草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 20日

2年前に欲しかったギターと実際に手に入れたギター

2年前の私は手元に置いておいていつでも弾けることと
野外にも持ち出すことを考えていて
ヤイリのトラベルギターを欲しがっていたようだ。
2年前の今頃、真剣に買おうと思っていたが
当時名称募集中だったそのギターに 
TEKTEK(テクテク)
という何だか可もなく不可もない名前を与えられたことと
5万円という衝動買いには向かない価格があって二の足を踏んでいた。




b0061413_22392586.jpg 昨年の今頃に実際に手に入れたのはこのギターであった。ディズニー公認のキャタクターグッズでミッキーマウスのイラストが入っている。1万5千円という値段も微妙な線であるが、玩具として見れば充分楽器として使えるなぁという感じであるが楽器として見ればちょっと玩具っぽいぞという感じ。そういう境界線上にあるココロのスキマ商品。購入先は玩具店ではなく楽器屋さんである。ガットギターのナイロン弦を使用している。この写真は昨年の5月、仏教会花まつりにおいて子どもたちの前で「となりのトトロ」の主題歌の「さんぽ」を弾き語りしているシーン。この場面ではふさわしいギターであるといえた。その他、「星に願いを」などのディズニー由来のナンバーを弾くにもふさわしいギターである。そして、ナイロン弦を無理矢理チョーキングなんかしたりしてワルっぽい曲を弾いたりすると、幼児がわるふざけをしているような味があるといえばある。ただ、何曲か弾くとチューニングがずれているので直すのがめんどうくさい。ここら辺は楽器であるけれども玩具寄りの部分である。 さて、今の時点で私が欲しがっているギターはタカミネの12弦ギターである。ウィリー・マクテルやバーベキュー・ボブなど12弦ギター1本でブルーズを演っていた昔のアメリカ南部のミュージシャンを好んで聞いているのが理由だ。しかし、これもまたヤイリのテクテク同様に実際に実際に手に入れるかどうか?今の日本製のアコーステックギターなら滅多なことではネックが反ったりはしないけれども、12弦ギターは張力も2倍なので弾き終わったら弦を12弦全部を緩めておかなくてはならない。そして普通の6弦ギターでもチューニングをめんどくさがっているような私が倍の弦のチューニングをするのだろうか?弦を取り替える時などは値段も手間も倍である。1年後か2年後、本当に私は手に入れているのだろうか?未来のブログにどう記されるか、私がいちばん興味をもっているのかもしれない。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-01-20 00:01 | 草音


<< 草仏教掲示板(38) 大丈夫 ...      コッヘル163番 リンゴ・スタ... >>