草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

コッヘル68番  タコしゃぶ (タコのしゃぶしゃぶ)

b0061413_1644416.jpg でへへへへ、わてらタコしゃぶやってまんねん。まずはシャラポア(妻・日本人)の自白から。 「はい、夫のマーヒーにすすめられて昨年の夏ぐらいから4~5回ほどタコしゃぶをやりました。タコはタコ焼で食べたり、そのまんま焼いたり、あぶりでもやっていましたが、やっぱりタコしゃぶというものは1回は試してみたかったので、ついついやってしまいました。クセになりました。それに、ローカロリーなのでタコしゃぶをやっていると痩せてくるような気がしたのも魅力のひとつでした。最後には出来上がったタコしゃぶに黒いポン(酢)をかけていました。今では10歳と7歳はもちろんのこと、3歳の子どもまでがその味を覚えてしまっています。タコしゃぶをやっていると、タコ焼もそうですが段々とハイテンションになってきて、もう止められないと思っています」 という供述をそのままブログに載せることにする。 

b0061413_16443528.jpg 続いて、その夫のマーヒーの自供。 「わはははははっはははは。そうでんな、初めてやったんは大阪でしたわ。もうそれからもうタコしゃぶに夢中ですわ。タコしゃぶの味を1回覚えたらやみつきですわ。人にもずいぶんと勧めてしもうた。しばらくやってへんと禁断症状が出てきますな。」 ということで、反省はまったくしていないようだった。夫婦の証言に若干の食い違いはあるものの、共通しているのは 「合法料理・タコしゃぶ というものはハマる」 ということだった。 刺身でも食べられるタコをまさにしゃぶしゃぶのようにさっとお湯にくぐらせて、ぽん酢をかけて食べる。合わせる野菜はネギでもいいし水菜でもいいけれど、タコの他に野菜は一種類だけというぐらいがいいみたいだ。写真の場合は水菜のみである。 

b0061413_1645425.jpg というわけで、酒井法子(のりピー)の所属していた芸能事務所であるサンミュージックには 小島よしお や 鳥居みゆき という、ヘンな薬物などまったく使わずして立派にハイテンションを演じられる後輩たちがいたのに、のりピーはそれを見習うことがなく覚醒剤に手を出してしまって残念であった。組織犯罪を追求する捜査5課(あの水谷豊の「相棒」も捜査5課という設定になっている)が取り調べをしているというのは相当に背後を捜査しているのだなぁと思う。 のりピーは、まずは罪の意識に覚醒して欲しい。夫とともに、人の親であることにも覚醒して欲しい。 というわけで、(だいぶふざけたが) タコが嫌いな人や文化的にタコを食べたことがない人に無理やり勧めるということさえしなければまったく合法であるシンプル料理の タコしゃぶ は とにかくクセになります。 


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-31 17:17 | 草外道
2009年 08月 31日

供託金

さすがに衆議院の選挙となると 羽柴秀吉 の名前は見かけなかった。
しかし、 ドクター中松 の名前は見かけた。

産経新聞の直撃インタビューで ドクター中松 は
「供託金は党が用意する」
と答えていた。

供託金というと、法務局の供託所が預かるお金のことも指すが、
ここでは選挙で選挙管理委員会等に対して供託するお金のことを
述べたいのだが、

衆議院小選挙区では一人の候補者に 300万円  を供託し、
有効得票総数の10%以上を獲得できないと没収点に達し、
この300万円は返ってこない。

供託金制度の発祥の地であるイギリスの没収点が
有効得票総数の5%ということなので、
日本は没収点をクリアーするハードルは高い。

比例代表では 600万円 。

そんで、これは気になっている人も多いのだが、
なぜか報道はほとんどされないし、ネットでもあまり情報を
見つけることができないのだが、
約11億円の供託金を預けた、 あそこ の心配をすることは
おかしい?

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-31 02:09 | 草評
2009年 08月 30日

粒焼(46) 朝起きたら・・・

♪ 朝起きたら・・・
  日本の政権 
  変わってたぁ~


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-30 11:27 | 雑草
2009年 08月 29日

自由民主党が行なう民主党へのネガティヴ・キャンペーンは明らかに逆効果だよ!

衆議院議員選挙は、すでに期日前投票をシャラポア(妻・日本人)と
ともに済ませてきた。

直前まで迷ってはいたが、印刷物をきっかけに迷いがなくなった。

More
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-29 00:55 | 草評
2009年 08月 28日

名曲草鑑賞(18) 小林万里子の 「朝起きたら・・・」

まず、楽曲の方は こちら である。

8月は真ん中にお盆があり、比較的忙しいのでずっと録画を貯めていた
桑田佳祐の 『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』 を今頃になってまとめて
観ていたら、桑田佳祐の怪演によって、かなり久しぶりに小林万里子の名曲を
聞いた。

桑田佳祐は女装してこの曲を演奏し歌う必要はなかったと思う。
巨匠の域にありながら、そのサービス精神には一目おくものの、
女装でない方がこの楽曲のブルーズ・ミュージックとしての王道ぶりがクッキリと
浮かび上がった気がするからだ。

しかし、この曲をとりあげてくれ、その存在感を取り戻してくれた点で
桑田佳祐に感謝したい。

この曲が出た1978年、聞いていきなりぶっ飛んだ。
ただ、この曲に限らず小林万里子のうみだす楽曲は
フェミニズム運動に結びつけられることも多く、
その本流にある 「コミカルな哀愁」 というブルーズの醍醐味が
ストレートに伝わってこなかったのではないかとも思う。

まさにブルーズ進行 (私の場合はE→A7→B7) のこの曲を
ギターで歌っていたら、7歳の長男が大爆笑し、
3歳の末娘が

「あちゃ おきたら おとこのちゃいどが きゃわってたぁ~」

と、幼児言葉ながら見事なブルーズの息づかいと関西弁アクセントで
歌い出した。

「♪ぬちゅんだ バイクで はしりだちゅ」
「♪ おれのアンコはタバコがちゅきで いつもプカプカプカぁ~」

に続いて、3歳に相応しくない3部作という感じになった。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-28 12:51 | 草音
2009年 08月 27日

コッヘル67番  ねぎキムチの冷やし中華

b0061413_0523332.jpg 猛暑が続いた昨年の夏は実によく冷やし中華を食べた。二日に一度は昼食か夕食に冷やし中華を食べたんじゃないかなぁ?今年の夏はひと言では言いあらわしにくい天候や気候だったが、それでもあえてそれをひと言で表現すると 「冷やし中華はあまり食べなかった夏だった」 ということになる。 それでも、昨夏にくらべたら機会は半減したものの、今年もいくつかの新しい冷やし中華のバリエーションが生まれた。 そのなかで良かったのがこの 「ねぎキムチ」のバージョンである。 キムチの大きめのパックや瓶詰めを買ってきて、その残り汁がもったいないと思ったことはありませんか? そこに切ったキュウリを入れて一晩置いて 「なんちゃってオイキムチ」 にしたり、タコを切ったのを入れてみたり、その両方を入れてみたりした。(これはなかなか美味しいものなので、そのうちにこのシリーズにも登場させる予定です) ネギを縦に細切りにしたものを市販のカクテキ(大根キムチ)のパックに浸しておいたら、その作戦のなかでの効能が非常に発揮できた。残り汁を吸ってくれている。ネギのキムチを専用に作るのではなく、いわば二次使用という肩の力の抜け具合もいい。第一、単品としてもとても美味しい。 そして、それを冷やし中華に投入した時に 「これは冷やし中華革命だ!」 と思った。 なぜならば、冷やし中華の定義は難しいが、まず一般的にラーメンの仲間である。ラーメンの仲間であり、それぞれの好みによって色々な野菜が投入されるケースが多いのにもかかわらず、なぜかラーメンといちばんの仲良し野菜であるはずのネギくんが投入されることは希だということを逆に発見してしまったからである。(つけ麺のラーメンというのはこれまた定義は難しいけれども冷やし中華とは別ジャンルだと思う) しかし今回、キムチという形で冷やし中華にトッピングされたネギくんは 「旧友との再会」 という趣を見せた。 「やっぱり私の親友は君だった」 と冷めた中華麺くんも語りはじめた。 しばらくの間 (ふた晩ほど) 韓国に留学に行っていていたネギくんは辛酸をなめて深みを増し、中華麺くんとの感動の再会を果たして抱き合ったという感じだった。両者が 「今まで冷たくしてゴメンね」 と謝りあうような関係がそこにはあった。冷たくなったコッヘルのなかで、両者は刎頸(ふんけい)の友としての暖かい交友関係を再確認したのである。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-27 01:20 | 草外道
2009年 08月 26日

中京大中京 VS 日本文理高校 9回表の伊藤直輝選手へのコールについて

b0061413_21265151.jpg この写真はデジカメの記録が間違っていなければ、2006年の3月26日の午前11時39分。日本文理高校が甲子園での春の選抜高校野球で高崎商業を破り、初勝利をあげた直後のものである。マーヒーはこの前日、神戸で友人の結婚式があり、神戸空港から新潟に帰る飛行機は夕方だったので、ちょうど甲子園球場で観戦していたのだ。写真のとおり、バックネット裏の大会本部席のすぐとなりで横山投手(現在阪神タイガース)の投げる凄いスライダーを観た。 しかし、今日、記事の内容から本当にアップしたい写真はこれではなかった。携帯電話に付いたカメラで、甲子園に掲示板として掲げられていた 「高校野球を観戦する皆さんへの注意事項」 を撮っていたのだが、まさかこういうことが起こるとは思えずに消去してしまったようだ。 その注意事項のひとつに 「高校野球では選手の個人名をコールしての応援は慎んでください」 と書いてあった。 どんなスーパースターが登場しようと、そこはプロ野球と違って高校生なのだから応援上や観戦上、個人名をコールすることはしないということはよくわかる。 その、一種の禁止事項を知ったうえで、やはり自然発生的に起こった9回表の日本文理高校の攻撃で伊藤直輝君の打席での 「イトウ!イトウ!」 という、アルプススタンドに反響して球場全体がうねるようなコールには心を動かされた。 ほとんどの人が伊藤君に打って欲しいと思ったのだ。 5試合で650球以上も一人で投げ抜いてきたエースピッチャーに、打って欲しいと思ったのだ。他に投手がいないから一人で投げ抜いたのではなく、代えようとした大井監督さんに野手陣が 「伊藤を代えないでくれ」 と言わしめるほどの精神的支柱だったのだ。したがって、9回表のコールは、単なる選手個人へのコールではなく、さまざまな思いが個人に集約される形で巻き起こったコールだったと考える。 もしかしたら、中京大中京の応援団のなかにさえ伊藤君には打って欲しいと心から思った人もいたかもしれない。 そして打った。続いて、本来はブルペン捕手の石塚君(マーヒーの旧姓と同じなので親しみもつなぁ) も初打席があの場面にして初球のカーブを快打するタイムリーヒットを打った。ずっと相手の配球を見続け、「初球は変化球でストライクを投げ込んでくるに違いない」と確信していたそうだ。大したもんだなぁ。 伊藤選手は 「最後のバッターが若林というのも運命だと思った、甲子園ではずっと幸せだった」 とコメントしていた。 最後の若林君の痛烈な打球が三塁線に抜け、11-10で勝つことを夢想しなかったわけではない。しかし、もしもそうなっていれば中京大中京の選手にとって一生の痛手になっていた。 野球に限らず、スポーツは台本のないドラマであるが、「誰もが幸せになり、観る人の誰もが満足した」 という、こんな筋書きがあるのか? と思ってしまい、まだ余韻から冷めないでいるのだ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-26 22:01 | 草野球
2009年 08月 25日

甲子園とかけて何と解く?

私の発するオヤジギャグに厳しい、
お笑いへの鋭い審美眼と選球眼をもつ
佐平次さん に珍しくほめていただいたので、
それが嬉しくて昨日の熱戦(決勝戦)の余韻が
まだ残っているうちで何ですが、
ブログ記事にします。

(1) 甲子園のグランドキーパーとかけて
    社民党と共産党と解く

(2) 甲子園とかけて
    ホテルでの大宴会と解く

(3) 甲子園とかけて
     ヘソの下までの入浴と解く
      

そのこころ (1) ~ (3) まとめて
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-25 01:00 | 雑草
2009年 08月 24日

最強の準優勝 日本文理高校 にスタンディングオベーションを贈る

夏の高校野球全国大会 決勝戦。

場所はもちろん 阪神甲子園球場。

中京大中京高校 VS 日本文理高校 

この劇的な試合、後世に語り継がれるだろうあの9回表の
怒濤(どとう)の日本文理の攻撃がなかったとしても、
私は感動していた。

ひょんなことから知ってしまったが
小学校5年生までピッチャーだった捕手の若林君と、
キャッチャーだった伊藤君。
それぞれのポディションを交代し、
それからずっとバッテリーを組んでいる二人。

もっともピッチャーの気持ちを知り尽くした捕手が、
ピンチの状況や劣勢の試合展開のなかで
投手の伊藤君に送るアイ・コンタクト。
それにアイ・コンタクトで応える伊藤君の大きな輝く目。

伊藤君はアトランタ・ブレーブス時代のグレッグ・マダックスのような
制球力でそれに応える。

その 「会話」 に感じ入ってしまった。

そして9回表。

2アウトから何度、「あと一球」 のマッチポイントをくぐり抜けただろうか。
反撃打だけではない。絶対絶命の場面できわどいボール球を
いい姿勢で見送る選手の背中が最高にクールだった。
それも何回も。
改装されて、音響効果は少し変わったが、
アルプススタンドに独特の反響をする異様な渦巻くどよめきを
9回の表の2アウトから何度テレビのスピーカーから聞いただろうか。

中京大中京の選手がファールボールを見失ってしまったのも、
青い空と白い雲が、
「まだこの熱戦を見続けていたい、ずっと終わって欲しくない」
と言っているようだった。

中京大中京の選手のなかには、驚異的打撃能力をもつ堂林君をはじめ、
何人かプロ野球をはじめとして非常にレベルの高いところでプレーする
選手が何人もいるだろう。
その選手たちにも、ひとつのアウトをとることがいかに難しいことか、
鉄のハートで見せることができたのではないだろうか。

最後、若林君が放った痛烈な打球が正面だった。
あと一歩だった。
9-10。
あと一歩及ばなかったが、さわやかだった。

高校野球で甲子園の観客が総立ちでする
スタンディング・オベイションなんて初めて見た。

私もまた、テレビの前で野球帽を脱ぎ、
スタンディング・オベイションを贈った。

銀の準優勝盾が 甲子園の青空のしたで 金色に輝いていた。

マーヒー加藤




 
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-24 17:53 | 草野球
2009年 08月 24日

コッヘル66番  島豆腐のカプレーゼ

b0061413_041432.jpg コッヘル53番が初出だと思うが、この夏に実によく食べたのが沖縄を主な産地とする島豆腐というものだった。これをモッツアレラチーズのように使ってトマトと合わせ、ゴマドレッシングをかけたものは実に美味しい。ただ、やはりカプレーゼと呼ぶには見た目からちょっとムリがある気がした。結婚し、そして特に子どもが生まれてからはこの私、少しは  「見た目」 というものを気にするようになった。やっぱ見た目が鮮やかなものは子どもや妻が喜んでくれる。そうすると私も変わっちゃった。たとえばアウトドアクッキングに限ってもかなり昔からやってはいたのだが、オフロードバイクでのアウトドアが主流だった時代、作る料理の見た目なんか気にしたこともなかった。敵から逃げ回り野営をするブルース・リーがトカゲを焚火で焼いて食べる・・・と、そこまではワイルドではないが、そのちょっと手前ぐらいの感じであった。 それが、家庭をもったらガラッと変わっちゃった。昔のハードボイルド仲間たちよ、ゴメンね。

b0061413_051239.jpg というわけで、まずはカプレーゼっぽくしてみた。キューピーとかAjinomotoなどのイタリアンドレッシング系統もいいが、やっぱりここはシンプルに 「塩をふってその上からオリーブオイル」 というぐらいのシンプルさが島豆腐には味と風味がマッチするみたいだった。 ちなみに島豆腐だが15キロほど離れた地点にあるスーパーで見つけて1丁買い、その味に感動して次の日もそこに行って置いてあった3丁を全部買い占めてきた。 ところが、最近は家から歩いていけるところにある同じ系列のスーパーに 「島豆腐入れてもらえませんかねぇ」 と言ったら、「電話で数を注文してくれたら3日後には入荷させておきますよ」 と応えてくれた。ネットで取り寄せると1丁でも送料が825円ほどかかってしまうのでこれは助かった。送料分だけで3丁買えると思うと何だか得した気分になって5丁も注文してしまった。島豆腐は重いので5丁で2キロだ。しかし、それをすぐに消費して次をまた注文している自分が怖い。 

b0061413_055826.jpg できればこのコッヘルシリーズを通じて私の地元だけにでも島豆腐ブームを起こし、地元の豆腐屋さんが日常的に島豆腐を作り出すようになるのが私の夢だ。信長の野望や家康の陰謀にくらべると小さいなぁ。マーヒーの健忘になるかもしれないが、いちおうそう記しておきたい。そして、ニガリを作っているようなきれいな海も割と近くにあるので、自分で島豆腐を大豆から作ってみるということもやってみたい。 ただ、今は沖縄産のものにハマリにハマっている。さて、話をコッヘル上に戻して、この島豆腐のカプレーゼを見た目で子どもにも喜んで食べさせるにはどうしたらいいか?とちょっと考え、カプレーゼが無くなる直前 (実は見た目を気にしなくてもけっこう子どもは島豆腐を私同様に喜んで食べているのです) この形状が壊れにくい豆腐の特性を活かして、にぎり寿司のような見た目になるようにしてみた。うーん、なかなかいいぞ。あとは、赤、白、に加えてイタリア国旗の緑にあたるものはないか?と食卓の上を見回すと、枝豆があったのでのせてみたのが最初の写真となった。いちおう今のところ、これを島豆腐のカプレーゼということにしておきたい。 


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-24 00:48 | 草外道