<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 30日

辺野古周辺でいろんなキャンプが行なわれるだろう

沖縄本島に2回行ったことがある。

そのうち1回は、2月にプロ野球の春期キャンプを観に行って、
中日ドラゴンズ と 広島カープ の練習の模様を間近で
偵察することができた。
間近で当時の星野監督がマスコミのインタビューに答えていた。
左バッターとして入ってきた高校生の新人を本来の右バッターに戻して
やるんだと気合いを入れて語っていた。

そのキャンプ地は、キャンプ・シュワブ(Camp Schwab) という
米軍基地に近かったと思う。

民主党政権になっても、そもそも予算面だけをみれば辺野古を想定していた
ので、どこかで 「がっかり」 と同時に 「やっぱり」 という気もした。

その辺野古という場所に、いよいよ滑走路ができそうな展開になった時に、
多くの人々が、(最後の反対運動のために) テントを貼ったキャンプが
行なわれそうな気がする。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-30 20:50 | 草評
2010年 05月 27日

粒焼(72)  FIFAワールドカップ

日本がベスト4に入ったら、
本当に世界が驚くだろうなぁ。
サッカーは何が起るか最後までわからないので、
まあ可能性はある。

でも、まさか

1位 オランダ
2位 カメルーン
3位 デンマーク
4位 日本

なんていう、ワールドカップ1次リーグでの
ベスト4ではないよね?

そうじゃないよね岡田さん?


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-27 20:44 | 雑草
2010年 05月 26日

追悼記事(18)  ラッシャー木村

今でも
「こんばんは ラッシャー木村です」
という言葉のインパクトが大きい。

もともと言葉というものは大事だが
道場破りでの口上というものの重要度は大きい。

新日本プロレスのリング上に殴り込みをかけた
ラッシャー木村が マイクを持ち、
アントニオ猪木に対して何を言うのかと
みんなが固唾を飲んで注目し、
緊張した沈黙のなか

「こんばんは」

という、あいさつの言葉にドッと沸いた。

金網デスマッチの鬼として知られていたラッシャー木村が、
愚直なほどに挨拶というものを大事にする礼儀正しい人だった。

私は 挨拶の大切さをラッシャー木村から学んだ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-26 19:32 | 草評
2010年 05月 24日

アウディA4

先日の、昼間の国道での信号停車中のお話。

対面に赤信号で停車している白いアウディ (A4だろうか?)
のなかでハンドルを握っているオッサン(中年) が、
何か歌っているようで、口を大きく開けながら時々目を閉じて悦に入っている。

私は閃いて、急いでラジオを付けてみた。
何局かさぐっていると 
FMで 中島みゆき の 「地上の星」 が流れていた。
そして、オッサンの口の動きを観察してみると、
間違いなく 「地上の星」 を歌っていることが確認できた。

あのオッサンは、彼なりの 「プロジェクトX」 を成功させ、
ピカピカの白いアウディを手に入れたのだろうと想像した。

信号が青に変わった。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-24 23:24 | 雑草
2010年 05月 23日

Wコロン の ねづっち の 「整いました」 は速いなぁ

なぞかけ という昔からある言葉遊びに
脚光を当てているのが Wコロン である。

お題が出されてから  
ねづっち(根津 俊弘) が

「整いました」

と言うまでのタイムは、
平均して3秒ジャストぐらいではないだろうか。
格闘技ならまさに 「秒殺」 である。

今年1月に ダウンタウンの番組の 「山-1グランプリ」 に
出た時にも 平均2秒から3秒で お題に対するなぞかけを披露していくので
てっきりヤラセではないかと思った。

そして、出されたお題に対して 作ったなぞかけの出来が悪いなら
別に驚かないが (でも全部の出来がいいわけではないが、それは当たり前)

たとえば 「民主党」 というお題を出されて2秒後に
「整いました」 と言い。

「民主党とかけて野球と解く
そのこころは 
党首(投手) もいれば 保守(捕手) もいます」

というぐらいのレベルのものを連発する。
私ならそのお題に対して三日間ぐらいかけても
「整いました」
と言えないし、さらにそれでもねづっちレベルに達するのは難しい。

Wコロンがウケてきた理由のなかで大きいのが、その
即興なぞかけという芸 (久しぶりに芸人というにふさわしい芸だ)
とともに

「整いました」

のひと言が大きいのではないだろうか。

「整いました」 という言葉で、その2~4秒でなぞかけが出来たという
スピードに 「もう整ったの?」 と驚かせるとともに、
整った内容に対して聴衆(テレビ視聴者も含む)の耳をグッとひきつけて
「その整った内容をはやく聴かせてよ」
という心理を喚起する効果をもっている。

今の私も 「整いました」 のひと言が言いたくて仕方がなくなってしまった。
シャラポア(妻・日本人)から買い物などをたのまれた時にはその内容を素早くメモし、
シャラポアが予想するよりもはるかに速くそれを買いそろえ、
シャラポアが予想するよりもはるかに速く帰宅して

「整いました!」

と言うのが楽しみである。
洗濯物の取り入れと整理をたのまれた時も同様である。

シャラポアは、なんでマーヒーがこんなにいい子になったのか不思議がっているが、
Wコロンのねづっちの秒殺芸に由来しているということには
まだ気がついていない。

マーヒー加藤

※ 今、Wコロンがフジテレビ系の 「爆笑レッドカーペット」 に出ているのだが、
  シャラポア(妻・日本人) は NHKの 「龍馬伝」 を観ているので
  引き続き、まだ気がついていない。
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-23 20:13 | 草評
2010年 05月 22日

コッヘル122番 鰹のたたきサラダ

b0061413_2334511.jpg 鳴かぬなら 鳴くまで待とう 初鰹 (BYマーヒー加藤) 目に青葉が映り、山ではホトトギスが鳴くシーズンになれば初鰹シーズンである。 いつまで待っても初鰹は鳴かない (鳴くのかもしれないけれども海のなかなので聞こえてこない) のでイライラ状態の織田信長のように 「殺してしまえ」 といったわけではないが、スーパーで買ってきたカツオのたたきを切った。 ♪ 誰が殺した初鰹 (マザーグース、もしくはパタリロ風に) うーん・・・鳴かないからじれったくなった信長ではないでしょうか。 実を言うと、コッヘル122番にこのメニューをチョイスしてブログにアップしたのは、学生時代から面識がある ある住職さんの最新ブログ記事が初鰹のたたきだったからだ。 ただ、向こうのは仕出し屋さんから取り寄せた血もしたたるような鰹のたたき。私の方はスーパーで買ったパサパサなもので・・・差をつけられちゃったなぁ。

b0061413_23353278.jpg そのレベルの差が悔しいものの 「鰹が大好き」 ということでは共感する。 特に、初鰹シーズンには新玉葱なんかも実に元気があって、他の野菜も元気な露地物が出てくる季節でもある。そして鰹のたたきというのはぽん酢が合う。(ショウガ醤油も合うけれども) 私は生野菜などもぽん酢をドレッシングのように使って食べるということも好きなので「鰹のたたきサラダ」 というものを作って食べるのである。 この写真はホームパーティー仕様のアレンジである。サイズ比較用サンプルの ウニ を手に入れる前の3年ほど前の写真であるがけっこう大きくて(直径30センチぐらいか?)深さもある青い陶器である。(割っちゃって今はないのです・・・鳴き泣きっ) 

b0061413_23355799.jpg 青い深皿が見えなくなるほどに切った鰹のたたきで取り囲み、そこにたっぷりの刻みタマネギを 「もはや薬味というレベルではない」 というほどたっぷりとのせます。プチトマトを半分に切って岡本太郎のモノマネをしながら 「白銀のゲレンデのような刻みタマネギの大地のなかに真っ赤な太陽が20個ぐらいあってもいいじゃないか」 などとつぶやきながら盛りつけていきます。 何だか南米の密林のなかで、こんな感じの巨大な花が咲いていたような咲いていなかったような。 秋のもどり鰹というのもたいへんに美味しいものですが、やっぱり初物の初には弱いなぁ。江戸っ子は 「初鰹は女房を質に入れてでも喰いてぇもんだ」 なんて言ったそうですが、女房(シャラポア・日本人)を質に入れようにも最近は近隣に質屋さんなどはありません。 名古屋に住んでいたとしたら米兵は初鰹代ぐらいを貸してくれるでしょうか? ともかく、このタマネギの白銀の斜面を見ていたら、カナダのスキー場でお互いに両手で大きなX印を作りながら 「クーリング・オフ!」 と叫び合ったようなことがあったような、なかったような・・・とにかく新婚旅行での初鰹初夫婦ゲンカを思い出して・・・やっぱり笑っちゃいます。 
 

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-22 00:21 | 草外道
2010年 05月 20日

ハンク・ジョーンズのお葬式に駆けつけているであろう親友・レイ・ブライアントとマーヒー

b0061413_1646994.jpg
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-20 16:46 | 草音
2010年 05月 20日

追悼記事(17)  ハンク・ジョーンズ

追悼記事を書くのは久しぶりで昨年11月の 森繁久彌 さん以来だ。
この半年間、作家の井上ひさし をはじめとして思い入れの多かった方々が
お亡くなりになっていったのだが、思い入れがあるだけにブログを書こうと思うと
何だかよくわからなくなり、追悼記事というものはしばらく書かずにいた。

ヘンリー・ハンク・ジョーンズ(Henry "Hank" Jones、1918年7 月31日 - 2010年5 月16日)
が亡くなった。

2010年2月28日の新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で900人のファンの前で
弾いたピアノが、ハンク・ジョーンズの生涯最後の演奏となった。
痛恨だが、2月28日という日は命日が28日、29日、30日、31日の方々の
月命日のお参りが一気に重なるという僧侶ならではの多忙日であり、
ハンク・ジョーンズが新潟に来るということは知りつつ駆けつけられなかった。
おそらくこれが最後のチャンスと知りつつ。

それでも りゅーとぴあ という会場にこれから足を運ぶたびに、
私は誰のコンサートや演劇であったとしても、ハンク・ジョーンズのことを思うだろう。

私は1991年にニューヨークでハンク・ジョーンズと会い、
とても奇妙なめぐりあわせでいっしょにお酒を飲むことになった。

ハンク・ジョーンズとの思い出
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-20 02:53 | 草評
2010年 05月 18日

草仏教掲示板(32) 間寛平ちゃんの言葉

b0061413_23514325.jpg 間寛平がマラソンに取り組みはじめたのは、私の記憶によれば吉本の社長が 「ホノルルマラソンで郷ひろみより速く走ったら給料を倍にしちゃる」 と言い、実際に郷ひろみよりもはるかにいいタイムで42.195キロを完走したのが最初だったと思う。その寛平ちゃんの言葉だ。最近の言葉ではない。ご承知の通り、寛平ちゃんはヨットとマラソンによる世界一周をする途中、トルコからいよいよアジアに突入かというところで癌が発覚し、ブログ仲間のブンさんの住むところの近くにあるUCSF(サンフランシスコ州立大病院)で治療中である。 この寛平ちゃんの言葉をいちばん届けたいのがその寛平ちゃんにである。 

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-18 00:01 | 草仏教
2010年 05月 17日

ナンシー関の大予言 

何がツブシが利くってオリンピックほどツブシが利くもんはないだろう。
ツブシを利かせているという後ろめたさも無い。
オリンピックは世界でも指折りの正義だから、正当な権利なのである。
オリンピックもまた、現在のテレビタレントとは基準がズレているのに。
いくらオリンピック出たいからって7回も8回も無理矢理出るのはオリンピック的には美談でも、
テレビ(というかバラエティ的世界観)的には「空気が読めないやつ」でしかない。
10年後、ヤワラちゃんは選挙に出ていると思う。


長い引用になったが、2002年6月に亡くなったナンシー関が
1995年発行の 『何もそこまで』 という本のなかで書いていることである。
まさに谷亮子は民主党から参議院議員選挙に出馬するのだ。

何でもないことのようだが、当時の名前の 「田村亮子」 と書かずに 「ヤワラちゃん」 と
書かれていることも、あたかも2003年にプロ野球選手の谷佳知と結婚して
谷亮子となることをも予言していたかのようだ。
そして、1995年当時に 「7回も8回も無理矢理出るのは」 と言っている部分に驚愕する。

ナンシーの消しゴム版画は、個人的な感想だが 「似ている!」 とか 「おもしろい!」 とか
思うものは十のうちに一つぐらいだったのだが、彼女が書いた文章の二つに一つは 「!」 と
いう驚きがあった。多くは 「こんなところにまでナンシーは見ているのか」 という驚きだった。

「空気が読める」 「空気が読めないやつ」 という表現自体、たぶんナンシー関が
流行らせたのではないかと思っているのだが、ナンシーは 「空気が読める人」 だった。
だから 「ダウンタウンの浜田はなぜあの若さ(当時)でドツキ用のメガホンが似合うのか」
など、空気感としてみんなが何となく思っていることに着目できえたし文章にできた。

だから、売り出し中のテレビタレントやお笑い芸人などは
テレビ画面から消えていくか生き残っていくか、すぐにわかっていたようなふしがある。
さらに、彼女はテレビを 「社会の窓」 (他の表現が見あたらない) 
として見ていたふしもある。
ナンシーが活躍していた頃の私はスポーツ番組とニュース以外は
テレビをほとんど見なかったのだが、それでも彼女の書くテレビ評論は抜群におもしろかった。

ナンシーが生きていたら・・・
私は彼女に宗教学者になっていて欲しかった。
実際に新興宗教などのイベントに参加しての彼女のルポは
実に優れたものであったように今でも思う。

なんせ、「偽物」 のインチキ臭さをかぎ分ける嗅覚は天下一だったから。

ナンシーのような人がいてくれて、むしろ
「ホンモノとは何か?」 ということを考えさせてくれていた。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-17 00:27 | 草評