<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

画狂老人卍 (がきょうろうじんまんじ) を語ってみる

b0061413_12544550.jpg 朝起きたら、隣に知らない男が寝ていた。朝5時に、その知らない男の携帯電話の目覚ましアラームが激しく鳴る。それで私は朝起きたのだ。私は熟睡しているその知らない男を優しく揺り起こしてやった。「君、君、アラームが鳴っているよ、何か大事な用事があるんじゃないか?」知らない男は目をこすりながら起きて「あ、加藤さん、すみません」と言って、携帯電話のアラームを止めて別な時間にアラーム設定をすると大きなアクビをして、またすぐに寝た。どうやら私の知らないこの男は私のことを知っているみたいだ。私も彼の寝顔を見ながらどこかで見たことがある顔かどうかを数分間観察してみたのだが覚えのある顔ではない。「ま、いっか」とすぐに私も寝た。しかし、30分後の朝5時30分に再びアラームが鳴り、30分前のリプレイがあった。朝の6時、3度目のアラームが鳴って2度目のリプレイが起ころうとした時、さすがの私も隣で寝ていた見ず知らずの男に朝っぱらから説教をたれることになった。「おい、ここは俺の部屋だが、まずお前は誰だ?」「あ、すみません加藤さん、Mです」・・・Mという名字にはまったく覚えがなかった。「M君、今日の君の予定はどうなっている?」「はい、朝9時にホテルの朝食バイキング会場で新郎と待ち合わせをしています」「そんなら俺もそうだ・・・おい!携帯のアラームを6時30分に合わせる作業をやめろ!一発で起きれないならスヌース設定というものを知らないのか?だいたい9時からの予定で何で5時にアラーム鳴らすの、お前は?どっちみち俺が朝の7時30分にモーニングコールをセットしているからそれでいいだろう?」「・・・はい、すみませんでした」「わかったら携帯切って寝ろ!」「・・・はい、すみませんでした」 という一幕があって小間切れの睡眠を続けた。朝7時半、ホテルの部屋の固定電話がモーニングコールで鳴ったのだが、何とそれにさっきMと名のった男が出てすぐに切って眠ろうとしたので「こらっ!勝手なことするな!」と怒鳴って起きた朝だった。 朝9時、Mを半ば連行するような形で朝食会場に行き、新郎と会ってM君のことを聞いた。M君は新郎の学生時代からのパシリ(舎弟)であり、15年ほど前に私は彼に会っていた。ただし、その時にM君はFという名字であった。結婚して名字が変わっていたのと15年間であまりにも風貌が変わりすぎたため、彼は私にとっての「知らない男」となっていたのだった。 M君は昨日の結婚式に事情で欠席の連絡を出していたのだが、夕方になってから親分(新郎)の2次会の終わりの方でもいいからひと目でも顔を出したい気持ちになり、愛知県の西尾市から長野市まで車を飛ばしてやって来たのだそうだ。朝5時にアラームをかけていたのは、昨夜、何とか間に合った2次会でベロンベロンになるまでは早朝に西尾市に車で戻るつもりだったのかもしれない。ベロンベロンになったものの、新郎新婦の部屋で仮眠をとるのはさすがに遠慮して私の部屋に潜り込んできたという顛末をようやく理解することができた。 長い前置きになってしまったが、私が長野県小布施町の北斎館を訪ねた朝はそんな具合だった。


画狂老人卍 を語る
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-31 17:12 | 雑草
2011年 05月 29日

おめでとう、ブラザー!

b0061413_2372896.jpg この写真はネクタイだけを変え、ソフト帽とサングラスをかけて2次会に向かうところを携帯で撮ってもらったものだ。左手首に付けているものは念珠ではなく、よくクラブイベントである「出入り自由の証」であるところの蛍光腕輪である。このカッコは44才の新郎の友人たちにはそれなりにウケていたが、29才の新婦の友人たちはブルースブラザースなんて知らない世代なのだ、ということを計算に入れていなかった。 まあ、結論から言えば、浄土真宗の重鎮も多く居た披露宴(一次会)からこのカッコでも良かったかもしれない。 新郎は住職でありつつクラブDJであり、なおかつ雅楽の楽員の顔ももっているので、格調高い雅楽の音色でしずしずと入場し、「おっ、ここはバッチリ決めるのか?」 と思わせた。巨大スクリーンに、よくある幼児期の頃からの両人のスライドショーが展開するのか?と思わせられたら、スクリーンに登場したのは北朝鮮の女性アナ。あの威勢の良すぎる声でいきなりがなり立てられ、招待客150人が唖然とするなか、大きな文字の字幕が入って北朝鮮が二人の結婚をトップニュースで伝えているというギミックになっていた。続いて画面に登場したのはオバマ大統領。英語でしゃべっているのはどうもリーマンショック後の合衆国の金融政策のことのようなのだが、出てくる大きめ字幕が「結婚おめでとう、今日は出席する予定だったけど厚化粧の国務長官に反対されてね」という言葉に始まって、キャプションが表示されるたびに爆笑の渦。オバマ大統領の仮想祝辞の途中で、絶妙のタイミングでブラスバンド演奏のアメリカ国歌がクロスインしてきてフェードアウトされる。さすがクラブイベントを手がける新郎の仲間たちの演出だ。新郎がディスクをまわすクラブイベントで知り合ったということで、随所に祝いのダンスパフォーマンスが一次会の披露宴から展開される。ユーロビートをフォーマットにしているとはいえ、たいへん痛快で面白い結婚式スペシャルのオリジナルダンスナンバーも披露される。バッチリ和服の礼装で決めてきた仲人の奥さんも踊る。草履での小刻みな横ステップに会場から「可愛い!」の歓声が上がる。私も心の底から「可愛い」と思った。そんな結婚披露宴のなか、数学の教師で高校時代の担任だったという先生からの祝辞が非常に良かった。

正直言って、彼ほど手を焼いたワルはいなかった。
彼は高校時代のワルたちのなかでもその中核だった。
しかし、久しぶりに仲間の教師と酒を飲むと何年経っても
不思議と彼の話ばかりになってしまう。
時間が経てば経つほどに、
ワルである彼の心根の良さとその魅力に気がついてしまう。
その心根の良さを証明することとして思い出すことのひとつが、
高校を中退する者がいた時に彼が私に
「あいつが辞めていって、俺なんかが高校に居ていいのか?」
と真剣に問いかけたことだ。
今、私はいい子たちを教えている。
いい子たちを教えながら、ふと自問する。
今の自分は教師としての実感が乏しいのではないだろうかと。
彼と接していた頃、かなり手を焼いていたが、
あの頃の活気と活力をなつかしく思う。



という、わずか6分少々のスピーチに感じ入った。
この飾りのない、いろんな意味で正直な言葉が、
彼の人間性をかなり的確に「証明」し「証言」してくれていた。
数学の先生のこの「証明」にはシビれた。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-29 23:20 | 雑草
2011年 05月 27日

久しぶりの結婚式への出席だが・・・

もうすぐ日付変更で早く寝なければいけないなぁ。
明日は朝、車で長野市に向けて出発。
友人の結婚式なのだ。
44才が29才と結婚だ。
新郎は若くして住職になったのだが夜の顔はクラブDJでもあり、
新郎当人がDJの重責を担いつつ、アナログディスクを華麗にまわしつつ、
スクラッチでのつなぎもしつつ、80年代と90年代の曲を中心に
2次会は構成される(らしい)。

浄土真宗(真宗大谷派)の重鎮も集まる披露宴(一次会)と、
本人がDJを勤める2次会の、その両方の招待状を受け取った人というのは
どうもほんの数人であり、私はその数人のなかに入っているようだ。
一次会の招待状は恐るべき格調の高さであり、
2次会の招待状はカジュアル印刷の葉書だったということも
明日の過ごし方の難しさの一端をすでにのぞかせている。

まず困ったのは、どんなカッコをしていくべきか?
という問題であった。
披露宴をやるホテルに部屋をとってもらってはいるが、
久しぶりに会う人とロビーでコーヒーかなんかを飲んでいる最中に
「んじゃ、クラブ仕様に着替えてきますんで、失敬します」
とか言うのも間抜けだ。

考えた苦肉の策であるが、まず一次会は礼服で行く。
黒のフォーマルスーツである。

そして、2次会であるが
ネクタイだけ変えて、黒のソフト帽をかぶり
レイバンのレイ・チャールズモデルのサングラスをかけ、
CIAファッションというか、ようするに
数分でブルース・ブラザースのエルウッドに変身することにした。

ブルースブラザースなら、ギリギリで80年代だ。
あったまいいのか悪いのか、明日にならなきゃわからない。


私とシャラポア(妻・日本人)は(今回の事象に比べると)
7才しか離れていないから、あまり説得力はないけれども
年の差は結婚生活の年数によって次第に関係なくなる。

さらに「マーヒーの法則」によると、
子どもが誕生した場合、その子ども(たち)の年齢もまた
その年の差を埋める年数に加算される。

つまり、うちはハネムーンベイビー(Made in Canada)
なので、7才の年の差は3年ちょっとでチャラになった。

今度の新郎と新婦は15才離れているのだけれども、
80年代と90年代の名曲が、その差を埋めるのをさらに
加速させてくれるだろう。
何はともあれ、おめでとう。
レッツ・グルーヴぅ!

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-27 23:25 | 雑草
2011年 05月 24日

名曲草鑑賞 (26) クレイジーキャッツの五万節



コミックソングと呼ばれるものが昔から好きであったが、
一聴した瞬間から大笑いしてしまった歌というものは
ありそうでそんなにはない。
でも「五万節」は初めて聴いた瞬間から大笑いした。

特に 「打ったホームランが5万本」 のフレーズが私の笑いのツボ、
笑い袋をいたく刺激した。

ホームランを5万本打つには、通算868本の本塁打を
記録した王貞治選手が年間に50本前後の本塁打を放った
全盛期の勢いを保ったままで1000年間、
現役を継続しなければ実現しない数字である。
王貞治が小学生時代からの草野球でのホームラン、
練習試合、紅白戦、オープン戦、オールスターゲーム、
日米野球、さらにはイベントでのホームラン競争を
加えても到底5万本には到達せず、
キャンプや毎試合前の打撃練習でのスタンドインも含めて、
ようやく5万本に到達するかどうかというところだろう。
とにかく、「5万節」の歌詞のように
「学校出てから十余年」での到達は無理である。

1985年の4月23日、藤井寺球場での南海ホークス戦
にて、ジャンボ仲根の愛称で親しまれた
近鉄バッファローズの仲根正広選手が野手に転向して
「プロ野球通算5万本目のホームラン」 というものを放った。
(我ながら記録マニアだなぁ)
それからもう26年も経ったけれども、
日本のプロ野球がはじまって以来、公式戦での本塁打は
7万本前後しか出ていないはずであり、
そのうちの5万本を個人で打つということは、ほぼ不可能であろう。

しかし、その「ほぼ」のところにおいて、
元気のいいブラボーソング・ホラ歌の歌詞のなかで
「5万」 という線は絶妙な数字であり、
たとえばこれが 「打ったホームランが5億本」であっては、
笑える要素は半減以下となってしまう。
「5千本」でもいいホラ歌にはなっていただろうが、
「やはり迫力がひと桁違う!」
ということになる。


はじめて 「京」 という数字の単位を新聞で目にした。
福島第一原発から漏れた放射能の総量が
ベクレルという単位で計算されたのだ。
もちろん、こっちの方は現実。
もちろん、まったく笑えるわけがない。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-24 20:10 | 草評
2011年 05月 22日

コッヘル140番 あんかけ揚げ豆腐

b0061413_23441354.jpg 居酒屋などではかなりの確率で注文するのに家庭ではあんまり作ったことがないメニューというものがいくつかある。「揚げ出し豆腐」などは私にとってはその代表みたいなものだなぁ。居酒屋ではイチローの出塁率ぐらいの確率で注文するメニューであるのに家庭では3回ぐらいしか作ったことがない。理由は揚げ物なので大量の油を使うからだ。そして、大量の油を使う時はフライドチキンなどを作る時がうちではもっとも多く、フライドチキンがメインの時はメニューの編成上、揚げ出し豆腐はなかなか頭に浮かばないというわけだ。(しかし、居酒屋などでは鶏のから揚げと揚げ出し豆腐を同時に注文していることなんかはけっこうあるのだが・・・) というわけで、天ぷらをやった時にメニューの構成上なかなかの和食コースになると思って豆腐に片栗粉をまぶして揚げてみた。いわゆる揚げプラス出汁の揚げ出し豆腐ではなく、お粥(なんちゃって瓢亭粥)で時々やる和風餡をかけてみた。白だし系に吉野葛を混ぜただけなのだがなかなか使える奴だ。葛はクズではないなぁと思った。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-22 23:50 | 草外道
2011年 05月 20日

草仏教掲示板(34) 人はいつ死ぬか?

b0061413_2333310.jpg この言葉を選んだのも書いたのもシャラポア(妻・日本人)である。漫画の『ワンピース』からの法語の選びであった。どうも言葉の選びといい書といい、シャラポアの方が思い切りがいい。昨年の秋あたりだっただろうか、9才(半年前ながら当時8才)の長男が録画してあった映画版の『ワンピース』を見て釘付けになったのがはじまりだっただろうか。「こんなにおもしろい物語は初めてだ!」ということでお小遣いをすべて注ぎ込んでコミックスの1巻から少しずつ買いそろえ、つい最近になって最新刊の62巻まで全巻そろえた。その間、コミックスを買いそろえるべくお小遣いをゲットしたいというモチベーションもあって寺の掃除や薪ストーブの手入れ、食後の皿洗いや片づけなどを実によく手伝ってくれた。『ワンピース』で初めて覚えた言葉も多いだろう。さらに副産物があった。母親のシャラポアが息子から借りて読んでいるうちにハマッた。母親がハマると中学一年生の長女もハマった。5才になったばかりの末娘はトニートニーチョッパーの大ファンである。今、そのメンバー(家族)で共通の話題になる物語は『ワンピース』である。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-20 23:56 | 草仏教
2011年 05月 18日

コッヘル139番 シソ参入のカプレーゼ

b0061413_2344852.jpgこういうブログ記事には的確でないかもしれないが、和魂洋才(わこんようさい)という言葉がある。明治以前は和魂漢才と言った。日本の精神をもって西洋の学問や知識を吸収していく方針というかキャッチフレーズのようなものだ。トンカツもあんパンもこの精神をもって生まれたと言えるのではないだろうか。とりあえず明治以降の歴史のなかで数多くの失敗例もあるのだろうが「和洋折衷」(わようせっちゅう)というものは好きだ。うちは折衷にしょっちゅう熱中。「まさに折衷効果大」の必中を狙っている。 ※野暮ながら解説すると、今のギャグはマサチューセッツ工科大をなぞらえてみた次第であります。

 b0061413_235774.jpgモツァレラチーズとプチトマトとオリーブオイルと塩があったとして、あとは「バジルあたりがあればいいのかな」となるが、せっかく地物のいいシソの葉があるのだから参入いただいていいのではないだろうか。もともと洋才のイタリアのものはオリーブオイルだけでモツァレラチーズは北海道産。プチトマトは熊本産。塩はなぜか最近よく使う韓国の超微粒子系(キパワー)のもの。イタリアと韓国の選手がいるJリーグのチームみたいなものだ。中田英寿がペルージャやローマといったセリエAのチームに所属してから「さすがイタリアに行ってからの中田は作るパスタ料理のソースが絶妙になった」という評価を得た(違うか?)ように、日本代表チームを率いるアルベルト・ザッケローニ監督もまた「さすがザック、日本の素材をこのように使うのか!」という評価が定着するようになって欲しい。(これも違うか?)
 

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-18 23:35 | 草外道
2011年 05月 16日

名曲草鑑賞 (25) ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix) のパープルヘイズ(Purple Haze )



ふっー、探していた音源(動画)が見つかった。
でもこれではなくてこの二人の組み合わせで
もっと固い感じの音を出していた記憶があるのだが
確かな記憶ではないから思い違いなのかもしれないな。

国本武春の公演でかかる 「たっぷり!」 という客からのかけ声がいいなぁ。
私はよく知らない世界なのだが、浪曲ではけっこう昔からあるかけ声らしい。

「たっぷり聞かせてね」という意味なんだろうなぁ。
ジミ・ヘンドリックスが登場する映像を見ると、
ついつい 
「たっぷり!」
とかけ声をかけてしまう。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-16 22:59 | 草評
2011年 05月 12日

名曲草鑑賞 (24) ホテルカリフォルニア(Hotel California) 



ザ・サンセット・ライダース というバンドがある。
100%イーグルスの楽曲で演目が構成される。
バンジョーやマンドリンも駆使しつつ 
MCまでもイーグルスのメンバーになりきり(ただし日本語)
イーグルスの「完全コピーバンド」(本人たちもそれを目指しているので怒られないと思う)
として素晴らしい完成度を誇っている。

ザ・サンセット・ライダースとまではいかなくとも、
イーグルスの楽曲をプロが「コピーではなくてカヴァー」として
やる時でも、ある程度レコーディングされた音に忠実に再現する方針が
貫かれているというようなことに気がついた。
あんまり独自のアレンジを入れるという要素が少ない。
JAZZ度、ブルース度が薄いどころかまったくないといっていい。
これは「ロックバンド」としてはいちばん薄いと思う。
「薄い」といってけなしているのではなく、
もともとスタジオミュージシャン集団がバンドを組んで
ロックバンドにアコーステックギター、マンドリン、スティールギター
などの音を入れていくのが上手い上に徹底的にこだわった完成度が高い
ということも言える。

Char・奥田民生・山崎まさよしという三人が
ホテルカリフォルニアをやったとしても、
アレンジを加えたのは歌詞の方であり、
ギターソロなどはアコーステックアレンジではあっても
ドン・フェルダー(Don Felder)とジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)
の掛け合いをこのメンバーでかなり忠実に再現している。
しいていえばCharがアドリブを入れたがるような装飾音をちらつかせているが
決して原曲のラインを外さない(あるいは外せない)感じがする。

たとえば大昔の話だが高校生時代に
ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)のコンサートに行った時には
テイク・イット・イージー(Take it easy) の間奏に
延々とフィドル(カントリーヴァイオリン)のソロが入るアレンジで
やってくれて非常に良かったのであるが、
この曲はジャクソン・ブラウンがイーグルスのメンバーと共に
作った曲であるから許されるような気がした。

大昔ではないが、15年ほど前、横浜アリーナで本家イーグルスを見た時
(ジョー・ウォルシュが誕生日だったので、調べれば日付もわかるな)
だいたい本家イーグルスが非常にレコーディングされた音を忠実に再現する
バンドなのだ。
忠実過ぎてライヴ感に欠けるほどだったが、
私としては 「アドリブを許さない完成度」のようなものを認識できて
とても良かった。
ホテルカリフォルニアのエンディングだけは、
これはレコーディングのようにフェードアウトしていくわけにいかないので
やはり体言止め的手法というのか
「毛ガニ!」(貼り付け画像参照)
でスッパっと切るしかない。


しかし本家イーグルスの12弦ギター
(中学生時代に初めてこの音を耳にした時には驚いたなぁ)
がホントに日本が誇るタカミネのギターだったことには感激した。
(横浜アリーナ、かなり前の席でした)

ブラインド・ウィリー・マクテル(Blind Willie McTell)という
ブルースマンが12弦ギターの使い手であり、
古い録音(主に戦前)の音はモノラルなのにその独特の響きには
魅せられていて、
「よし!12弦ギターを所有してやっか!
 どうせならタカミネか!」
という気持ちが沸騰したところ、
タカミネの12弦ギターは製造を中止しているということだった。

時代は流れたな。
ホテルカリフォルニア、遠くなりにけり。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-12 22:32 | 草評
2011年 05月 09日

コッヘル138番 チャンジャ豆腐

b0061413_8171967.jpg まずは焼き肉チェーン店でのユッケ食中毒事件について述べたい。青酸カリやヒ素入りカレーではあるまいし、ユッケを食べて幼い子どもを含む4名の方々が亡くなられ、今のところ分かっているだけで24名の方々が重体であるとは痛ましいことだ。しかしユッケが一皿280円というのも尋常ではない。もちろん安くて活気があるのはいいことだ。でもユッケを一皿280円で出すために業者をはじめさまざまな人たちを泣かせ、最後には食べた人と遺族を泣かせた。原発事故にも共通するものが底辺にあるような気がする。コストに徹底的に厳しくこだわったが、安全を確保するためのコストには無関心で事件や事故が起きた時の補償をそのコストには含んでいなかった。「安い!」という時の「安」には「安心」の「安」も含まれていなければ何もならない。 さて本題に入る。チャンジャとは鱈(タラ)の胃袋を塩漬けした後、ごま油、唐辛子、ニンニクに漬け込んだ物であり塩辛の一種でもあるがキムチのバリエーションのひとつでもあるといえる。 20年前にこのチャンジャを知った時からいきなり大ファンとなって、今では焼き肉ではない時でも食卓に登場するようになった。そういう時の展開のひとつが、このチャンジャ豆腐である。豆腐の上に市販のパックか瓶詰めのチャンジャをのせるだけである。豆腐も自作しているわけではないので「料理」というには簡単過ぎるぐらいの部類に入る。もうレシピ以前である。注意点は柔らかい絹ごし豆腐よりは堅めの木綿豆腐の方が相性がいい気がする。さらに今回の写真はうちのテーマ食材のひとつである沖縄の島豆腐であり、この組み合わせは韓国と沖縄のよき縁談(マリアージュ)であろう。チャンジャの結婚式はやっぱ神社? チャンジャは安くていいものもあることはあるが、ある程度値段は正直である。コスト度外視とまでは宣言しないが。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-05-09 09:47 | 草外道