<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 30日

草仏教掲示板(36) 願いのない私なのに願われて生きている

b0061413_22265091.jpg 現在掲示している言葉であり、もとになったのは 藤元正樹師の「己れに願いがなくとも如来の願いを受けた身だ」という一文である。故・藤元正樹師の言葉どおりにしなかったのは掲示板の前を高校生がよく通りかかるということも少し関係がある。「如来」という言葉はとてつもなく広く、深いものをあらわす言葉である。しかし文字通りの「道行く人」にとってはむしろ「如来」という言葉で「あっ、(私には関係のない)仏教の言葉か」と逆に広い言葉を矮小化して素通りしていくこともあると思うのだ。許してください藤元先生。 この言葉の伏線には1年ほど前に小学校の卒業文集に「自分の夢、自分の願いを書け」という命題を与えられ、娘が娘なりに悩んだということがある。 小学校の卒業文集なのだから、これはひとつの比喩として「寿司が大好きだから寿司屋になりたい」というようなものでいいと思う。それでいいのだが、私の娘はマセているというか妙に現実的なところがあり「寿司を食べることが好きなら自分なりの稼ぎの道を確立して寿司屋に通えるようになるべきで、その道は自分にあるのか?」と考え込むタイプなのである。ただ、「自分は何者になるべきか」という思索の根っこの部分にはエゴイズムもあるけれども「何者になったら自分の母親や父親は喜ぶのか」という模索めいたものも渦巻いていることだろうと思う。 その娘の中学校のクラスメートにとても勉強ができる男子がいる。お父さんは地元の福島県に残り、お母さんとともに今年の春から引っ越しをしてきた。テストの結果がいつも高得点なので娘は単純に「すごいよね」と声をかけたそうだ。彼は採点された高得点のテスト用紙をもちながら「これをもって帰れば、母親が喜んでくれるな」と言ったそうだ。そんな彼の(今住んでいる街も仲間も大好きだけれども)全国にいる以前の仲間とともに故郷に帰りたいという願いは、とてつもなく深い。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-30 23:20 | 草仏教
2011年 11月 28日

名曲草鑑賞 (27) ガーシュインのサマータイム

ストーブに火が入る季節になると 柑橘満喫紅茶 の消費量が増える。

昨年の年末、リンクした紅茶にハマっていた頃に
テレビ朝日系の「相棒」(水谷豊主演)の再放送が一挙にあり、
それを録画したものを少しづつ見ているうちにパブロフの犬のように
紅茶を飲めば「相棒」を見て、「相棒」を見ては紅茶を飲む。
我が家の紅茶の消費量は倍増以上となった。

10ヶ月かけて、ようやく追いつき、現在放映中のシーズン10は
紅茶を飲みながらリアルタイムで見る。
どうもシーズン10になって視聴率の方はふるわないようだ。
なるほど視聴者の反応は正直だなぁ…とも思う。
脚本の設定に無理や無茶はやや目立つ。
しかし、これはファンに怒られるかもしれないが、
(特にシーズン10になっておもしろくないぞと怒っているファンに怒られる)
おもしろくなくても私にはどうでもいい。
紅茶を飲む時にはバロック音楽を聴くなんて人がいるように、
とにかく紅茶を飲む時に「相棒」を観ていればいいのだ。

先日の放送、研ナオコが出演していたシーズン10の第6話は、
視聴率が13パーセントで最近の「相棒」のなかでも特に不振だったという。
(それでも日本シリーズより上回っているぞ)

その第6話の冒頭シーンで
研ナオコがカムバックしたカリスマJAZZ歌手を演じて
ガーシュイン(George Gershwin)のサマータイム(Summertime)を歌っていた。
「研ナオコのPVが流れているのでチャンネルを間違えたな」
と思った人も視聴率13パーセントのなかの1パーセントはいるな。

ジャズのスタンダード曲のなかでもとびきりの古典的名曲だが、
これがけっこう良かった。
適度にハスキーな声で、適度な「しゃくれた感じ」が良かった。
研ナオコが、けだるさを表現できる歌手であったことを再認識した。
ちょっと聞き惚れた。

その歌ではじまった「相棒」シーズン10の第6話であったが、
ストーリーには無理があった。
でもどうでもいいのである。
紅茶を飲みながら観ることが主眼である。

そう、無理は許せるが 「無茶」 は困る。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-28 23:58 | 草評
2011年 11月 26日

追悼記事(22) 西本幸雄(にしもと ゆきお)

立川談志という落語会の巨星が逝去したことで追悼ブログ記事を書こうかと
思っていた矢先に西本幸雄氏の訃報を聞くことになった。

さすがNHKは今晩の午後7時のニュースで、
1981年晩秋の日生球場の映像を用意していた。

近鉄の監督として最後の試合の指揮をとった後、
相手チームの阪急の選手までが混じっての胴上げシーン。
いくら阪急の監督をつとめたこともあり、
阪急にも自らが目をかけ育成した選手がいるといっても
ふつうはありえない感動的シーン。

解説者としても、おっしゃることのすべてがおもしろかった。
なんでこんなに、おっしゃることがことごとくおもしろいと思ったのだろう。

立川談志と西本幸雄氏では年代も分野もかなり違うのだが、
ちょっとした語りやコメントひとつとってもおもしろい。

西本氏は監督として進出した8回の日本シリーズにすべて負けた。
いちばん日本シリーズの制覇に近づいた1979年は
広島カープの江夏の21球にしとめられた。

しかし西本氏は
「いい選手たちに恵まれて8回も日本シリーズに行けた」
とおっしゃるし
「江夏相手にスクイズの作戦は今でも間違っていなかった」
とおっしゃる。

柔らかな頑固さならではであるが
人間の業の肯定の世界を生きた人は
おもしろい。

おもしろい、というのがその偉大さをたたえるほめ言葉だと思っている。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-26 23:06 | 草評
2011年 11月 23日

コッヘル156番 生春巻き

b0061413_1561631.jpg 全世界の生春巻きファンの皆様こんにちは。私が生春巻きと出会いましたのは1991年頃、東京大学の近く(本郷三丁目)のベトナム・サイゴン料理店のミュンというお店でありました。あれから20年を経た今、生春巻きというものは珍しいものではなくなりました。それどころか近所のスーパーでライスペーパーも手軽に購入できるという時代を迎えることとなりました。20年前から生春巻きの普及に微力を尽くして来た甲斐があったというものです。初めて口にした料理というものは、いきなり好きになるものとジワジワと好きになるタイプのものがありますが、生春巻きの場合はその両方です。初めて食べた瞬間にその美味しさで松田優作のジーパン刑事殉職シーンのように「何じゃこりゃ!」と叫んだ後、ベトナム料理店であったこともあり「フォー」と大きな感嘆のため息を漏らしました。そして、いきなり好きになって以来、さらにジワジワとその好感度は増していっているのです。

b0061413_1564193.jpg なのでHD録画機の「キーワード録画機能」のなかに料理名としては唯一「生春巻き」なる言葉が入力されておりますが、堺正章の「チューボーですよ!」でも上沼恵美子の「おしゃべりクッキング」でもNHKの「今日の料理」でもなかなか取り上げてくれません。理由は業界用語でいえば「尺が短いから」ということに尽きるのでしょう。つまりエビを茹でて香草類などを30秒ぐらい水に浸けたライスペーパーで巻いて出来上がり。それにスィートチリなりニョクマム、あるいはナンプラーをチョンチョンとつけて食べるだけですから尺(収録・放映時間)は短すぎて番組になりません。また、堺正章も辻料理学校の精鋭講師(おしゃべりクッキング)もその技巧をテレビで見せつける絵になるヤマ場もありません。しかしそれは逆に生春巻きがさしたる技巧は要らず簡単でもあることを教えてくれています。さて今年の8月に、もともと尺が短い「キューピー3分クッキング」が生春巻きを取り上げてくれていました!しかも内容が「生春巻きの包み方」に重点を置いていたところが良かったです。調味料にキューピーの胡麻ドレッシングや青じそドレッシングなどを推奨していたところにはスポンサーの意向というものを強く感じましたが、もともと「それも良し」と思っていたので参考になりました。しかし包み方についてはネット検索もしていますが、生春巻きの包み方には「いろんな流派があるなぁ」と感じます。ただ各流派に共通するのは「エビを見せる」ことに執着していること。つまりはエビコンシャスであるところです。これほど生の野菜が美味しい料理というものも、なかなかないと思います。「包み込んじゃう」ということの威力を感じられる料理、つまりジャンケンで言えばグーの破壊力を制することができるパーの凄みを改めて認識させてくれる料理です。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-23 06:55 | 草外道
2011年 11月 21日

USJ!USJ!

b0061413_22582276.jpg ロサンゼルスにはハリウッドにユニバーサルスタジオがあり、近郊のアナハイムにディズニーランドがあるといっても千葉の東京ディズニーランドと大阪のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が比較されるのはどうだろうか?と思いつつもついつい比べちゃうのは仕方ない。正直いって、私も「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックン・ロール・ショー」と「ウォーターワールド」の二つを見るまではどうしてもディズニーリゾートと比べてしまい、否定的な気持ちの方が強かった。不満ばかりを持ってUSJを退出したならばわざわざブログには書かなかったと思うが、たとえばアトラクションでいえば「ジェラシックパーク・ザ・ライド」などはディズニーランドの「スプラッシュマウンテン」よりも高さも角度もあるのにも関わらずワクワク感で劣った。その他(1)ユニバーサルの映画のなかでダントツに大好きな「ブルースブラザーズ」にちなんだものがなくなっている。(2)2009年以降よりパークからの途中退出ができなくなり、場外に出れば「会津屋」や「くくる」といったたこ焼きの名店で食事ができるのに「何となくアメリカン」な場内レストランでしか食事がとれない。(3)ディズニーリゾートはアトラクションやショーの大行列対策としてファストパスという無料整理券システムを導入しているがUSJのEパスというのは有料であり、行列での待ち時間を金で買うようなエグさがある (4)何だか無駄にずぶ濡れになるアトラクションやショーが多いなぁ、水の都・大阪っちゅうことかいのぉ? などの点がとても気になってしまった。大阪という地にあるアミューズメント施設として「商売ヘタやなぁ」と正直感じていた。

b0061413_22583914.jpg ところが「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックン・ロール・ショー」を観て、気分が変わった。選曲などは1980年代のポップロックのベタなところが中心であるのだが、まずは墓場DJのビートルジュースの大阪弁での仕切りに非常に感服してしまった。とてもロックなのだ。もしもJガイルズ・バンドのピーター・ウルフが大阪弁でMCをやったらこんな感じじゃないか?なんて思ってしまった。まあ万人がそう思うことはないとは思いつつ… そして「ウォーターワールド」は圧巻だった。スタント稼業だけが俳優・女優の道ではないが、その世界を志望する人はこの「実演」を見ておいた方がいいと思う。「ここまでやっちゃうかい!」と感動的にあきれた。「命がけでやっています」なんて言葉はこれからこのマーヒー加藤は安易に使いません。そして、実はそれまで持っていた不満その(1)が、このショーのなかで少し解消されたのだ。嬉しかったなぁ。ショーのなかで悪役・ディーコン登場の場面で「ブルースブラザーズ」のなかの「‪Peter Gunn Theme‬」が野外用スピーカーから大音量で流れたのであった。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-21 23:50 | 草評
2011年 11月 19日

草仏教掲示板(35) 今、いのちがあなたを生きている

b0061413_23541541.jpg 今、いのちがあなたを生きている この言葉が親鸞聖人750回忌の主題となる言葉である。(御遠忌テーマ) 今年の3月から4月に寺院の掲示板にも掲げさせてもらった。春に掲げていた言葉について晩秋の今頃になって何だが、私にはまだこの言葉がしっくりとこないのである。So what?(だからどうしたの?)という(問わなくてもいいのかもしれないが)問いを投げかけてみれば、なおさらしっくりとこない。 極端にいえば、この言葉が良かったのか悪かったのかという議論さえしっくりこないのだ。「あなた」という二人称が非常に大事であるがゆえに、自分がまだしっくりこないこと自体がしっくりこないのだ。 真宗大谷派(東本願寺)は、親鸞聖人750回忌をつとめる上での主軸になる言葉を徹底して公募すべきであったと思う。公募をもとにそこからの選びにかかわる議論を公開すればよかったと思う。いまさらくだらないことを言っていると思われるかもしれない。でも、上で決めてさがってくるのか、公募から上がっていくのか、大きな違いである。言葉というものは言霊(ことだま)をもっていると同時にベクトルをもっている気がしてならない。 ちなみに今年の3月12日に親鸞聖人750回忌の最初の法要が厳修される予定だった。その前日に何が起こったかは皆さんご存知のはずである。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-19 23:52 | 草仏教
2011年 11月 17日

シャラポア(妻・日本人)撮影のライオン

b0061413_032247.jpg11月6日、私はシャラポア(妻・日本人)にライオンの写真を撮ってきて欲しいと依頼をした。その目的はちょっとバカらしいことだ。昨年、2010年が寅年だったのだが、軽いボケをかますためにライオンの写真が欲しかった。他にネコ科の干支はないようなので2022年まで待たなければならないが「10年構想のボケ」というものがあってもいいじゃないかと思った。さて、ライオンを撮ってこいといってもザンビアやタンザニアまで行ってもらうのもなんだし、群馬サファリパークでもなく京都市立動物園に行ってもらった。一枚目、タテガミが立派なライオンの雄。金網越しは仕方ないとして、なかなかよく撮れている。 


さて、もう1枚の写真
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-17 00:44 | 雑草
2011年 11月 14日

コッヘル155番 天然舞茸のすき焼き

b0061413_0221422.jpg 天然の舞茸をいただいた。ありがたいお布施である。舞茸の天然物は高価であるというよりも身近なところでは流通していない。なかなか口にすることができない代物である。風味が落ちないうちにさっそくすき焼きにすることになった。土などを丁寧に洗い落としたのだが、すき焼き鍋(スキレットを使用しました、これがホンマのスキ焼き)のなかでいい感じの森の香りを漂わせる。味そのものはすき焼きのタレというのかだし汁を素直に吸った美味しさといっていいものだと思うが、その香りがいつもの舞茸とは決定的に違う。山で発見したら舞い上がるほど喜んだので舞茸だ、という説にもこれなら賛同する。子どもたちなどは正直でこの舞茸ばかりを取ろうとする。「こらぁ!舞茸ばっかり取らないで肉もちゃんと食べなさい!」

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-14 00:31 | 草外道
2011年 11月 10日

帰依三宝レインボウ (昨日の今頃出ていた虹)

b0061413_1494079.jpg 遠望の雲ぼうの上レインボウ 甘えん坊の綿棒 食いしん坊の麺棒 赤ん坊の存亡 利かん坊の辛抱 慌てん坊の探訪 器用貧乏の羨望 暴れん坊の乱暴 いろんなものをのせた空のカンカン帽 展望と願望の用心棒
b0061413_1492353.jpg 本因坊の計算も、天秤棒の目盛りも、官房の陰謀も超えてレインボウ さて私はこれから丸太ん棒を焚いて暖房 みなさん感冒にはくれぐれもお気をつけください。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-10 14:21 | 雑草
2011年 11月 04日

シャラポア(妻・日本人)お気に入りのココット(10インチ)

b0061413_15344862.jpg 草仏教ブログをご愛読の皆様にはおなじみのダッチオーブン。活躍しない日はないとまでは言えないが、少なくとも活躍しない週はほとんどない。使うのは主に私ではあるが、けっこう家族中が使う。息子なんか9歳のダッチオーブン料理コンテストがあればいきなり優勝候補かもしれない。私は妻・シャラポア(日本人)のことを好きなので、ひいき目は入ってしまうが、いつの間にかうちのシャラポアは女性として世界屈指のダッチオーブンの使い手になっちゃったのではないだろうか?ただうちのシャラポアがダッチオーブンのことを愛しているかというとちょっと微妙だ。まず重い。熱したダッチオーブンのリッド(ふた)を開けるにはリフターという専用の器具(ダッチオーブンを開ける以外にはあまり他に使い道がない)を使うか無骨な革手袋をしなければならない。本当のことをいえば、フランス製のココット(鉄鍋)の、特にル・クルーゼなんかを使いたいのではないか?なんてことを思った。と、思っていたらダッチオーブンの作り手としてあまりにも有名なアメリカのLODGE(ロッジ)に写真のような、なんちゃってル・クルーゼがあった。しかも半額でのセール!LODGE以外の作り手だったら、レジにまで持っていくことはなかった気がするが、ダッチオーブンで有名なLODGEのこのタイプはどんなんだろう?という関心があって即購入。6000円ちょうど。 使ってみて、焼く・蒸す・煮るの能力はダッチオーブンの半分。ただし、扱いやすさ、手入れのしやすさが、ダッチオーブンにくらべて格段に上だ。むしろダッチオーブンの半分の威力をこの美形に備えていると前向きにとらえるべきだ。というわけで、こいつは見事に複数のダッチオーブンとスキレットがある家のなかで絶妙のポディションを獲得することになった。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-04 16:03 | 雑草