草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

直接民主制の可能性

町村総会(ちょうそんそうかい) という言葉を検索していたら、
とてもおもしろかった。

いわゆる 「平成の大合併」 といわれるものによって
日本には新しい市が増えに増えて町や村というのは
少なくなってしまったのだが、
地方自治法(昭和22年法律第67号)第94条及び第95条によれば
町村においては、(市ではダメだ) 条例によって、議決機関である議会を置かずに
それに代えて選挙権を有する者の総会を設けることができることになっているのだ。

逆にいうと、選挙権を有する者の総会を設ければ、議会というものを設置しなくていい。
こうなると、町議会選挙や村議会選挙というものがないのに選挙権を有する者という
ことにも軽く矛盾を感じるが・・・そうか、議会の代りにその制度の上での
町長や村長は選挙で選ばなくっちゃね。

この 「町村総会」 というものが実際にあった例はあるのか?
神奈川県足柄下郡芦之湯村(現在の箱根町の一部)と
東京都宇津木村(現在の八丈町の一部) の2例がある。

宇津木村では1947年から1955年まで総会が設置されていて、
それ以後は日本のどこかでこの 「町村総会」 というものが開かれた
ことはない。 

平成の大合併で範囲も人口も増大した市に吸収されたケースが多いという
ことも考えると、この地方自治法による 「町村総会」 というものは法律自体が
消えていく可能性もあるが、もしかしたらふとした拍子に脚光を浴びるという可能性も
少しあるような気がしてきた。

まず、2006年に長野県王滝村で議会決議で否決されたものの
町村総会の設置を試みる案が提出されている。

さらに、自分の住んでいるところがそうならないことを願うが、
合併して市になったものの総人口が3万人を割っていくほどに
減少していき、町や村に格下げせざるを得なくなるところもありうる。

そんな時、インターネットでもただの掲示板などでは2ちゃんねるみたいに
なってしまう可能性もあるので、ミクシィのような SNS (ソーシャルネットサービス)
を、ミクシィの流用では誰が入ってくるかわからないので専用の SNS を
立ち上げ、 町長さんか村長さんを管理者としながら1年かけて町や村の
諸問題について論議し、議題を採択し、本番の 「町村総会」 は室内に
入りきれる場所がない場合にはアウトドアでということも考えられるが、
SNSで選択して絞った議題の可否のみを問うようにするか、
そして何らかの方法で有権者の本人認証ができるような方法で
すでに議案の可否までもインターネット投票でできることができる時代に
なれば、「町村総会」 はアウトドアでの大懇談会スタイルでもいいわけだ。

そうすると、直接民主制だなぁ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-31 03:05 | 草評
2009年 10月 30日

昨日、プロ野球のドラフト会議がありました

今年も日本のプロ野球球団は ケアレ・スミス (マーヒー加藤) の
指名を回避したな。

3巡目まで、ドキドキしながら指名を待っていたが

 「おっかしいなぁ、まだ私を指名する球団がないなぁ・・・
  あ、そうか地元の野球連盟に プロ志望届け を
  出し忘れていたからいけないのかな?」

と思ったが、調べてみたら どうも高校3年生以外は プロ志望届け という
ものは出さなくていいのだ、 ということが判明してひと安心。
(何を安心しているんですかぁ)

やっぱりMLB純正のヤンキースのユニフォームを着ているので

「ケアレ・スミスはメジャー指向が強すぎる」 として指名が回避されてしまったようだ。

それにしてもニューヨーク・ヤンキースのアジア地区担当のスカウトは
私のところにあいさつにも来ないなぁ。 おっかしいなぁ。


まあ私のことは置いておいて、
福岡ソフトバンクホークス に 大分県・明豊高校の今宮健太くんが
1位指名された。
実は、2008年の3月24日に私は彼についてのブログ記事を書いていた。
「高校野球で打順が1番でピッチャーだという、おもしろい選手がいる」
という内容であった。
そえからずっと注目してきた選手であった。

それが今宮健太投手であった。
身長の方はその当時からあまり伸びておらず171㎝。
でも投手として150キロ以上のボールを投げ込む。
(最速154キロ)
ソフトバンクにはどうも内野手として指名されたようだが、
昔の阪急ブレーブスの山口高志投手のような、
小柄な剛速球投手になってほしいな。

セントラルリーグなら打撃も活かせるわけだが、
まあ今は交流戦というのもあるし、
フィールディングも打撃も走塁もいい速球投手としての活躍を
今後も見ていきたいと思う。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-30 08:20 | 草評
2009年 10月 29日

カラオケのキーの問題 (6)  もっとも合唱コンクールにむかない曲は何か?

カラオケのキーの問題をさぐりつつ、
最初から脱線しているというか、
根本のチューニングの問題にひっかかってしまった。
これに関して、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでの
特別なチューニングと ローリングストーンズのチューニング、
そして徒然草の220段 について全然書いてこなかったなぁと
思った。

でも、それを書き始めるとまたチューニング段階での深みに
はまってしまうので、はやくもこのシリーズは年越しか?という
予感もしてしまう。

まず今回はカラオケにも言及しておきたい。

でも、そこですでに思考の回り道。

この カラオケのキー の問題を書きながら考えつつ、

「合唱コンクールの課題曲としてもっともむかない曲は何か?」

という糸口から入ることにした。

もっとも合唱コンクールにむかない曲は何か?
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-29 02:11 | 草音
2009年 10月 28日

粒焼(52) 消費

テレビなどのマスコミよ。
節制よりも
金や労力の使い方を
教えてくれ。

あんまりないけど。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-28 07:44 | 雑草
2009年 10月 27日

ケッヘルとコッヘル

コッヘルの上に料理もしくは料理らしきものを並べ、
ナンバーをつけていくことは、
私がモーツアルトよりも10年長生きできたことを記念して
今年のお正月からはじめた。
まだ私は交響曲やバイオリン協奏曲はもちろん、
1曲のピアノソナタさえ作曲していない。
冬のソナタ をちょこっと見た程度だ。

そんな私であるが、大作曲家になる前にコッヘル上で
料理らしきものを作ってナンバーリングしておこうと思った。

コッヘルにナンバーをつけていったことは、
ルートヴィヒ・フォン・ケッヘル
(Ludwig Alois Ferdinand Ritter von Köchel 1800年1月14日 ~ 1877年6月3日)
という人がモーツアルトの作品を作曲された年代別にまとめあげたケッヘル・ナンバーを
もって整理していったことのパロディである。

このオーストリア生まれの音楽学者のケッヘルと、
キャンプなどでご飯を炊いたり料理を作ったりする調理器具であると
同時に食器にもなるコッヘルというものは、縁もゆかりもないものだと
つい最近まで思っていたが、それはちょっと違った。

まず、ケッヘルの綴りが Köchel なのであるが、
コッヘルの綴りがkocher である。 ö と o の違いはよくわからんが、
どうも、音が違うのはケッヘルの ケ と コッヘルの コ 以上に、
カタカナでは表記のしようがないけれども ル(L) と ル(R) の方が
違っていたのだなぁ。
意外だった。

そして、ケッヘルさんはシューベルトやブラームスとも親交のあった
探求心旺盛な音楽学者であり、演奏者であり、出版人でもあったのだが、
地質学者であり、さらに鉱物学者の顔ももっていたのだなぁ。
チタンなどの鉱物でできたコッヘルでこういうことをやるのも、
数奇なご縁というべきでしょうか。
いわないべきでしょうか。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-27 00:34 | 草外道
2009年 10月 26日

コッヘル91番 島湯豆腐 (島豆腐の湯豆腐)

b0061413_23275563.jpg 島豆腐という素材に惚れてしまった今年の夏。ゴーヤといっしょに炒め物にする季節が終わってからはちょっと落ち着き、島豆腐が切れたらすぐに近所のスーパーに頼んで入荷してもらうということは止めたものの、やっぱり島豆腐には惚れたまま。単なる夏の気まぐれの恋ではなかった模様。 というわけで、島豆腐をコッヘル湯豆腐にしてみた。写真だと、よーく見ないと前回のコッヘル90番の写真と区別がつかいないかも。実際に写真をブログにアップする時に私がまず間違いかけた。 島豆腐を湯豆腐にして美味しいのだろうか?やってみるまで疑念があった。島豆腐はいろんな料理に使えるぞ、とは思ったものの豆腐料理の人気メニューにして根本メニューである湯豆腐に島豆腐を使ったことがある人を私の周囲には一人も知らなかった。

b0061413_23283255.jpg 島豆腐の湯豆腐を食べる前に気がついたメリットを二つ。まず煮くずれがしにくい。そして箸でつかみやすい。箸で湯切りができてしまうほどに形状がしっかりしている。もっとも強くシェイクなんかしたらやりすぎだけれども。 食べる前に気がついたデメリットをひとつ。普通の豆腐だと、ゆらゆらと揺れながら浮いてきたところが食べ頃であるとすぐにわかるけれども、島豆腐はなんせ自重があるのでそのダンスが鈍い。なので自信をもって 「今だ!」 というようなタイミングの確信がもてない。何となく 「もういいよね?」 という感じで引上げる。 しかし、やってみて良かった。結論を言うと島豆腐の湯豆腐は美味しい。これ一品のみで夕ご飯をまかなえる迫力もあった。京都の南禅寺前の湯豆腐の名店で湯豆腐を頼んでも、湯豆腐以外の他のおつまみの皿がけっこう付いてくる。島豆腐の湯豆腐は、「ああ、これだけでいい」 と思わせてくれるほどの主役をはった。しかも独演会に近い。独演会に近いのだが、せめて今回は薬味としての刻みネギをトッピングした。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-26 23:52 | 草外道
2009年 10月 25日

コッヘル90番 コッヘル湯豆腐

b0061413_0282327.jpg コッヘルの底に昆布は敷いているものの、写真はモノクロでも良かったかなというぐらい色がないなぁ。昆布が写っていてもモノクロか。けど、今の時代はモノクロの方がかえって面倒だもんな。湯豆腐をコッヘルでやってみた。土鍋並に冷めないし、フタもできるし、「ちょっと湯豆腐が食べたい」 という時にはいいかも。さすがに豆腐一丁分を入れるとコッヘルのなかで窮屈そうではあった。 でも、湯気はいい感じに出てくる。 いつの間にか湯豆腐で熱燗の季節になっているなぁ。 湯豆腐は、味もモノクロームのような気がする。湯豆腐の悪口を言っているのではない。ほめているつもりだ。モノクロ写真は色抜きでかえってイメージをふくらませてくれる。湯豆腐の味には色彩的なものはないけれども 「陰影がある」 という要素があるように思える。

b0061413_028587.jpg 豆腐をとりだして別のコッヘルに置いて醤油を落とす。やっぱ写真に色がないなぁ。モノクロームの世界だなぁ。薬味ぐらいは用意すれば良かったかなぁ。 しかし、これもよく言えば、純白の豆腐に醤油を落とせば水墨画の世界が広がる。いや、水墨画というには前衛が入りすぎで、禅画やロールシャッハテストの方が近いかな。 「この醤油の模様、何に見えるかな」 というやつである。 娘と息子が講読してる 『毎日小学生新聞』 の4コマ漫画の チビルくんで、 おじいちゃんが最新の薄型液晶テレビを買ったけれども見ているのはDVDで昔の白黒映画ばっかりだというのがあった。 何だかわかるなぁ。湯豆腐一辺倒というのも嫌だけれども、白黒の世界に浸ってみてカラーの良さもわかる気がした。 


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-25 01:21 | 草外道
2009年 10月 24日

オリオンビール

b0061413_23485240.jpg 沖縄のオリオンビールがアサヒビールの傘下に入ってから、本州でも案外と手に入りやすくなっていた気がした。 最近、また見かけなくなったような気がするのだけれども、気のせいだろうか?夏のゴーヤが元気なうちだけ、手に入りやすかったのだろうか? それも気のせい?

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-24 23:51 | 草評
2009年 10月 23日

オヤジギャガー (28)  句集

句集を復習

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-23 15:29 | 雑草
2009年 10月 22日

オヤジギャガー (27)  滝川クリステル

滝川クリステルと
暮らしてる


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-22 13:48 | 雑草