<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

2月29日があることの意義

b0061413_0174825.jpg うるう年なので今日は2月29日か。うるう年は夏のオリンピックがある年でもあるなぁ。実を言うと、寺によって事情は違うのだろうが、うるう年で2月29日があるというのは実にありがたい。というのは、毎年の2月28日は月命日の特異日で多忙なのだ。月命日、月忌参りともいうが、要するに「毎月1回、自宅にお参りに来てね」というご家庭がある。たとえば、8月31日が亡くなられた方のご命日だとすると、毎月31日にそのご自宅に伺ってお参りをするのだ。毎月といっても2,4,6,9,11の小の月には31日が存在しない。そんな時は私のところの場合、31日の分は30日に合わせてお参りするのが通例だ。そうすると小の月の30日は二日分の月命日のお参りがあるということでやや忙しくなる。そして、例年の2月28日は28日、29日、30日、31日と4日分の月命日のお参りが集中して忙しくなる。というわけで、29日があると、うるう年以外なら28日に4日分のお参りをしていたところが29日に3日分なのでスケジュールがやや楽になるというわけだ。

b0061413_018441.jpg サラリーに関しては、28日しかない2月にもちゃんと1ヶ月分のお給料が出るので、何だか1日タダ働きをしているような気もするが、それは気のせいだということにしておこう。2月も末日になるとまだ寒いにしても春が近いことは感じてくる。今年の冬は寒さがとても厳しかったなぁ。氷点下の日が多かった。しかし、2月も末日になると雪や氷を目にしていてもまったく気持ちが違う。同じ雪や氷の塊であっても「こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」(親鸞聖人 高僧和讚)という気持ちにはなってくる。これから確実に溶けていく方向に少しづつ向かっていくからだ。「称えれば罪も障りも春の雪」という俳句を目にした記憶があるのだが、検索しても出てこなかったなぁ。(ま、まさか私が無意識に作った俳句か?そんなはずはないのだが…) ただ、正確に言うと今年はうるう年ということだけではなく少し心境が違う。2月末日ということはもうすぐ1年目の3月11日を迎える。半減期数万年の物質も含まれた放射能汚染のことなどを考えてしまうと、すぐに溶けていく春の雪を喜んで迎える状態にはほど遠い。 


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-29 01:09 | 雑草
2012年 02月 26日

カラフル正信偈(2) 南無不可思議光

b0061413_18555139.jpg

b0061413_18561390.jpg

b0061413_18562839.jpg

b0061413_1856395.jpg

b0061413_18565567.jpg

b0061413_1857444.jpg

b0061413_18571840.jpg

[PR]

by kaneniwa | 2012-02-26 09:51 | 草字
2012年 02月 24日

コッヘル166番 焼きもち

b0061413_23172791.jpg 昨年のバレンタインデーは2月14日に法事を勤めた家のおばあちゃんがチョコレートをくれたのと娘(長女)が「はい、これ義理チョコ」と言って大量に作った友チョコの残りをくれたぐらいだった。私はお前の義理の父なのかい? ところが今年のバレンタインデーはチョコレートを大量にゲット。単に今年は2月14日前後に会合などが多かったせいなのだが、人生でこれほどもらったことはないのではないかというほどいただいた。ありがたいことだ。実にありがたいことであるが、妻のシャラポア(日本人)が焼きもちを焼いた。頂いたチョコの数々はとても嬉しかったが、このスイーツがいちばんと言わずして、マーヒー加藤に明日はない。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-24 00:01 | 草外道
2012年 02月 22日

カラフル正信偈(1) 帰命無量寿如来

b0061413_18485346.jpg

b0061413_18491565.jpg

b0061413_1850280.jpg

b0061413_18502125.jpg

b0061413_18504885.jpg

b0061413_1851463.jpg

b0061413_18512356.jpg

[PR]

by kaneniwa | 2012-02-22 19:26 | 草字
2012年 02月 20日

b0061413_2345629.jpg

[PR]

by kaneniwa | 2012-02-20 23:05 | 草字
2012年 02月 18日

Google日本語入力はすごい!

今までの苦労は何だったんだろうねぇ。

オープンソース版はMozc(モズク)という名称で呼ばれる
Googleが開発した日本語入力システム。
正式版が公開されてから1年ちょっと経つけれども、
なんですぐにダウンロード(無料)しなかったのだろう。

ATOK(一太郎のジャストシステムの日本語入力システム)の最新版を
購入しようと思っていたが、その前にちょっと試してみようかと
思っただけだった。

通常、新しい日本語入力システムを導入するとしばらくは大変である。
辞書機能を中心にコツコツと躾けてきた従来の日本語入力システムの成果を
移してやらねばならない作業に徹夜覚悟であった。
(インポート機能があったって異なるシステム間では難しい!)
ところが、驚いたことに最初からほとんどその作業は必要なかった。
「あど」と打って自分のメールアドレスに変換されるようにするとか、
「じゅうしょ」と打って自分の住所に変換されるようにするとか、
記号や自分がよく使う言い回しの登録を自分のなかの短い符牒で
登録するだけでよかった。

従来は、その人の辞書ツールのなかの単語登録を見れば、
その人の職業当てクイズをやってもだいたい間違わなかったと思う。
Googleの日本語入力システム導入以後は、単語登録自体が極端に
少なくなっているだろうと思う。
まず気がつくのは、Googleの日本語入力システムは
専門用語におそろしく強いということだ。
私の場合はまず仏教用語と言われるものでその威力を知る。
特に、人名・地名・書籍名などの固有名詞の変換率の高さは
さすが検索エンジンとしてのGoogleの精度が活きている。

私の苦労は何だったのか?
私はビル・ゲイツはExcelという汎用性のある計算表ソフトを
開発したというだけでも大天才だと思っているので
(おもしろいことに最初のExcelはマック用だったので2000年ぐらいまでは
 マッキントッシュでExcelを使うのがいちばん快適だった)
Windowsの悪口はあんまり言いたくない。
今でもWindowsでなければできないということも多いので、
Windowsはマニュアル車でマックはAT車であると思っている。
マニュアル車だって運転できた方がいいと私は思っている。
でも、そんな私でもWindowsのMicrosoftOfficeに標準搭載されている
MSーIMEという日本語入力システムの出来の悪さにはいまだに恨みに
近い感情をもっている。
ありがたかったのは単漢字を検索するための手書き入力パットが
初めて搭載された時ぐらいか。
出来の悪い息子ほど可愛いというが、MSーIMEを擬人化すれば
「学校の成績はいいかもわからんが、杓子定規で腹が立つ奴」
というような奴だった。
まず奴(正確には開発したスタッフの奴ら)は仏教文化を知らない。
『広辞苑』や『大辞林』などの大きな辞書ではなくても
(ちなみに言えば『広辞苑』はやっぱり仏教用語に強いなぁ)
小さな国語辞典にでも必ず載っているような仏教文化の香り高い言葉ほど
出てこない印象があった。
それがたくさんありすぎたのだが、覚えているのは
「凡夫」(ぼんぶ)という言葉が出てこなかった時に
「お前には凡夫の自覚がまったくないなぁ!」
とパソコン(Windows98)を叱責したことだ。
Windowsの98あたりは明らかなメモリー不足でよく固まったのだが、
私の叱責に対してWindowsマシンは固まってしまい
「このプログラムは不正な処理を行ったので
 強制終了されます」

という文字をグレーの枠組みのなかに浮かべやがった。
「ふ・ふ・ふ、不正だとぉおおおお、不正を嫌う俺にケンカ売っとるんかい!
 俺はお前の頭(辞書機能)に凡夫の言葉と概念を叩きこんでやっただけじゃろぅがぁ!
 その処理のどこをとってお前は堂々と不正と言うんじゃぁああああ!
 人に面と向かってあなたは不正な処理をしましたなんてほざくとは、
 だいたいお前ぇは日本語がわかってないやんけぇえええ! 」

と言わせることになった。
それからマックではエルゴソフトを育み、WindowsではMSーIMEを使うことを
前提としているWord(ソフト)を捨てて
日本人である「一太郎」を育てることとなってその延長で今がある。

時は流れ、不虚作という概念も、恵信尼も道綽という人名も一発で変換される
Google日本語入力と出会うことになった。

しかしGoogleはん、こんなええもんをダウンロード一発でくれて、
これ無料でいいんかい?
あとから「ただほど高いものはない」なんてことにならんよね?

広告収入があって、あとはシステム構築で得たライセンスを他企業に
売っているのは知っているつもりだが、
こんなええもんを気前よく配って歩いていて…
さおだけ屋はなぜ潰れないのかということも不思議だが、
Googleはんが世界有数の大企業であるということも不思議だ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-18 04:08 | 草評
2012年 02月 17日

b0061413_916451.jpg


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-17 09:16 | 草字
2012年 02月 16日

ブログ7年目にしてついにシャラポア(妻・日本人)の写真が初登場!

お前はいいから、シャラポア(妻・日本人)の近影をブログにアップしてくれ
という世論が高まっている。
同窓会などに出た際にその声はいっそう高まる。

実生活でもシャラポアは、当然のごとく私よりもはるかに人気者である。
それに加えて、その断片をブログに時々記しているだけで
ネット上でも私より人気があるようだ。
「シャラポアさん本人のブログが読みたい、ブログ書かないの?」
という意見もよく聞く。
「シャラポアとは、刑事コロンボにおけるうちのカミさんのように、
 架空の存在ではないのか?」
という、思わず「違がわーい!」と反論したくなる意見もいただいた。

シャラポアは昔はデザイン学校の職員だったので
昔のマッキントッシュを使いこなしていた時期もあったのだが、
現在、パソコンはGoogleで調べものをしたり、
Amazonなどを利用してお取り寄せをするぐらいであり、
デジタル文章を書くのは携帯メールを打つぐらいだ。
この草仏教ブログも、初期には月に一度ぐらいまとめ読みを
してくれていたが、今はほとんど読まない。
(それから、かえってシャラポアが文中によく登場するようになった)

シャラポアは書道をやっていて、かな文字を書くのが好きなので
パソコンをやっている時間があれば毛筆を持ちたいようだ。
(もっとも子どもたちが寝てからの時間、パソコンは私が独占している)

先日、ホイットニー・ヒューストン死去のニュースを受け、
警備員(ケビン)・コスナーがまさに警備員を演じた
「ボディガード」の「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を
私とシャラポアがデュエットでカラオケで歌うところを
動画でアップしてくれというリクエストをいただいた。

それは、今、細かな立ち振舞などの所作も含めて精度を上げている
段階でもあるし、動画でボカシや目隠しの加工をするのは高度な技なので
現時点ではなかなかそのリクエストに応えられない。
ちなみに、シャラポア本人はシンディ・ローパーが好きだ。

ただ、今年の新年会でのシャラポア・マイク二本持歌唱之立像という写真があり、
なんとなくその1枚は私も公開したい気持ちになってきたのだ。
バックのライティング(照明)の具合が非常に良かった。
ストロボを使わなかったのも良かった。
シャラポアが、まるで後光がさした仏像のように見えてしまったのだ。

仏像としては(さすがに恐れ多い表現であるが…)
その左手のマイクは己の声が十方世界に届きますようにという
願いが込められており、右手のマイクは
その声を聞きしもの絶妙なタイミングでの呼応をせよ、
という意図というかメッセージがこめられている。
いわゆるひとつのコール&レスポンスを表現している像(図)である。

その写真のシャラポアの目線にペイントソフトでボカシを入れたり、
モザイクを入れることを試みたが、何だかそれをやっていると
せっかくのありがたい姿が一転して犯罪者に見えてきちゃった。

というわけで、バットマン風というか、怪しげな舞踏会風というか、
そんな仮面をペイントで書きこんで、
「これ、ブログに載せてもいいかなぁ?」
と尋ねると、案外とあっさりOKが出ちゃった。
しかも、

「わはははは、おもしろく撮れているねぇ、仏像みたいだなぁ…
 あっ、でも白毫(びゃくごう)がないよ、ねぇ、白毫がないと仏像じゃないよ!」

という、予想もつかなかったことを言い出した。
「聞いてないなぁ」と言いつつノリノリで準備するダチョウ倶楽部みたいだ。

さらに、

 「ダメダメ、肌色はもちろん白毫だからって白でペイントしても
  全然わからないよ、黒とか赤じゃないと!」

などということまで言い出した。
さあ、長くひっぱってしまって大変お待たせをいたしました。
ついに草仏教ブログのボスキャラであるシャラポアの登場です。
ボスキャラが出るとブログの最終回では?
と、ご心配をしてくださる方が一人ぐらいいらっしゃるかもしれませんね。
ご心配なく。
この人が私の妻である限り、書くことのネタが枯渇することは
なさそうです。

マーヒー加藤

ついにボスキャラ写真、登場
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-16 03:19 | 雑草
2012年 02月 14日

プジョーだじょー!

b0061413_1172350.jpg うちではハンティングワールドのことを「象印」と呼ぶ。子どもにも「俺の象印の財布をとって来てよ」と言えばすぐ通じるからだ。間違えて財布ではなくポットや炊飯器を持ってくる危険はほとんどない。スノーピークの製品は「雪印」だ。しかし、スノーピークの製品には調理器具や食器類も多いので間違えてシャラポア(妻・日本人)や子どもが「雪印を持ってきてよ」という私の命令で牛乳を持ってくるというあやまちは近いうちにやっちゃいそうだな。 プジョーの製品というものはうちにはまだひとつもないのだが、もしもあれば「ライオン印」「ライオン堂」「LION」のうちのどれかで呼ばれることだろう。プジョーの自転車を衝動買いしそうになったことがある。色白で魅惑的な造形をしていた。衝動買いしてそのまま乗って帰りたくなったことがある。独身時代なら買っちゃっていただろう。自動車メーカーのプジョーが自転車も作ってるの?という人は認識不足だじょー。量産自動車メーカーとしてのプジョーは確かにそれだけでも世界最古クラスであるが、それ以前から自転車メーカーとして老舗なんだじょー。そして、たとえば写真のコーヒーミルや胡椒挽きなどを造る調理器具メーカーとしてもかなりの伝統をもっているのだじょー。写真は東京の合羽橋商店街の店先にあったものだ。手にとってまわしてみる。当然コーヒー豆が入っていなかったので「素振り」のようなものだったが、それでも感触はよかった。うちのコーヒーミル(カリタ製)にはもう33年も働いてもらっているので、そのパートに初めてライオンマークにご登場いただいてもいいのではないかとも思う。私とシャラポアが共通で好きな銘柄は「ケニア」である。そういえば、スターバックスの豆売りの「ケニア」は象のイラストの象印だ。象印のコーヒー豆をLIONが食むというのもなかなか整合性があるとかないとか。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-14 12:14 | 草評
2012年 02月 12日

ブログで、これを見て来場される方がいるかどうか?

b0061413_153267.jpg


というわけで、このようなチラシといいますか広報が出ておりますので
2月19日、東京・東上野の西光寺様にて法話をさせていただきます。
参加費1000円をいただく公開された講座であるということで
ここにも貼付けをさせていただきます。

加藤真人 (マーヒー加藤)
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-12 00:06 | 雑草