪・横田基地(1) 横田基地のなかの神社

b0061413_0262536.jpg あるホテルに泊まった時、その隣にある某ハイテク企業の本社ビル屋上にある神社が部屋の目の前だった。まあ驚くことはない。某有名新聞社の屋上にも神社があり、某有名出版社の屋上にも神社があり、「祭政分離」の原則との兼ね合いは謎だが長野県の諏訪市役所の屋上にも「お稲荷さん」の神社があるのだ。融通無碍(ゆうずうむげ)なのかデタラメなのか。 成田という場所には国際空港だけでなく交通安全をテーマにする神社があるが、その神社ができた頃の「交通安全」は牛車に轢かれる事故が10年に一度あったかなかったかで、飛行機の交通安全なんてレオナルド・ダヴィンチぐらいしか考えたことはなかったはずだ。「交通事故」と言われるものが増加した時代に、「交通安全」の願いをテーマとする神社が脚光を浴び、併せてやたらと「交通安全」というキャッチコピーを書き加えた誰かがいたという話だろう。 成田の「交通安全」を祈願する場所への初詣の帰り道には、けっこう交通事故が起こっているのではないかな?
b0061413_027041.jpg ともかく、横田基地のなかに神社があるという噂を聞いていた。これは本当ならば、少なくとも新聞社や出版社以上のインパクトはある。そして、日本の米軍基地のなかということであるならば、これまた日本でも有数の「参拝しにくい神社」というべきであろう。 参拝はしないが行ってみた。電飾で「WELCOME TO YOKOTA HOME OF THE SAMURAI」の文字。この鳥居はくぐれないので鳥居の形をしたオブジェというべきで、神社といっても横浜ベイスターズの必勝を祈願する横浜駅東口地下街「ポルタ」の大魔神神社(1999年に撤去され、ご神体?は佐々木投手の故郷の仙台市内の某神社に安置されているとか)の感じではないだろうか。撮影場所の足元にはロープがはってあり、この撮影場所から先には行けない。ロープを乗り越えて、そこに見える太鼓橋を渡ってみたい気もするが、命がけでやるほどのこともない。鳥居(の形をしたもの)に少しは驚いたが、それよりも HOME OF THE SAMURAI の文字の方に驚きは大きかった。これが横田ベースキャンプのホームベースなのだ。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-27 00:52 | 草評
2008年 08月 26日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第221段)

「建治、弘安の比は、祭の日の放免のつけ物に、
異樣なる紺の布四五反にて馬を作りて、尾髪にはとうしみをして、
蜘蛛の絲かきたる水干につけて、歌の心などいひてわたりし事、
常に見及び侍りしなども、興ありてしたる心ちにてこそ侍りしか」
と、老いたる道志共の、今日も語り侍るなり。

此の比は、つけもの、年を送りて過差事の外になりて、
萬の重き物を多くつけて、左右の袖を人に持たせて、
みづからはほこをだに持たず、息づき苦しむ有樣、いと見苦し。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第221段)

b0061413_22432566.jpg


「建治(1275~1278年)や弘安(1278~1288年)の時代の
賀茂神社の葵祭の日には、釈放された軽微な犯罪者が警備をして
行列に加わっています。
その警備員が着ている衣装には数メートルのネイビーブルーの布数メートルで
馬の形をした飾りをつけ、灯心でシッポやタテガミ部分を作り、
その飾りは蜘蛛の巣を描いた衣装の表面に付け、
和歌のスタンダードナンバーの意味を言いながら祭の行列に加わり、
都大路を練馬練り歩くという光景をよく見ましたが、
あれを考えたのは名プロデューサーだと思いました。」
と引退したエリート官僚が、今でも懐かしげに語っていたりする。

最近になって、この飾り物は年々飾りがエスカレートしていき、
かなり重たくなったものをたくさんつけて、過剰に重くなってしまったので
左右のスタッフに両袖を支えられて本人は鉾も持てず、ハアハア息を切らして
いる様子はカッコ悪くてとても見ていられない。

超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-26 22:26 | 徒然草
2008年 08月 26日

ウニ(東京美研製)の初登場は なぞかけ問題

b0061413_018518.jpg ウニ のブログ記事初登場にして、さっそく なぞかけ問題ですが、 寿司屋のウニとかけて戦闘機ととく そのこころは? 何かひらめかれた方はコメント欄にお気軽にどうぞ。  正解がない場合、あるいはコメントが何もない場合でも、今週末か来週明けにはマーヒーの解を More の欄を使って発表します。 シュールな解はもちろん、マーヒーの予定している解よりももっと面白いもの、もちろん大歓迎であります。

マーヒー加藤




そのこころは
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-26 00:22 | 雑草
2008年 08月 25日

北京オリンピック 野球の決勝戦 キューバVS韓国

北京オリンピックの野球の決勝戦は見応えがあった。

キューバの野手陣の野性的な反応とジャンピングスローは
見ていて爽快だったし、
(中日にいたリナレス選手も30歳までは、注目された打撃力
だけでなく、三塁の守備がものすごかった)
韓国の左ピッチャーの柳賢振という21歳の投じるボールの
素晴らしいこと。特に右バッターのアウトコースぎりぎりいっぱい
のボールは、直球も変化球もまさにギリギリいっぱいであって、
最終回(9回)に捕手の抗議での退場騒ぎはまさかという感じ
はしたものの、そういうことが起こっても不思議ではないぐらいに
ギリギリに投げていた。

韓国のプロ野球リーグは、今年の開幕戦から、オリンピックで
使用されるボールを使っていたらしい。

国際試合のたびに、使用されるボールが違うということも、これは
困った問題だが、韓国に負けた日本とは、そういうところでも
本気度が違ったというべきだったのだろう。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-08-25 15:47 | 草評