<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

名曲草鑑賞(19) スピッツの 「ロビンソン」

スピッツは妻(日本人・シャラポア)が好きだし、その影響で子どもたちも好きだし、
どこかに家族で出かける時には車のなかのオーディオで再生されるものの筆頭になっている。
昨年の今頃(4月)は、つじあやの が加茂川でウクレレ一本で弾き語りする
「チェリー」 がヘビロテ(ヘビィ・ローテーション)で再生された。

スピッツの 「ロビンソン」 がカーオーディオから再生されるなか、
「何でこの楽曲がロビンソンというタイトルなんだろう?」
という素朴な疑問をもった。

どうも、作詞・作曲を手がけた草野正宗(スピッツ)がタイを訪問した時に
ロビンソン百貨店にインスピレーションを得たらしい。
札幌や小田原のロビンソン百貨店でインスピレーションを得たら、
「ロビンソン」 は違う楽曲になっていただろう。

私は 「ロビンソン」 という言葉に
どうしてもプロレスラーの ビル・ロビンソン を連想してしまう。
1975年の蔵前国技館での (TV中継で観ていた)
アントニオ猪木 VS ビル・ロビンソン の闘いが
あまりにも素晴らしかったので (結果は引き分け)、
それがもう35年前のことだと信じられないぐらいに
印象に残っているのだ。

なので、

♪ 君の手を離さぬように 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る

と歌われると、 「人間風車」 つまりダブル・アーム・スープレックスを決める
ビル・ロビンソンの勇姿がどうしても頭の中に浮かんで興奮してしまうのだ。
そして、何度かリフレインされる

♪ 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る

に、やはりサイド・スープレックス、ブレーン・バスター、
ワン・ハンド・バック・ブリーカーなどを決める
ビル・ロビンソン の勇姿が彷彿とされる。

車のなかで 「ロビンソン」 が流れていて、
そのイメージをもつのは私だけだろう。

意外なことにイギリスのジェントルマンのイメージが強い
(全日本プロレス時代はラフファイターの役柄をこなすこともあったが)
ビル・ロビンソンは、現在は東京の高円寺に定住しているそうだ。

知り合いの僧侶仲間から

「ビル・ロビンソンを荻窪駅近くのサウナの Y で見かけました。
杖をついていました」

という情報をいただいたことがある。
あのビル・ロビンソンのその姿を見かけたら、少々複雑な気持ちにはなるが、
往年のファイトがまさに激烈であったのだろう。

そんなイメージも含めて 「ロビンソン」 が好きだ。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-30 01:15 | 草評
2010年 04月 28日

んだず(YES)山形 (1) 飯豊牛 

b0061413_1302023.jpg 先月行った蔵王への一泊春スキーのいい余韻がずっと残っている。山形県に入ってから24時間ほどの滞在で帰ってきたのにもかかわらず。山形といっても最上地方、置賜地方、庄内地方、村山地方でまったく違った地域性があり、なおかつその地域のなかで異なった独自性がある。先月は短い時間、しかも置賜地方のみ、しかもスキーをしに行ったのにも関わらず 「何だこの安らぎは?」 「何だこの充足感は?」 という感触があったのだ。失礼な話だがバブル期を機軸とした経済やグローバル化という視点で日本を見た時には 「取り残された」 というイメージもなきにしもあらずであった山形県であるが、その間に山形県産ワインのように、あるいは山形交響楽団のように、あるいは鶴岡のスローフード・イタリアンレストランのように、しっかりと熟成され成熟しているような感銘を受けたのである。そのほんの片鱗にふれただけであるのに 「どうも山形には私の求める何かがあるな」 という直感を得て帰ってきた。山形は周回遅れのトップランナーであり、それがトラックとは別な方向に向かって最速タイムで走り出している息吹を感じたのだ。

b0061413_131330.jpg これからも山形にはスキー旅行や温泉の他、噂にはよく聞く 「熱すぎる山形の夏」 も経験してみたいなぁと思うのだった。 さて、その真夏までかかると思うが時折 「山形絶賛」 のブログ記事を書いていきたいと思う。ちなみに 「んだず」 という言葉は山形県内の村山弁であり、 新庄弁では 「んだじゅー」 「んだにゃー」 置賜弁では 「んだっそ」 「んだごで」 庄内弁では 「んだのー」 である。 「YES」 をあらわす言葉ひとつをとっても県内にこれだけのバリエーションがあるという言葉の文化の深さを知る。 ちなみに蔵王ではうちの娘(11歳)と息子(8歳)が 「お父さん、ここは日本なのにおじいちゃんたちやおばあちゃんたちと言葉が通じないよぉ」 と言った。 さて写真のための文章にようやく入れるが、この牛のオブジェは新潟県から山形県に入って我々家族を迎えてくれた牛のオブジェである。場所は飯豊(いいで)町という人口8000人ほどの町のドライブイン、というか早い話が 「道の駅」 である。早朝なので誰もおらずおトイレだけを拝借した。 シャラポア(妻・日本人)がこの写真の文字を右からなぞる動作をしながら 「牛でいい」 とつぶやいた。 ぎゃはははははは・・・と私も子どもたちも笑った。 飯豊山系を眺めつつ 「私は牛でいい、あなたたちは人間で良かったですか?」 と、この等身大実物大の牛に語りかけられてくるようなイメージをもったのであった。 ただ、こうやって写真を撮ってから気がつくのであるが、わざわざ 「いいで」 という平仮名で飯豊を表記している理由は、飯豊という地名が読みにくいということもあろうが、名古屋弁というか、関西弁でいうところの 「エエで」 というニュアンスはすでに含まれた上での表記であり、そしてそれが何人に一人の割合かはともかく、シャラポアのように 「牛でいい」 と読んでみる人がいることは最初から計算されていたような気がしてならなくなったのだ。だって牛も馬も乗り物としては 「号」 をつける。 乗り物にペイントされた横書き文字は右から読むようになっているものも多いではないか。そしてここは道の駅なのだから。 山形恐るべし。 山形は米沢牛が全国的ブランドになっていることや芋煮会(伝統的日本のアウトドアクッキングだ)では芋と並んで牛肉が主要食材である。 牛は山形のシンボル的存在であるといえる。 その牛から 「牛でいい」 とご挨拶されたことが、山形県が気になりはじめた最初のきっかけである。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-28 00:29 | 草評
2010年 04月 27日

草仏教経済学(12) 黒いマクドナルドの出現 と フランチャイズ制

東京の渋谷区や港区の13店舗のマクドナルドが
「黒い看板のマクドナルド」 となって新装開店となり、
約三分の二のメニューが10円~50円高いものとなるそうだ。

どこが違うかといえば 
「従業員の制服が高級っぽい」
「椅子やテーブルと内装が高級っぽい」 
「東京都内一等地の店舗」

ということが違うだけで、出てくるハンバーガーは同じであるから
その付加価値というか雰囲気だけで 「いったいいくら取れるのか?」
という実験的な要素も入っているみたいだ。

マクドナルドのハンバーガーが好きか嫌いか別にして、
何だか日本人の節約疲れを察知した機敏な措置をしたというような
したたかさは感じた。

そして、そもそもアメリカ合衆国では地域別に価格設定が違っていたのに
日本では創業以来全国一律であったマクドナルドのハンバーガーの価格に
はじめて 「格差」 ができた。

「ビッグマック指数」 に、東京の13ヶ所とその他の地域とで
はじめて違いが生じてきたのだ。

ビッグマック指数
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-27 23:46 | 草評
2010年 04月 26日

コッヘル117番 日の菜(日野菜)のお茶漬け

b0061413_23561248.jpg 日の菜(日野菜)というのは滋賀県の日野地方の細長いカブなのだが、これを漬物にしたものは小さい頃からの大好物だ。塩といい甘酢といい、味が濃すぎては風味に合わないので他の漬物に比べたら日持ちがしない。日持ちがすればお土産物などの分野のスターになり、関西漬物界のエースになれるのに・・・と日の菜びいきの私はいつも思ってしまう。なので、日の菜は私にとって賞味期限が比較的短いことからプロ野球の山口高志や伊藤智仁などの現役時代は短かったが大きく輝いてくれた投手を連想させる。また、関西以外ではあまり知られていないという気もするので池乃めだかやジョニー広瀬といった、関西では多くの人に知られているのに他の地方では知る人ぞ知るという存在になっているタレントを連想したりする。

b0061413_2357474.jpg 日の菜はネギなどと同じ要領で、いわゆる小口切りにするのがいいみたいだ。 「いっぺん大きく切ってみるか」 と思ってやってみたこともあるが、想像した以上に大味になってしまい、「いったい何を食べているんだか?」 という感想になってしまって貴重な日の菜を台無しにしてしまったことがある。京都のお土産屋さんなどでは輪切りの形で薄くスライスした状態のものをパックして売っているものもある。私としては食べる直前に小口切りにすることを強く推奨したいが、それでも乱切りよりもそのスライスのものの方が日の菜の魅力には近づけることであろうとは思う。 というわけで、日の菜茶漬けを食べているとその虜になっている自分を発見し、そうであるならば最後のシメの日の菜茶漬けから逆算して、日の菜茶漬け以外は思いっきり脂っこいコース料理を考えたくなってしまう。日の菜茶漬けを食べる前に何を食べたら日の菜茶漬けに感動の涙を流せるか? うーん、簡単に答えは出せない問題だが、案外と北京ダックなんかいいかも。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-26 00:30 | 草外道
2010年 04月 24日

粒焼(70)  末娘が4歳になった

今週4歳になった末娘が起きてきて
「おはよう」 ではなくて
「ただいま」 と言った。

寝ぼけていたのかもしれないし
何か夢を見ていたのかもしれなかったが
ある意味 「夢の世界から帰還しました」 のように聞こえた。

「現実の世界におかえりなさい」

と言った。


マーヒー加藤  
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-24 23:06 | 雑草
2010年 04月 23日

極悪亭主図

b0061413_1541774.jpg 東京ディズニーシーがオープンした時に 「酒が飲めるディズニーのテーマパーク」 ということを聞いて得意の妄想をもったことがある。酔っぱらってヘベレケになった酔客がミニーマウスのスカートめくりをするなどしてちょっかいを出し、それを私が助けてやってミニーに惚れられるのだ・・・なんちゃって。 実際のディズニーシーは、野外の売店などで酒は売っておらず、テーマパーク内のレストランなどのメニューに各種のアルコールがあるというだけでミニーマウスがお酌をしてくれるなどということはどうも私の勘違いであった。 ともかく、ディズニーシーでなくてもファミリーレストランでお父さんがビールなどを飲むということはけっこう見かける光景である。  さて、リンクをしているminmeiさんが、私のイラストを描いてくれた。本来はリンクしているとはいえ承諾抜きでよそ様のブログから画像をダウンロードして自分のブログにもってくるなんていうことは失礼な行為であるのだが、イラストから醸し出されてくる雰囲気というものも含めて、ここまで似てくると私にも肖像権というべきものが発生してくるのでコピーライトについては相殺されると思った。それほど、「この絵を描いたのは私じゃないけれど、これは私です」 といえるものだ。 これを作成してくだったきっかけは、minmeiさんのブログで 「私はココスのメニューに冷酒を発見し、場にそぐわないと思いつつも・・・」 とか 「私は子どもが注文したお子様ランチのエビフライをつまみに生ビールの大ジョッキでけっこうヘベレケになったことがある」 などのコメントをminmeiさんのブログにしていたことがきっかけだ。ココスで実際にヘベレケになった写真も見つけたので、併せて掲載しておきたい。


極悪亭主図 写真バージョン
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-23 15:04 | 雑草
2010年 04月 22日

パソコンの音 (2)  AOpen製マザーボード AX4GE Tube

b0061413_22536100.jpg独身時代の後半に、ボーナスを丸々はたいて真空管アンプを中心にした高級オーディオを購入しようか?と考えたことがある。買わなくて(買えなくてか?)正解だったかどうかはわからない。とにかく結婚して子どもが生まれたら真空管アンプという趣味製が極めて高いものよりも優先しなければならない出費が増えたことは確かだ。勤め人時代にボーナスが出た時に 「真空管アンプ!」 と提言はしてきたものの 「なぜ今持っている立派なトランジスタアンプではダメなのですか?」 という家庭内仕分け作業での質疑で、わが家の第一井戸端会議室においては納得させる説明ができなかったのである。それからしばらくした2002年頃のことであるが 「自作パソコン」 の雑誌をめくっているとAOpenという台湾製のマザーボードに AX4GE Tube という製品を見つけた。真空管は英語でTubeであるが、まさにこの AX4GE Tube は真空管を搭載したマザーボードであったのだ。 

b0061413_19582793.jpg マザーボードというのはそもそもパソコンの司令塔部分であるのだが、その音響を司る部分が真空管なのであった。オーディオにたとえるならばアンプにプリアンプとメイン(パワー)アンプがあるとして、そのプリアンプ部分にあたるところである。マザーボードとして16000円という値段は私がネット通販で取り寄せた2003年当時のインテル・ペンティアム4を基調としたもののなかではやや高めであるとしても、オーディオ専門の真空管プリアンプを買うことに比べれば安いものであるとは言えた。(本当は比較するのがおかしいのかもしれない) こういう真空管を搭載したパソコン部品というものは相当にマニアックというか珍品であることは確かで、草野球仲間で超パソコンマニアのアメリカ人でさえ私のウインドウズXPマシンを見て 「エンスージャスト!」(お主はマニアじゃのぉ!)と驚いていた。

b0061413_19585616.jpg この真空管搭載のマザーボードを中核としたパソコンをヨシイのスピーカーにつないで音を出してみた。「あれ、さほどでもないなぁ」 と数日間思っていたら配線を間違えていてサウンドが真空管を経由していなかった。正しい配線に直してみて最初に聴いたのはエリック・クラプトンの『アンプラグド』 だったのだが1曲目のボサノヴァナンバーである 「サイン」 のクラシックギターの音が出てきた時は 「おっ!」 と思った。何だか 「包み込まれる」 というような音場を聴いたのだ。スピーカーが小さいのでこっちも小さな人間になったイメージで聴くと、これはなかなかの音だった。7年経った今でもパソコンからのアコーステック楽器の再生ということに関していえば、これはなかなかのシステムだと思っている。そして真空管の輝きを楽しむために新潟のソフマップで側面がシースルー(透明なプラスティック)になっているPCケースというものを見つけて喜び、このブログを始めてからずっと傍らの真空管の輝きを見ながら書いている。(写真では青い光に圧されてわからないのですが、先端からはオレンジ色の光が輝くのです)

b0061413_19593410.jpg 調子にのってキーボードをカシャカシャという音がする 「オールドスタイルのタイプライターのようなもの」 を買ってきて付けていたのであるが、これは家族から 「どしゃ降りの雨が降っているような打つ音だ」 と言われて不評だったために2年ぐらいしてそのタイプライターの調子が悪くなってきた時にごく普通のキーボードに換えた。それ以来、ほとんど変更はない。ウインドウズは98からMeや2000を飛び越えてXPにしたために 「XPって使いやすいなぁ」 という感激が 7 の時代になった今でもずっと続いている。98には相当泣かされていたのだなぁ。「あなたは不正な処理をしたためこのプログラムは強制終了します」 という文字が相当出た。「不正な処理」 と言われてもこっちはアイコンのクリックという正当な処理を普通にしていただけなので、私よりも 「不正」 ということが嫌いな人は「不正な処理」と言われてそのたびごとに激怒していたことだと思う。「私は不正な処理などしていない!」 とマッキントッシュなどに流れた人が相当数いたことであろう。 ともかくそれから7年経ち、ソフマップも新潟店はなくなり、真空管を使ったパソコン部品もAOpenに限らず2002年以来新製品は出ていないようで、この真空管をしばらくは使い続けることだろう。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-22 00:14 | 物草
2010年 04月 21日

パソコンの音 (1)  タイムドメインmini

b0061413_1325026.jpg パソコンにつなぐスピーカーとしてONKYOという音響総合メーカーから独立して奈良でスピーカーを作っている吉井さんという人の会社の 「ヨシイ(YOSHII) タイムドメインmini」 というものをもう7年以上使っている。2本ペアで18000円ちょっとという価格は本格オーディオとしては安いけれどもパソコン用スピーカーとしては一般的にいって高価なものであるという、そういう位置づけであろう。 「タイムドメイン理論」 というのはちょっと高尚すぎて私には解らないのであるが、あのビル・ゲイツが 「関心をもった」 ということであるそうだ。 「関心をもった」 といっても、いろんなことに関心がある人であろうからどの程度の関心だったのかは不明だが、もしかしたらパソコンで財を成した世界的大富豪のパソコンから出ている音が僕んちと同じスピーカーからという可能性はちょっとだけある。 理論のことや本当にビル・ゲイツが使っているかなんてことは分からないが、7年前に試聴してみてすぐに気に入ったのは確かだ。パソコン音源からピアノはちゃんとピアノの音がするし、ギターはちゃんとギターの音がするというスピーカーに出会ったのは初めてだったからだ。もちろん本格オーディオなんかと比べてしまっては酷なのだが 「ちょっと比べてしまう」 ということ自体がけっこうスゴイことだと思った。そして、そのビル・ゲイツが大ボスとなっているウインドウズの基本OSだけでも大きなモデルチェンジを何度もしているというなか、このタイムドメインminiはモデルチェンジをせずに2010年の今も現行商品であり続けている。(タイムドメインlightというひとまわり小さくなった新商品は出た)

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-21 15:49 | 物草
2010年 04月 18日

L.L.Bean に絶賛とともに苦言を

b0061413_21594867.jpg 写真のバックはL.L.Bean のウエストバックである。ウエストに装着することが時々という感じになってしまったのであるが、この4年間は肩に背負うというかひっかけるという感じでかなり日常的に使用している。酷使してきたといってもいい。携帯電話を入れ、コンパクトデジカメを入れ、メモ帳も入れているので 「ブログセット」 と言ってもいいだろう。 「どうしてもこれがいい」 と思って購入したわけではないが、使っているうちに手放せなくなった。 L.L.Beanのトートバックの方の帆布(キャンバス)とはまた違った少し柔らかい感触の帆布素材なのだが、非常に丈夫である。しかもなかなかいい劣化をするというか、いわゆる手になじんでくるエイジングの具合がいいものだと思った。ただその良さはいきなりわかる良さではなくて、長く付き合ってわかる良さというか、噛めば噛むほど味が出て、出てきた味をかみしめたものだった。

b0061413_220187.jpg 私としては 「同じものがもう一つあってもいいな」 と思って L.L.Bean に行って 「これありますか?」(なんせいつも持ち歩いているので)と尋ねると 「すみません、それはありません」 と言われた。私はただ単に 「在庫がありません」 という意味で言っているのだと思ったら、もはやこの製品はありませんという意味だった。大絶賛が苦言に変ってしまった。せめてモデルチェンジしたものでもあればと思いきや、それもないみたいだった。同じ感じを残すショルダーバックとメッセンジャーバックはあったのだが・・・このブログ記事は屈折したラブコールでもあるが、L.L.Beanよ、もっと根気をもちなさい! せっかく3年以上使用してからジワジワと良さを感じられるいい物を作っているのにもったいなくないか?モデルチェンジしていたとしても買おうと思ったのにさ。 


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-18 22:39 | 物草
2010年 04月 17日

今年の桜は

b0061413_22235062.jpg 今年の桜は どうも 「迷い咲き」 という感じがする。   

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-04-17 22:24 | 雑草