草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 28日

コッヘル125番 遅れてきたクリスマスサラダ

b0061413_0542622.jpg 半年ぶりにコッヘル料理シリーズのブログ記事投稿を復活。わはははは、ブログ記事投稿のための書式を忘れたぞ。来年のことを言うと鬼が笑うというが、来年になってから今年のことをブログ記事にすると鬼に怒られそうな気がした。 さて、スーパーなどの市場ではやはりクリスマス前にとにかく鶏が受難である。卵は産みに産まされ、肉は丸焼きなどになる。バッハがマタイ受難曲を書いたように、このマーヒー加藤も生涯かけてチキン受難曲というものを書いて鶏供養に勤めたい。パッションを込めてね。(おお、なんとインテリぶったオヤジギャグなんだ!) しかし、とはいってもこのマーヒー加藤、春・夏・秋のアウトドアシーズンにはわざわざ肉屋さんに鶏の丸ごとをダッチオーブンで丸焼きにする実施日の三日前に注文する。キャンプシーズンでこそないものの、鶏肉の丸ごとが普通にスーパーマーケットで売っているというのは嬉しい。しかも、25日の午後からは非常に安くなり、夜からはたたき売り状態となる。株式の方のマーケットでも、よく知っているなじみの銘柄が不当に安値をつけた時期が買い時に決まっている。で、買ってしまう。「この私が買わなければ誰が買うんだ」という気持ちもある。そして25日の夜か26日に世間からやや遅れたクリスマスパーティのようなものをやってしまうのが恒例だ。遅れてといっても25日の夜のホームパーティを仲良し家族と過ごすならば「正調・欧米流」といえないこともない。今年はまさに25日の夜だった。

b0061413_0545182.jpg 鶏や卵などのチキン受難モノの他、パプリカやアスパラ、プチトマトなどの「デコ野菜」も併せて急に安くなる気がする。そこで、子どもたちを野菜好きにさせることに異様な執念を燃やす私はデコサラダのようなものを作った。デコ弁のようにちゃんとデザインされているわけではないが、一応、パプリカと人参とプチトマトの赤系統とアスパラとピーマンの緑系統でクリスマスカラーとし、タマネギの白で雪を表現し、アスパラの頭は雪のなかの木々のつもりである。抽象画です。刻んで茹でただけです。あとはお好みの市販ドレッシングをかけるだけなんです。 さて、完成間近にレゲエ魂に火がついた。やっぱり赤と緑を見ると黄色を加えてラスタカラーにしたくなる習性がある。しかも、こっちの方も私は世間とずれているのか、私は真冬に聴くレゲエが大好きだ。「レゲエ」は、ひょっとすると俳句の歳時記の夏の季語にすでに掲載されていてもいいぐらいなのだろうが、私はなぜか真冬に聴くのが好きなのである。ブティックなどで夏のBGMにレゲエが流れているところは今は珍しくないが、これが冬でも流れていると感動してしまう。「ここはホンモノだな」と、なぜか感じちゃう。真夏にラジオからレゲエが流れていても別に感動しないが、真冬に流れると 「いいねぇ」 と思わず言っちゃう。躍動しちゃう。 というわけで、24日の夜なんかは平然としている。私は、仏教にのめり込みすぎてバチカンから破門状をもらっちゃったイタリア人からキリスト教理史を学んだのであるが、イエス・キリストの誕生日は聖書の記述からするとアウトドアシーズンである。真冬ではない。大ローマ帝国太陽神冬至祭りの世界的な普及の旗印がイエス・キリストになったということだと思う。まあ、何でもいいや。毎日が何かの前夜祭か後夜祭だ。あとのまつり。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2010-12-28 01:50 | 草外道
2010年 12月 22日

歴史が変わった瞬間に立ち会う (2) 大手町のコンビニ



合掌美人事件
[PR]

by kaneniwa | 2010-12-22 06:10 | 草評
2010年 12月 18日

歴史が変わった瞬間に立ち会う (1) 甲子園球場



歴史が変わった瞬間に立ち会う
[PR]

by kaneniwa | 2010-12-18 23:16 | 草評
2010年 12月 14日

名曲草鑑賞 (20) Ol’55

夜明けに車の中で聴く時にふさわしい曲は何かなぁ? 
と思った。

トム・ウェイツ(Tom Waits) の Ol’55 なんていいかなぁと思った。

1973年に発表されたOl’55 は、翌年にイーグルスがカヴァーした時に 
「懐かしき'55年」 という邦題がついていたような気がする。
私が持っているのは輸入盤のアナログなのでよくわからないが、
たぶん訳詞も含めて(輸入盤なので訳詞はもちろん歌詞も付いていない)
この邦題は、わかっていないか、わかっていて無視したな。

明け方近くまで仕事をこなして、当時のトム・ウェイツは愛車である
1955年製ビュイック・ロードマスターに乗って帰路につく。
この曲ができた頃、まだミュージシャンとしてトム・ウェイツは無名だ。
1972年にこの曲ができたとして、13年落ちの中古車に乗っているのだ。
しかしオープンカーであり、しかも今なら中古車というよりクラシックカーだ。


明け方の道で時はゆっくりと流れ、妙に生きてる実感がこみあげる
妙だなぁ、変だなぁ 妙に変だなぁこの神聖な気持ち (稲川淳二風)
陽が昇り、フェードアウトしはじめていく星
そんな星たちのパレードを率いて走る
55年製のビュイック・ロードスター
私はそんなパレードの 「ソロを切る」(暴走族用語)
(念のためですが、超訳ですからね)

夜明けの道を行く時に、これはふさわしい曲だ。

家族での行楽で、朝早く車で出かける時にもこの曲でスタートしたい。
しかし、問題がある。
うちの息子(8歳)は、トム・ウェイツの歌声を聞くと車のなかで酔ってしまう。
私が楽曲に酔っている間に、別な意味で酔ってしまって
「ウェイツ、ウエイツ」 と (ホントにそう聞こえた) 吐いてしまった。

シャラポア(妻・日本人)から 「トム・ウェイツ再生禁止令」 が出た。

ならばイーグルスの Ol’55 ならいいだろうと イーグルスのカヴァーをかけると
息子はドン・ヘンリーの声にも、別な意味でこみ上げてくるものを禁じ得ないようだった。
ドン・ヘンリーはリード・ボーカルをとっていない場合でも大半の曲にパート歌唱や
コーラス参加しているので
「イーグルス再生禁止令」 も出てしまった。

ルイ・アームストロングの素晴らしき歌声にも、本来の意味での 「鳥肌もの」 らしい。
関西弁で言うところのサブイボやな。
これも再生禁止令が出てしまうと、ニッチモ・サッチモいかなくなってしまうので
妻や息子が車に同乗している時にはルイ・アームストロング(サッチモ)の再生は自粛。

では、息子はハスキーな男性ボーカルはみんなダメなのかといえばそうではない。
憂歌団 なんかはかなり大好きなのだ。
3年前の今頃、5歳だった息子とバッティングセンターに行った帰りの車で
憂歌団を車のなかでかけていたら
「パパ、この歌はバイキンマンが歌っているの?」 
と聞いてきた。
この時、ホントに運転中に危ないぐらい腹をよじらせて笑った。

8歳になった今はもちろん、憂歌団のボーカルはバイキンマンであるとは
思っていない息子だが、 「ゲゲゲの鬼太郎」 なども憂歌団バージョンが
大好きである。

シリーズもののブログ記事を書くのが半年ぶりで、論旨がどんどんとズレていったが、
夜明けに車のなかで聴きたい曲は何ですか?
(無理矢理論旨を戻して終わる)


マーヒー加藤





息子を酔わせるバージョン
[PR]

by kaneniwa | 2010-12-14 22:19 | 草評
2010年 12月 03日

なんちゃってヤンキース 今シーズンの有終の美

b0061413_21372179.jpg ちょっと間が空いてしまったものの、ブログ半休養中ということも忘れて先日11月30日の試合結果を報告いたします。 今まで10回ほど対戦してきて一点差で負けたことが4回ほどで引き分けが2回、あと一歩で勝てなかった好チームの若僧さんに規定の7イニングを戦って 4-2 のスコアで見事に初勝利いたしました! しかも0-2のスコアから、なんちゃってヤンキース先発のモス・ラモス投手の後を受けて3イニングを投げたケアレ・スミス(マーヒー加藤)がゼロに抑えた間に、モハメッド・ブリ、ヴィダル・サスーン選手らの連打とショーン・コメリ選手の走者一掃の3ベースなどがあっての逆転勝ちであったため、何と勝ち投手にもなることができました。モス・ラモス選手も長打を2発打ちました。 プロ野球のオールスターゲームも開催された今シーズンのエコスタジアム。そのシーズン最終ゲームが草野球の なんちゃってヤンキースVS若僧 戦だったのですが、有終の美を飾れました。

何と相性のいい素晴らしい球場なのでしょう。昨年のエコスタでのテラノサウルス戦でも、ボーン・ヘッドマン投手との完封リレーを演じることができましたので、何とケアレ・スミスは投手としてハードオフエコスタジアムでまだ点を取られていません。 昨年は打者としてはダメだったのですが、今年のエコスタでは得点にはからめなかったもののヒットを打ち、直後に盗塁を決めることもできました。

10月下旬頃から、運動といえば薪割りぐらいしかやっていなかったので急に体が動くかどうか、ちょっと自分で心配していましたが、薪割りはなかなか優れた有酸素運動なのかもしれません。しかも、薪割りはコントロールが乱れたら大惨事ですが、マウンドでは薪を割る時ほどコントロール制御に緊張せずに済みます。打者としてもバットがボールに対して斧のようにスムーズに出ました。薪割りをやっている最中に 「木目に逆らうだけで自然への冒涜(ぼうとく)なんだ」 と感じたことがあります。同じく、相手投手の球筋に逆らわないように心がけました。

捕手のモハメッド・ブリと打ち合わせをしていました。今回は捕手ではなくて投手の私からサインを出すことをお願いしたのですが、カーブを投げる時には舌を出しながら投げるというサインにしておりました。これはなかなか具合が良く、舌を出すことによって体全体から余計な力が抜け、落差があるカーブ(自称ナイアガラ)を投げ込むことができました。あ、ブログに書いちゃった。 次からは直球もスライダーも舌を出しながら投げて別なサインを決めよう。

11月30日の夜の天候も、今まで晴れていたのに試合開始時刻のちょうど午後7時から小雨がぱらつきはじめ、心配しましたが早くてテンポのいいゲーム展開で予定よりも30分早く試合は終了。そしてこの写真を撮った直後に降ったりやんだりの小雨が大雨となりました。

7年前の2003年の10月30日、なんちゃってヤンキースの初試合の相手がこの若僧さんでした。
スコアは 1-16 の大敗。 
当初から なんちゃってヤンキースには高校野球経験者なども数人いましたが、お互いを知らず、
誰が誰をカバーしていいのかわからずにあっという間に時間が過ぎていった上での悔しい大敗でした。

今、なんちゃってヤンキースの選手は自分のやるべきことをしっかりとやり、
仲間のミスには全力で走ってカバーし合う集団となり、
7年かけて若僧さんに勝てました。
その勝利の舞台がエコスタ最終日程。
最高です。

マーヒー加藤 (ケアレ・スミス)
[PR]

by kaneniwa | 2010-12-03 22:25 | 草野球