草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 27日

打田十紀夫ライヴに行ってきた

b0061413_0143719.jpg 村上市の村上駅前、楽屋(がくや) というライヴハウスに行って満喫をして終電で帰ってきた。4駅しか離れていなのだが、なんせ新潟県北部なので都市の地下鉄でいえば8駅ぐらい離れている感じだろうか。日付が変わってさっそくブログ記事を書いている。打田十紀夫さんの弾くラグタイム、カントリーブルースなどギターテクニックはもちろん天下一品であることはもちろんなのだが、トーク(MC)が華麗であることに嬉しい驚きを感じた。ギター同様に、クリアーな声で語り口の間とテンポが実にいい。しかも、客の反応を膚で察知しながら、トークの方もアドリブの妙味が満載されている。しかも、トークを終えるとギターのプレイに支障なき場所に無駄のない動作でマイクスタンドを避け、その華麗なMCは楽曲の邪魔をいっさいしない。邪魔をしないどころかブルースであればその味わいを深め、ラグタイムであればその軽妙さを十二分に引き立てるのである。たとえば、打田さんは村上市の前は東北各地のライブハウスを巡っていた。当然、そこで出会った惨状が語られる。たとえば、いわき市の海岸通りに 「ここはお祖母さんが愛した庭の跡だから壊さないでね」 という立て札が立てられた家の土台だけがある場所で立ちつくした話・・・ただ、そういうトークで場がしんみりした時に、おそらくそれまでの演奏から感じる視線から 「今日の客はギタリストが多いぞ」 という雰囲気を充分察知しての言葉であると思うのだが・・・「ギタリストというのは大地震が起こったらどのギターを持って逃げたらいいかわからなくなって、逃げ遅れて死んじゃうのじゃないかなぁ?日頃から優先順位をつけておいてコレだ!という一本を持って逃げましょう」 と言って客たち(30人)を笑わせる。そして震災中にレコーディング作業をすすめていたという「SAKURA」という曲を復興を願って奏でる。 打田さんは 『ココナッツクラッシュ』 という、ジャイアント馬場の得意技をそのままCDのタイトルにしたことがあるほどのプロレス好き、ことにジャイアント馬場の信奉者である。(東京のディスクユニオンで、『ココナッツクラッシュ』が、ブルースでもカントリーでもなくトロピカルなコーナーに置かれているのを見たことがあるが・・・) かなりマニアックなプロレスの話とアコーステックブルースの話をからめてするなかで、「ほんの指一本で暗いコードが明るいコードに変わる。人生の暗転も好転も紙一重、ギターは実に人生を教えてくれる」 という深みがある言葉もまたテンポ良く挿入される。  ギブソンのB-25(写真だといちばん左)という12弦ギターでロバート・ジョンソンに捧げる曲を弾く。12弦ギターでロバジョンっぽいフレーズを連発するとは何とすごいテクニックだろうか。12弦を弾く打田さんの背後で大柄な黒人がのっしのっしと歩く姿を見たようなな気がした。それがロバート・ジョンソンかどうかはわからないが・・・打田さんは来月、ミシシッピ州のGreenwood(ロバート・ジョンソンの墓がある町だ)で開催されるロバート・ジョンソン生誕100周年のフェスティバルにゲスト出演する。 曲のエンディング、ときおり手刀を切るような所作で弦のミュート(消音)をする打田さんであった。華麗なトークのなかには出てこなかったのであるが、そのポーズにはジャイアント馬場の得意技、「脳天唐竹割り」へのリスペクトが込められているはずだと私は見た。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-27 01:08 | 草音
2011年 09月 21日

コッヘル152番 ホットケーキみたいな焼きはんぺん

b0061413_0393664.jpg はんぺんというものが大好きだ。いちばんメジャーな食べ方は何といってもおでんであろう。そのことに異議を唱えるつもりは毛頭ない。おでんのはんぺんはおいしい。しかし、はんぺんを焼いたことがないという方は、是非ともいっぺん焼いてみていただきたい。はんぺんの魅力の一片を知ることになり、自然と焼きはんぺんのキャンペーンをすることになると思う。実はうちではバーベキューをする時も、この焼きはんぺんでスタートすることが多い。焼き網の一部にアルミホイルをはり、なるべく遠火で焦げないように気をつけつつ焼いている間に炭火が本調子になっていくさまは風情のようなものもあり、華々しいバーベキューパーティのススターターの役割を立派につとめてくれるのだ。

b0061413_0395470.jpg 焦がさずに表面がきつね色になったはんぺんは、その形状がホットケーキに似ている。私だけかもしれないが、ホットケーキのことを仏ケーキ、またはホトケーキと呼びたくなる。見ているだけで何だか幸せな、満ち足りた気持ちになってくるからだ。ホットケーキの要領でバターをのせてみる。バターの溶け方とテリと輝きも、焼きはんぺん上でホットケーキ同様となる。したがって、箸ではなくてナイフとフォークを使う。はんぺんのなかのわずかな塩気とバターの塩気で他に何も調味料が要らない。ちょうどいい。味は和食というよりもこの調理では大きく洋食寄りに傾くが、和食一筋の和食どアホのような人こそ、この食べ方を試していただきたいという気はする。どちらにしろ、おでんのはんぺんも焼きはんぺんもホットケーキも 「湯気と仲良し」 「湯気がごちそう」 「湯気で幸せ紀文気分」 という手書きPOP広告風のキャッチコピーが頭に浮かぶ。賛同してくださった方は、是非とも ゆげゆげ飛雄馬!どんと湯気!


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-21 06:12 | 草外道
2011年 09月 19日

名曲草鑑賞 (27)  マキタスポーツが歌う浅草キッド

ギター芸人といえば、古くからはギブソンの名器を奏でる玉川カルテット、
「なんでかフラメンコ」の堺すすむ、ちょっと前ならサバンナの高橋(犬井ヒロシ)、
見事に消えた波田陽区、エハラマサヒロ、アップダウン、そして最近なら
AMEMIYAなどが思い浮かぶ。
芸としては今のところ全面に出していないが、
フットボールアワーの後藤、東京03の角田、モンスターエンジンの大林など
ギターをたしなむ芸人は多い。

さて、ギター芸をもつお笑い芸人で、
毎年、「今年こそはブレイクするのではないか?」 と言われ続け
ながらも、なかなか知名度が上がらない人に
マキタスポーツ がいる。

実家の屋号というか店舗名をそのまま芸名にしているこのマキタスポーツの芸は、
「もしもミスチルの桜井がトイレという題名で作詞作曲をしたらどうなるか?」
とか
「もしも奥田民生がお風呂という題名で作詞作曲をしたらどうなるか?」
などという芸風である。モノマネ芸で、その人がいかにも言いそうなことを言う、
つまり思想までをモノマネするということはあったが、
マキタスポーツのこの変則モノマネにはそういった要素と
ギターを使う必然性があって、YouTubeなどで動画を見ていて
なかなかの完成度があると感じている。
ただ、売れるか?流行るか?という問題になると、
かえってその完成度が邪魔をすることになるのかもしれない。

ただ、そのマキタスポーツが外連(けれん)味なく
「浅草キッド」 を歌う動画
を見つけた時に感じ入ってしまった。
マキタスポーツはオフィス北野所属なので、この歌を歌う必然性はある。

誰が歌ったとしても、作詞者であり、作曲者であり、
自らの体験をこめたビートたけしを越えられるわけがない。
と、誰もが考えるだろうし、私もしばらくそう考えて聞いていた。

越えられるわけはないのだが、

ビートたけしにとって 「浅草キッド」 の世界は過去であるが、
「売れない芸人」 として現在進行形の部分がまだ残っている
マキタスポーツが歌うということも、また味があることだと思った。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-19 23:45 | 草音
2011年 09月 16日

妊娠中の味覚の不思議

今から13年前、長女を妊娠中のシャラポア(妻・日本人)は
とにかく酸っぱいものを食べたがった。

男の私にも妊娠中の女性は酸味を欲しがる、というような知識は
あったので、そんなものか・・・と思っていた。

それにしても、当時は 「そんなものか・・・」 と思っていたものの、
一日に10個の梅干しを食べ、
どんなものにもレモンなどの柑橘をギュッと絞っていたのだが、
まあ妊娠中というものはそういうものなんだろうか、と思っていた。

生まれてきたのは柑橘好き、酸味好きの女の子で、
ポッカレモンを原液のまま飲みたがるような酸味好きで、
昨夜も新サンマの塩焼きよりも、付け合わせのカボスをごちそうとして
目を輝かせていた。
鍋物の時も、具材よりも柑橘に思い入れが深い。

10年前、長男を妊娠中のシャラポアは、その時には酸味にはほとんど
関心を示さなかった。
その時は、肉を食べたがっていた。
一人で外食することはめったになかったシャラポアが
時々、衝動にかられてステーキハウスでレア焼きを食べてきた。
明らかに味覚に変動が起きていると思った。

生まれてきたのは好き嫌いがない男の子であったが、
バーベキュー、焼き肉、焼き鳥の時にひときわ目を輝かせている息子だ。
こいつの場合、酸味の方は嫌いではないが、お姉ちゃん(長女)の
レモンのかけ方などは 「過剰」 と認識している。

6年前、次女の妊娠中である。
私もこの事象に関心をもったので、
実験のようなものをしてみた。

妊娠中のシャラポアの味覚がおかしくなっているのか?と思いきや、
嗅覚を中心にむしろ敏感になっていると言えた。
妊娠中ぐらいはいい水を飲んでもらうかという趣旨で、
その時に 「利き水」 をやったことがある。
エビアン、ボルヴィック、コントレックス、クリスタルカイザー、
六甲のおいしい水、などなど、市販のミネラルウォーターを買ってきて、
地元の湧き水を汲んできたものもそれぞれコップに入れて当てるということをやったが、
漠然とした風味の違いしか感じられなかった私よりもその時のシャラポアは
明確にその風味の違いを語り、何度やっても 
「これが一番!」 と、地元の湧き水を言い当てた。
(おかげでいちばん安くすんだ)

その上で、
次女の妊娠中にシャラポアがいちばん衝動的に食べたがったものは
まるか食品株式会社の 「ペヤングソース焼きそば」 であった。

ある日、夜中に私は台所にあったペヤングソース焼きそばを
「おっ、なつかしいな夜食にすっか」
と食べたことがある。
お湯切りの時に台所のステンレスのシンクが 「ベキッ」 という
温度差反応をした記憶があるので、季節は冬だったと思う。

朝になると、シャラポアに怒られた。
そのペヤングは、昨日、強い衝動で買わずにはいられなかったもので、
まさか私に食べられるとは思わなかったようだ。
しかし、私としても他のことならともかく
何で夜食ごときでそんなに激しく叱咤されねばならなかったのか、
しかも高級食材ならばともかく、まるか食品さんには失礼ながら
たかがペヤングで。
そんな心の狭いヤツだったけ?と思わざるをえないほど
その時のシャラポアは激怒したのであった。

かくして、オチにもならないほどに
次女はカップ焼きそばが好きである。
しかも、日清UFOよりもおたふくよりも明星一平ちゃんよりも、
マルちゃんの焼きそばBAGOOOON よりも、
やはりペヤングソース焼きそばなのである。


ここまで読んでくださって、ブログでの戯言と感じていただいた方が
ほとんどだろう。
それでいっこうにかまわないのであるが、
「その味覚、母親へ摂取させる衝動はどこから来たのか?」
という問題にすると、それなりに深い。

個体発生が系統発生を真似るようなお腹のなかでの進化のプロセスにおいて、
三人の個性はなぜ酸味を求め、肉を求め、ペヤングを求めたのか?
その根源的欲求の源(ソース)とは何だったのか?

酸味にしろ、肉にしろ、DNAに組み込まれた太古からの欲求であったと、
そう結論づけることもできよう。

しかし、それにしてもなぜ三人目はペヤングだったのか?
ペヤングはそんなに太古の昔からないぞ。

禁断のペヤングソース焼きそばを食べてしまって
叱責されたという6年前の思い出とともに、
謎であり神秘であり、不思議なのであった。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-16 06:13 | 草評
2011年 09月 14日

女子中学生が子宮頸癌(しきゅうけいがん)予防ワクチン接種後に2日目に亡くなった

子宮頸癌(しきゅうけいがん)の予防ワクチンの接種を受けた
国内在住の14歳の女子中学生が、接種の2日後に死亡していたことが
9月12日の厚生労働省の専門調査会で報告されたという。

ワクチンはイギリスのグラクソ・スミスクラインが製造した「サーバリックス」である。

報告によると、中学生は今年7月28日に接種を受け、
二日後の30日朝に心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。
中学生には突然不整脈を起こす「心室頻拍」の持病があり、
直接の死因は不整脈と推定されている。
ワクチン接種との直接的な因果関係は認められないという結論を出している。


以上がNHKや讀賣、毎日新聞のネットニュースで出たものの要約だ。

まず、率直な個人の感想として調査が当然あったにせよ
7月30日に亡くなられたという事実の発表が遅すぎないか?
そして逆に、因果関係が認められないという結論を出すことが早すぎないか?
と感じた。
原子力発電所の事故がそうであったように、
未知のことは研究しなければ未知のままであるのだが、
未知のことに対する謙虚さと慎重さが大いに欠けているのではないか?

私はお医者さんをはじめ医療関係者の方々はほとんどが素晴らしい方だと
思っているし、予防医学というものが治療医学に劣らず大切であるとも思うが、
最近ではあの メタボ検診 がけっこうその疑念を増幅させてくれたのだが
厚生労働省、つまり医療を司る国家機関に対しては懐疑的になってしまっている。
偏見かもしれないが、だいたいそれぞれが尽くす寿命にアベレージという概念が
ヘンなのだが、日本人の平均寿命の数字が上がるなら
何をしてもいいと思っているフシがある。
さらに偏見かもしれないが人を見ずにエクセルの画面の数字ばっかりを見て、
数字ボケしている気がする。


ディドロとダランベールというフランス人が 『百科全書』 という
百科事典の元祖のようなものを編纂した。
これで多くの知識を得た人々が
「おいおい、私たちは何もしらないと思われて相当だまされてるぞ!」
ということになって1789年にフランス革命が起きた。
起きた、なんて断言しちゃいけないかもしれないな。
フランス革命隆起への大いなる伏線になった、となら、そう言えるだろう。

同じことがインターネットという生きた百科事典を得た中東で起こっているとも
考えることができる。

私も、だまされているとまでは思ってはいないものの、
ただ単に 「治ればいいさ」 と中身を何も知らずに飲んでいた薬ぐらいは
ネットで検索するようになった。
自分自身を知る難しさに比べたら、自分が飲む薬のことを知ることは簡単だ。
この世にまったく反作用、副反応、副作用がない薬はなく、
厳密にいえば漢方薬にだって少しはあるだろう。
どんな反動があるかは知っておく。
そして、どんな良薬でも飲み過ぎれば毒だ。
ネガティヴなことが書いてある場合もあるが、それはそれで知っておく。

外国の医療機関のホームページを参照することもある。
外国のホームページを参照するというと偉そうだが、
文学的表現には依然としてダメダメくんの各種翻訳ソフトであるが、
医療、薬剤関係のホームページは翻訳ミスからの医療ミスがあってはならないためか、
もしくは元もとがカチッとした文学的ファジー色を完全に抜いた数式的な文章が多いためか、
翻訳ソフトが活躍してくれてけっこう読める。

なになに、タミフルを作っているスイスの製薬会社の筆頭株主は・・・
ラムズフェルド元米国国防長官か、なんてことも知った。


さて、重い内容のことなので慎重に書かなくては、とは思いつつ、
いつものような軽い文章になってしまったが本題に入りたい。

実は、長女が中学一年生であり、
「子宮頸がん予防ワクチン接種費用の助成について」
という案内が8月に届いていた。
3回の接種で、本来ならば5万円かかる費用を助成してくれるという。
いいことのように思える。
子宮頸癌は乳癌についで女性がなりやすい癌の第2位だ。
しかも20歳代から40歳代の若い女性がなりやすいと聞くし、
昨年の夏、実際にこの子宮頸癌で若い母親だった知り合いが亡くなられている。

しかし、どうしてもその先進予防医療に対して
「タダほど高いものはない」
という古典的な格言が思い浮かび、保護者のサイン欄に署名ができない。
説明する書類の最後にも

子宮頸がん予防ワクチンは予防接種法に基づかない接種(任意接種)ですので、
予防接種健康被害救済制度の対象になりません。子宮頸がん予防ワクチンの
接種によって引き起こされた副反応により、入院が必要な程度の健康被害が
生じた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を
請求することになります


なんていうことも書いてある。

ちょっと待った、ということになり付け焼き刃ながら調べることにする。

子宮頸癌は遺伝とは関係ない発癌性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染で起こると
ほぼ断定されている。ウイルスだからそれに対するワクチンなのだ。
「サーバリックス」
(他に米・メルク社の「ガーダシル」という薬があるが、日本で認可されているのはこれのみ)
は、おととし12月に販売が始まってからこれまでにおよそ世界で240万人が接種を受けている。

ただ、ネットでの検索から、人体への長期的な影響(副反応)については
未知な部分が多くあり、不妊の可能性を指摘する医師も世界各国にいることを知った。

何だか、これはギャンブルか?
という気になってしまったのだ。

単なる確率論で言って、接種後の副反応で死亡という最悪の事態になる確率は
数十万分の一である。娘が子宮頸癌になる確率よりはるかに低いだろう。
しかし、低いからと言って、単なる確率論に徹していいのだろうか?
そして、長期にわたる人体への影響は不妊の可能性を含めて未知の領域だ。

結局、どうすればいいかわからない。
わからないからサインはできない。

何だか 「予防接種より味噌の摂取」 というような民間療法的な医学を
純粋に信じたくなる気持ちだった。
あるいは 「笑いに抗ガン作用がある」 などという精神論にも近い免疫学を
積極的に本気で信じたくなる。
もし、保護者の躊躇(ちゅうちょ)のために予防接種を受けなかったことで
娘が子宮頸癌になってしまったら、娘のためにCOWCOW(お笑いコンビ)
を病室に呼び寄せ、娘が大好きな 「あたりまえ体操」 を実演してもらって
許してもらうしかない。

一昨年、予防接種後の副反応で亡くなられた方の法事をやった。
50回忌なので、もしも生きておられたら私より年上だ。
でも、その少年の遺影が語りかけておられた。
50年前から人は宗教よりも科学技術や先端医療を信頼するようになったけど、
50年前の科学も医学も「今から見れば」迷信そのものだった、と。
そして、50年経ってなお突然に愛息を亡くされた遺族の方々の無念は消えていない。

色々と軽口も文章にしたが、本当のことを言うとそれがサインできない理由だ。



マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-14 01:29 | 草評
2011年 09月 11日

9.11同時多発テロから10年

日本時間ではもうすぐ日付が変わるが、ブログ記事の表題のとおり
9.11同時多発テロから10年、東日本大震災から半年という、
単なる11日ではないような、単なる日付ではないような気がした。

2001年9月11日は38歳だった。

今でも、拭えない疑念のようなものがある。
ペンシルベニア州シャンクスヴィル(Shanksville, Pennsylvania)
に墜落したユナイテッド航空93便は、いったいどこを狙っていたのか?

ワシントンDCのホワイトハウスや合衆国議会議事堂をターゲットとしていたのでは
ないかという仮説が多いようだ。
しかし、ペンシルベニアに墜ちたからそう決めつけるわけではないけれども、
たとえばビーチボトム原子力発電所がテロ組織のねらい目ではなかっただろうか?
他にもペンシルベニアにはリメリック原発、サスケハナ原発、ビーヴァーヴァレー原発がある。

機内電話や携帯電話による外部との連絡で、
ハイジャックの目的を自爆テロと認識した勇気ある乗客が機の奪還に乗り出して
墜落したと言われているのだが、それは本当なのだろうか?

公式の調査報告書では、乗客はコクピット内に進入できなかったと結論づけている。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-11 23:48 | 草評
2011年 09月 07日

大事なことは夢のなかでおじいちゃんが教えてくれる

今、18歳ぐらいなので彼女が14歳の頃の話だから4年前の話か。

4年前の話ともっと前の話
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-07 03:21 | 雑草
2011年 09月 03日

仮想別荘

b0061413_23452967.jpg この夏、1泊2日ながら軽井沢を訪れ、私と息子はレンタサイクルで走り回った。雲場池の周辺や万平ホテルの周辺、中軽井沢など数多くのテニスコートがあるのだが、平日だったとはいえ2日間にひと組もテニスをやっている人の姿を見かけなかった。わずかにクレーコートを整備している人の姿を見かけただけだった。まあ、冬の湯沢(新潟県)でも現在は20年前がウソのようにスキーをやっている人の姿がまばらに見えるのだが、それにしてもまったく見かけなかった。時代は流れたなぁ。 実は15年前(独身時代)に不動産会社の社長さん(信頼できるいい人です)から別荘を買わないかとすすめられたことがある。当時の年収の2年分ぐらい。最高級国産車フルオプションぐらいの値段。バブル期の価格を10とすれば、3ぐらいまで下落した価格が相場であった頃に1ぐらいでいいと言われたが、今となっては手を出さずにおいて本当に良かったなぁ。貯金が足りなかったのと物件の下見に行く暇がなかったのが幸いした。もっとも、そんな貯金も暇もなかったような奴が別荘なんか買っちゃいけない。

b0061413_2346950.jpg ちょうどその頃、文京区音羽のマンションに住んでいた大学の名誉教授がオーディオ・マニアであり、JBLの4343B(スピーカー)やマランツのセパレートアンプを中心にしたシステムを持っていて、その先生は「ここでは大きな音は出せないけれども富士山麓の別荘にまったく同じシステムがあるんだ。加藤くん、今度そこで思う存分好きなものを聴いてよ」 と言いながらU2やエリック・クラプトンをニコニコしながら流していたのだが、ある日、とてもしょんぼりとしていた。その富士山麓の別荘のオーディオシステムを丸ごと盗まれたらしい。また、ある知り合いは1年間放置していた那須塩原の別荘に久しぶりに行ったらホコリだらけになっており、3日間の休暇をすべて掃除に費やし、そのせいで3ヶ月間以上体調を崩してしまったという。いいものを所有しているテレや謙遜もあるのだろうが、大無量寿経に「田あれば田に憂へ、宅(いえ)あれば宅(いえ)に憂ふ」と書いてあるように、いいモンもっていればいるほどそのために憂いが増えるということはどうも本当だなぁと感じた。 やっぱ別荘を持つには、それがどんなものであろうと年間30万円ぐらいの管理費は覚悟しなきゃいけないのだろう。でも、30万円なんて大金があれば相当遊べるぞ。もう数年して子どもに手がかからなくなったら「あの時、間違って別荘を買ってしまった気分」というものになりたいと思っている。吉田兼好法師などが「この世は仮の宿じゃ」と教えてくれているのだから、その教えにしたがって充実したレンタル生活を送るのだ。2泊か3泊のためだけのレンタル別荘なら、その想定でいく管理費の半分以下でいいところを確保できるだろう。そこにはレンタカーで行きたい。フェラーリのオーナーになるなんて夢のまた夢であるが、15万円ほどでフェラーリを三日間ほど借りることは現実の範囲内である。実際にフェラーリのオーナーだったら車検の時の部品代にもならない額だ。
ただナンバーのフェラーリ
(実際にあり、その15万ほどを払えば自宅まで届けてくれます)というのはやっぱり異様なので、
油性マジックでちょっと書き足して
にしておいて、
返却する時にきれいに拭き取るようにしたいと思う。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-09-03 01:40 | 草評