<   2011年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

自粛の歴史

年号でいうと複雑な問題なので西暦で言うと、
1988年に昭和天皇が病床に伏された。

中日ドラゴンズがセリーグ優勝を決めたのは、その最中だった。

当時、星野監督(現楽天監督)が
「ビールかけは自粛だが、日本シリーズを勝って思い切り騒ごう!」
と言って、落合選手(現中日監督)が神妙な顔でその挨拶を
聞いていた。

私の記憶ではそうなっている。

この記憶から解るのは、セリーグ優勝時は天皇が吐血されて病床に伏された
直後であるから、ビールをかけあってのバカ騒ぎはどうしても自粛せざるを得ない
雰囲気であるけれども、2週間ほど経って日本シリーズが終わる頃には、
その自粛ムードは解禁されてもいい頃だということを星野仙一は
感じていたように思う。
実際に日本シリーズを制してビールかけをしたのは西武ライオンズだった。

そして翌1989年1月7日。
テレビはNHK、民放ともどもに「昭和をふりかえる特集」ばかりに
なり、レンタルビデオ店が満員になった。
それが軽く「不謹慎」だと言われた。
私はその時期、なぜかボブ・デュランばかりを聞いていた思い出がある。
別にそれで「それでも日本人か?」などとひとつも言われない時代だった。

その、非常に軽い自粛明けに日本のバブル経済というものがやってきた。
1990年と19991年、私は日本にいなかったので
本当のバブル経済全盛期を私は知らないが。

今年、東京都で都が管理する公園で花見をしての宴会は自粛だそうだ。
都が管理する公園といえば上野公園や井の頭公園だ。
両方とも、確かに都が管理しているが「恩賜公園」すなわち
天皇からさずけられた公園である。

ただでさえ手薄になっている警察官に迷惑をかけるようなことはいけない
とは思うが、「宴会」ではないと言い張り、静かに酒を飲んで桜を眺め、
友だちと語り合うのはいいのではないかと思う。

どちらにしろ、東京だけではなく今年の桜はいろんな意味で特別だ。
放射線の反応を確かめるという意味も出てきたかもしれない。
桜は日本を象徴する花だ。


マーヒー加藤


[PR]

by kaneniwa | 2011-03-31 02:16 | 雑草
2011年 03月 31日

草仏教経済学(20) あえて、今欲しい新製品を言います

燕市、三条市などの県央地域には
数多くの中小企業が建ち並び、円高不況のなか頑張っている。
中小企業といっても世界的なメーカーも多く、
たとえばアップル社のiPodのあの美しい仕上げの最終段階を
手がけている企業があるのもこの地区だ。

この地区からではなく、たとえば大阪の工場からでもいいので
国産で携帯電話の手動充電器が欲しい。

今回のような甚大な広域災害の時には、携帯電話も通じないという
こともあるが、少なくとも充電がされないということの不安が
解消されるだけでも、今、世界中で必要とされるものであるはずだ。
頑丈に作って欲しい。

今、短期間に開発してまず日本人が喜んで買って
世界に胸をはって輸出できうるものは、どこかで
「災害国の日本で防災のために作られたものです」
と言えるものしか売るためのメッセージはなかなか
込められないのではないかと思う。

電気製品に関して、日本製は複雑になりすぎた。
「省エネ家電」といっても、
タイマー類を搭載しまくったものは常に待機電力にしておかないと
再設定のたびに家電ごとの説明書を取り出すことになる。

本当にこの夏の日本はサマータイムになるかもしれない。
その時に「サマータイム対応の時計」とか
「サマータイムも想定した録画機」などというものが発売されたって、
停電もあるかもしれないのでかえって逆効果だ。

安いということもあるが、シンプルなので韓国製の家電を買うという
人も案外と多い。

シンプルに徹すれば、まだまだ日本の仕上げ能力は世界一だ。


マーヒー加藤


[PR]

by kaneniwa | 2011-03-31 01:11 | 雑草
2011年 03月 29日

草仏教経済学(19) 今できる消費

台風が来た夜にキャバクラに行ったことがある。
モテモテだった。

食中毒を出してしまった行きつけの居酒屋に
営業停止開けの日に飲みに行ったことがある。
大歓迎され、それ以降はいつでも好意的に
迎えられるようになった。

今回の大震災がなかったとしても
世の中から見放されかけていて
ご商売をあきらめかけていたところもある。

全国にチェーン展開をする大手も大変だけれども、
商店街のなかのお店のなかで普段でもあんまり人気がないところ、
そういうところにお金を使ってみるというのがいい。
ひと言でもふた言でも、マニュアルではない言葉が交わせるところがいい。

マーヒー加藤



[PR]

by kaneniwa | 2011-03-29 20:08 | 草評
2011年 03月 27日

草仏教経済学(18) こんな時に?か、こんな時だからか?

ブログ仲間から、間接的にこういう言葉を教わった。

「自分はただの歯車でしかない」なんて言う奴は
その歯車にさえなれない奴だ


東北と関東地方を襲った地震と津波で、
世界を動かすことに関わっていた幾万の歯車を
突然失った。
大きな喪失感のなかで、
危険な液漏れまで起こしているなかで、
歯車を動かすために必要なバッテリーも弱っているなかで、
残った無数の歯車は務めて冷静に自分の歯車としての役割を
果たしているのだと思う。

今日もまた寺を必要だと思っておられる方々がいて、
今日も何とか、その歯車としての一日を終えた。

こんな時の経済の話
[PR]

by kaneniwa | 2011-03-27 23:18 | 草評
2011年 03月 26日

藤波心さんのブログ

13歳の藤波心さんのブログ記事です。

私は電気は必要だと思っています。
このブログ自体、パソコンの電力消費はテレビに比べれば
小さいとはいっても、いくら電力消費のピーク時を外した
深夜などにノートパソコンを充電しているとしても、
電気なしには成り立ちません。
グランドピアノというものは憧れで欲しいけれども
私には買えませんが、電子ピアノは買えました。

電気が普及していない時代、
ディドロとダランベールが『元祖・百科事典』を作って、
それを読むことができたのはブルジョアであったけれども、
市民が知識というものを得てフランス革命の導火線役と
なりましたが、同じように最近、中東でフェイスブックやツイッターでの
情報交換やインターネットで得た知識によって革命が起きました。
電気がなければ、よほど直接民主主義に近い形態をとれる小さな町村ぐらいの
自治体を除いて国民主権の民主主義そのものが成り立ちにくいと思います。

電気は大切で、そして必要だと思います。

ただ、南波心さんの素直で正直で真っすぐな意見への
補足にも応援にもならないかもしれませんが、
地位・名誉・財産を中心に、幸せの価値観は転換しなければ
ならないと思います。

日本で原子力発電が始まったのが1963年。
私が生まれた年です。
最初の数年は実用というか運転実験に近いものだったでしょう。

子どもの頃を思いだしてみて、悪いことは忘れてしまったという
ことはあるのでしょうが、幸せでした。

私が今の南波心さんと同じ13歳の頃は1976年。
スリーマイル島の事故の頃で、アメリカの大統領はジミー・カーター。
人の活気という意味でのエネルギーは、今よりもずっとあふれていた
ような気がします。


マーヒー加藤


[PR]

by kaneniwa | 2011-03-26 23:57 | 雑草
2011年 03月 24日

正義は風まかせ?

マイケル・サンデル (Michael J. Sandel)ならどう出る?
なんてことをふと思った。

マイケル・サンデルがこれから「正義」の話をするなら、
5人を救うために1人のいのちを犠牲にすることは
間違いだというのだから、
東京電力福島第一原子力発電所で作業員2人が放射線に被曝(ひばく)し、
β(ベータ)線熱傷の可能性も否定できないということをどう考えるだろうか。
東電の協力社員(要するに下請け)である。

5人と1人とは、2000万人と2人なら分母と分子の数が違うという話だろうか。
あるいは、ハーバード大学の講義室と現実は違うということだろうか?

ゲームなら犠牲は大アリだ。
野球の犠牲バントというのは状況によって立派な作戦だ。
献身的バックアッププレー、これはむしろ醍醐味だろう。
では、マイケル・サンデルの言うことは虚構なのか?
マイケル・サンデルの哲学は何かのプレイか?

福島県原町の大町病院でほとんどの医療スタッフが逃げ出し、
17名だけが残って、1人が33人もの患者さんを看ることになり、
患者さんに死者が出たということは痛いニュースだった。

自分ならどうするか?
医療関係者ならば普通の人よりも放射能についての知識があり、
その知識があるがゆえに怖いだろう。
逃げた人も痛かったはずだ。

自分ならどうするか?

「わからない」

というのが私の答えだ。

私が20歳の時か、30歳の時か、
養うべき家族がある47歳の今なのかで、
答えは違ってくるかもしれない。

もしも借金を抱えて自暴自棄になっている時なら
「大町病院どころか福島第一原発に行きます!」
と宣言する可能性だってまったくないわけじゃない。

ゲームなら、二者択一の質問には
「そんなのわからない」 とハッキリ言える。
堅実にいくかギャンブル的に攻めるべきか、
打つべきか待つべきかなんて、そんな判断は
野球なら点差、アウトカウント、ボールカウント、
などで変わってくる。

スポーツ新聞などで「どれを切るべきか?」という
ような麻雀のクイズみたいなものがあるが、
あれはあんまり意味がない。
その時の他の3人の状況で自分の作戦も変わる。

正義の答えはわからない。
ただひとつわかったことは、
わたしの正義など福島第一原発からの風が
自分が居る新潟県に向かって吹くか、
被災地の東北の海岸に向かって吹くか、
首都圏、関東地方に向かって吹くかで、
けっこうグラグラ動くなぁとは自覚的に思う。

マーヒー加藤


[PR]

by kaneniwa | 2011-03-24 22:53 | 雑草
2011年 03月 23日

風評被害(かどうかはまだわからない)の最悪の結果とは

風評被害の助長というものにつながる可能性がある記事については、
ブログ記事を書くことを差し控えてきましたが
東京都水道局の発表をさっき聞いて、書かざるを得なくなりました。

特に妊娠中のお母さん、幼い子どもを育んでおられるお母さんたちには
「平静に」と言ってもそれは酷です。
「その水で作った粉ミルクを数回与えても害はない」
と言われても、粉ミルクなら一日6回は赤ちゃんに与えるでしょう。

飲食店も、お客さんの目の前で新品のペットボトルの水を開けて出すのでは
なくては水を飲んでもらえません。スープもそうです。
家庭にお客さんがやって来て、お茶やコーヒーを出す時も同じです。
そして、被災地の避難所では水が不足しているところが多いというのは
ご存じのとおりです。

病院では患者さんに薬を飲ませるための水をどうするのか、
医師や看護師さんたちは心を痛めているでしょう。

これだけは書きたいということを書きます。

最低最悪の風評被害(かどうかはまだわからない)の結果というものを考えると、
それは堕胎と自殺です。
チェルノブイリの原発事故の、もっとも悲惨な結果は
ヨーロッパ諸国で、しかも知的レベルが高いと言われているような
国々で、妊娠中の女性の堕胎が相次いだことでしょう。
生まれて来た子どもに異常があったとすれば、
必ずやその関連性を疑ってしまうこと自体、原子力と、その発電は大罪です。
原子力発電に反対してきた人も、それを徹底できなかった罪があります。

チェルノブイリ事故当時のソ連が秘密主義であるということはありましたが、
実際に、チェルノブイリ事故直後に生まれてきた広範囲のお子さんたちが
白血病や先天性異常になる率が高いというちゃんとしたデータは見たことがありません。
少なくともはっきりとチェルノブイリ事故の放射能汚染が確認されたヨーロッパ各国の
データでも見たことがありません。
いちばん哀れに思うのが、堕胎して後悔しきれない後悔をした親たちです。

自殺は自分の「思いこみ」が自分を殺します。
ビルから飛び降りた人の映像を見たことがありますが、
「思いこみ」は死を選んでいても、体は本能で最後の最後まで
全身のすべてで生命を防御して生き延びようとしています。
脳は死にたがっていても身は生きたがっています。

おなかのなかの赤ちゃん本人もそうでしょう。
赤ちゃんは、最後の最後まで生命力を燃やします。
それを殺すのは脳のなかでの思いこみであって、
思いこみの底にある本能の罪悪感はずっと残ります。

風評被害といわれるものの風評が悲観的すぎるのか、
あるいはまだ楽観的なものなのか、それはわかりません。
悲観的な方の考えでいくと、雨雲から降った雨に含まれていた
放射能が原因だとすれば、琵琶湖だって安心できません。
沖縄だってわかりません。

ただ、自分の思いこみで最悪の判断をすることだけは避けてください。

マーヒー加藤


[PR]

by kaneniwa | 2011-03-23 16:01 | 雑草
2011年 03月 23日

橋幸夫さん67歳の新聞投稿

今朝配達された毎日新聞の「みんなの広場」に
東京都渋谷区在住の橋幸夫さん67歳の投稿が載った。
もちろん、あの高名な歌手の橋幸夫さんであるが、
「国会議員は何をしている」
と題された一市民としての怒りの投稿だ。

選挙の時だけ地元で笑顔をふりまき頭を下げるのに、
こんな時こそ地元に帰って国とのパイプ役にならずに
それで国の代表だと言えるのか!?

という趣旨である。

橋幸夫さんは16日の夜、首相経験者の国会議員
(ということは鳩山くんか?麻生くんか?)
に電話して
「どうなっているんだ?」と言うと
「申し訳ない」
と謝るばかりだったという。
新聞投稿は、
「国会議員のこの一週間の行動を新聞は検証せよ」
と投稿された文章は結ばれていた。



国会議員のいろんな大罪のひとつに、
「土下座の価値を著しく下げてしまった」
というものがある。

選挙の時だけ頭を下げ、選挙戦が拮抗している情報が入ると
実に簡単に土下座をしまくった。
女性議員でさえ土下座をした。
仏教の五体投地のポーズだけ真似した。

私は一市民・橋幸夫さんのこの投稿は、かなりの反響を
呼ぶと思っている。
私は元首相の大物現役議員の電話番号を
知らないだけで橋さんと同じ気持ちだ。

小沢くん、あなたは岩手選挙区でしょ。
東京の自宅でいったい何してるの?
小沢ガールズも手分けして、
せめて被災地の自治体の長の話だけでも聞いてきてよ。

鳩山くん、どうせ東北との関係も深い北海道で
一旦引退宣言して居座るあなたはもう選ばれません。
現役議員の多額な寄付が何かの違反になるなら、
それも覚悟で議員バッチを今外してビックリするぐらいの
義援金を出してください。みんな出しているんだから。
すでにこの4月から上がるけど、相続税というものを
ドバッと増やさないと国民は増税に賛成しないの。
大人しい日本人でもサラリーマン一揆がおきちゃうの。
商店街革命が起きちゃうよ。
相続税をドバッと取られちゃうぐらいなら、
今のうちに義援金をドバッと出してください。
ちなみにブリヂストンが20億円出しているのは知ってるよ。

マーヒー加藤



[PR]

by kaneniwa | 2011-03-23 14:29 | 雑草
2011年 03月 22日

突然、10年後の世界が見えました

一ヶ月先、一週間先が見えないような世の中で、
突然、10年先が見えました。

10年後の世界が見えてきた最初のきっかけは、
3月11日のあの大震災と津波が起こる少し前のことです。

小学校6年生の娘の担任の先生から
一本の電話をもらったことがきっかけです。
「あなたの娘さんに卒業文集の編集委員をやってもらって、
その出来の良さに感動してしまった」
と言われました。涙声でした。
何でも、文集の他に回転寿司の店内のイラストがあり、
回転寿司の花皿を形どったテンプレート(雛形)でもある
40枚のお皿、そのひとつひとつ生徒からの短い
メッセージが書き込まれているそうです。
それが回転寿司の店のカウンターに座った自分のところに、
次々と流れてくるかのような演出だそうです。

2月中、小学生のクセに頻繁に夜更かしをして何かをやっていたので
叱りつけたことも多かったのですが、まさかそれをやっていたとは
まったく知りませんでした。
娘もまったく言い訳をしませんでした。

3月24日、卒業式の日にそれを持って帰ってきます。
妻(シャラポア・日本人)とともに卒業式に出席しようと思っていましたが、
それはちょっとできなくなってしまったのですが、私は何よりも
その卒業文集が見たくて仕方ありません。

ありがとうございます。
このブログに時々娘のイラストを掲載した時に、多くの人が
それをほめてくれたおかげだと思っています。
ほめられて、娘はとっても嬉しかったそうです。

ちょっと照れくさかったのですが、
「お前、将来何になりたいんだ?」
と聞くと、娘も照れくさそうに
「イラストも描ける作家になって物語を書きたい」
と言いました。

ついでに9歳の息子に
「お前は何になりたいんだ?」
と聞くと、アウトドア英才教育を受けて図工が大好きな息子は
「スノーピークに就職してカッコいいテントを作りたい」
と言いました。

娘と息子の可能性を守り、育むつもりです。


10年後、人口が著しく増加した国々の消費が拡大し、
食料と石油資源の奪い合いが起こります。
水も奪い合うことになるでしょう。
世界のなかで毎年、北海道の2倍以上の耕作面積を増やさない限り、
そうなっていきます。
海洋資源も奪い合いになります。

そんな中、新エネルギーを動力源にした日本の漁船を
三陸海岸から海の男の生き残りとその子孫である若者が動かし、
日本人が、世界の人々が飢えないようにクジラを捕りにいきます。
クジラを捕り、そのアブラだけを燃料として利用した後に
食べずに死骸を捨ててきた人々とは違い、
クジラをひとつも無駄にすることなくいただき、
供養もします。

それが実現しなかったら、日本はもちろん世界は終わりです。
奪い合う世界はモノがいくらあっても足りず、
分け合えば余ります。

シー・シェパードのメンバーが三陸沖でイルカの調査中に被災しましたが、
日本人に助けられ、日本人に水や食料を分け与えられています。
文章に書かれた国際法などはるかに越えたところでの海のルールを
日本の三陸海岸の人々は守って助け合っています。
素晴らしいと思います。

産経新聞が、福島第一原発の危険性を訴えていた共産党を
ほめました。
サンケイグループが共産党に好意的な記事を書いたものを
初めて見ました。

理念や観念ではひっくり返らなかった価値観が
これからどんどん転換してきます。

歴史という過去があり、可能性という未来があって
かけがえのない一期一会の今があります。






マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-03-22 01:28 | 雑草
2011年 03月 21日

2011年以降の科学教育の原点



忌野清志郎(RCサクセション)が原発反対を歌って、
発売元の東芝EMIの親会社(もちろん東芝)が原発関連会社だった
ことで発売が差し止めになったレコードがあった。

当時、原発反対ソングが、アコーステックギターではなく、
電気を使うエレキギターで歌われることが
矛盾ではないかという意見が、少なくとも私の周りに数名いた。

私は従来から 「原子力より原始力」とは言っているし
アウトドア指向が強い方の人間ではあるが、
アウトドア原理主義みたいな者ではなく科学を否定しない。
キャンプ場に行く時だってテント内用の電気ランタン、懐中電灯
などは必需品であるといっていい。

科学兵器は大嫌いで電気楽器は好きだという立場だ。
(それでもアコーステック楽器がさらに大好きだ)

緊急地震速報は人を救うための科学の結集であり、実際に救われたと
実感している人も多くいるはずだ。
携帯電話は救援活動にも使われるし、
医学は科学のアシストを受けて人を救う。

一方で、最悪の科学、不幸の科学に核爆弾のような大量殺人兵器もある。
「殺意」というものはなかったとしても、原子力発電所のように
「責任のとりようもない大量過失致死」の可能性がある科学がある。

科学は儲かることも事実であり、日本の主力産業になっている。

ただし、「人を生かすための科学と殺す科学がある」
ということを科学を教える時の原点のようなものにしていきたい。

どう転んでも、これから少なくとも首都圏は節電都市にならざるを得ない。
日本の科学で儲けてきたところは、至急、手動の携帯電話用充電器を
国内生産で作ってください。ソーラパネルを作ってください。
人を生かすために。

どんな科学も、最後の最後は「手動と自然任せ」です。


マーヒー加藤



[PR]

by kaneniwa | 2011-03-21 04:57 | 雑草