草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 29日

阿佐ヶ谷JAZZストリート

色々あって、今年も行くタイミングを逃してしまったが、
昨日と今日、東京の阿佐ヶ谷では JAZZストリート が開催されている。

夏に、となりの街の高円寺では大々的に阿波踊りが開催されていて有名だが、
プロ野球の日本シリーズやMLBのワールドシリーズが開催される頃になると、
阿佐ヶ谷の街は2日間ほどではあるが、JAZZ色に染まる。

元々、阿佐ヶ谷は小さいながらJAZZのライブハウスやJAZZが流れるバーが
とても多く、私が東京にいた頃、阿佐ヶ谷の行きつけの焼き鳥屋(何と、今は銀座に
移転してしまったが)も、JAZZにちなんだ名前のお店で、焼き鳥屋でありながら、
店内には常にJAZZが流れていた。

なぜ、元々、阿佐ヶ谷の街がJAZZに縁が深かったというと、色々な話を
聞いたが、私が納得できるのは、昔、阿佐ヶ谷周辺が、非常に家賃が安かった
頃に、早稲田大学のJAZZ研究会のメンバーたちが下宿して卒業後も居着いて、
仲間が仲間を呼んだ、という説明であった。

しかし、地下鉄サリン事件の後、阿佐ヶ谷の街にはオウム真理教の拠点の一つだった
阿佐ヶ谷道場というものがかつて存在し、JAZZストリートの最初のきっかけは、
そんな阿佐ヶ谷の負のイメージをJAZZで払拭(ふっしょく)しようという意図が
あったと思われる。いわば、好きな言葉ではないが、いちばん最初のきっかけは
「町おこし」だったというわけである。

阿佐ヶ谷のけやき並木は東京23区の中で、私が最も好きな風景だ。
ともすれば季節感なんか、競馬のレースの名前でしか認識しなかった
東京のなかで、阿佐ヶ谷に寄った時だけ、このけやきの大木群を見上げて
季節を感じていた。

JAZZストリートの公式ホームページを見ると、今年、山下洋輔さんが登場する。
行きたかったなぁ。

1997年の阿佐ヶ谷JAZZストリートで、まだ婚約中というか、婚約直後ぐらい
の頃だった(そんな頃があったんだねぇ)マーヒーと妻にゃおは、阿佐ヶ谷の
神明神社(今年は聖ペテロ教会や看護専門学校や工務店内など、おもしろい
場所でやるでしょ、うちの寺も阿佐ヶ谷にあれば会場になっているでしょうね)
の境内での山下洋輔コンサートに行き、圧倒的かつ素晴らしい演奏に加えて、
私たちはスゴイおばあちゃんに出会うこととなったのですが、そのおばあちゃん
のお話は次回の記事で!

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-10-29 05:55 | 草音


<< 阿佐ヶ谷JAZZストリート(2)      阪神タイガースよありがとう >>